あなたに合うテレビスタイルが見つかる金具の選び方ガイド

金具のデザインで決める

あまりデザインは気にせず、
テレビを壁に掛けられればOK!の人

壁掛けを行う場所や、金具の種類によっては横から金具が見えてしまう場合があります。特にデザイン性をあまり気にしない場合はBasicSeriesの金具がオススメです。
また、配線端子の場所がテレビの横側や真下にある場合で、なるべく薄く取付けを行いたい場合でもこのタイプがオススメとなります。

BasicSeries金具を見る

スタイリッシュを取り込んだ金具で
機能性も重視したい人

お部屋の色々な位置からテレビを見たい場合や金具のデザインも多少気にするタイプの方は、PremiumSeriesの金具がオススメです。アームタイプの金具がメインで、上下の角度調節に加え左右への首振りも出来る為色々な位置にテレビを向ける事が可能です。
また、他では中々取扱いの無いホワイトタイプの金具も揃えており、白めの壁に最適。テレビが宙に浮いているような気分になります。

PremiumSeries金具を見る

テレビをオシャレなインテリアにしたい人

お部屋の雰囲気に合わせ、テレビ自体をインテリアの一部にしたい方は、SuperiorSeriesの金具がオススメです。
最高品質のデザインと機能性を持った金具は、材質もアルミ合金を使用しており、質感も滑らか。アームタイプの動作も他のシリーズに比べとてもスムーズです。
リビング等人の目の留まる場所への設置は、壁掛け金具だけでお部屋を高級に見せる存在感のある高品質金具がオススメです。

SuperiorSeries金具を見る

壁に穴を開けられないor開けたくない人

賃貸などで壁に穴を開ける事が難しいお客様や、なるべくなら壁に穴を開けずに壁掛けを行いたい方には、エアーポールがオススメです。他とは違い少し細めのつっぱり棒と、弊社独自の金具アタッチメントによって取り付けられるテレビや場所の制限をかなり減らしました。また、弊社特許技術を用いた横揺れ防止技術『エアースペーサー』で横揺れや耐震性の問題もクリア。
レイアウトが自由自在なので、あなただけの素敵なお部屋が作れます。

エアーポールを見る

テレビを見る位置で決める

定位置があり、テレビを
正面からしか見ない人

ソファや椅子などで見る際に、正面からテレビを見る事がほとんどという人は、固定型の壁掛け金具がオススメです。
上下などの調節機能が無い分、薄型のタイプが多く、値段も安価な金具が多いです。
取付けを行う際は光の反射位置等に気を付けて位置を調節して下さい。

角度固定器具を見る

ローソファやチェアーなど、
テレビを見る高さが変わる人

テレビを見る高さによってテレビの角度を調節できます。また、薄型の金具に比べ少し厚みが増しますが、配線の処理がしやすいなどのメリットもあります。テレビを見る位置は正面だけど、タイミングによってローソファに座って見たり、寝転がって見たりすることがある人は上下の角度調節型の壁掛け金具がオススメです。
光の反射も角度調節によって軽減できる場合があります。

上下角度調整金具を見る

キッチンからも見たい、お部屋の色々な位置からテレビを見る人

ダイニングキッチンや、ソファとイスが逆の位置にあったり色々な位置からテレビを見る機会が多い方は、上下の角度調節に加え左右への首振りも出来るアーム型の壁掛け金具がオススメです。 アームタイプなので左右への振りが可能で、日の光に合わせて反射のしない方向にテレビを向けて見る事も可能です。
アームタイプはアームを使用しない場合は折りたたんで上下角度調節型と同じような使用もできます。お部屋の角に取付けたい人は、さらに角度が自由に調節できるアームが1本タイプの壁掛け金具がオススメです。

アーム金具を見る

仕事でディスプレイの高さの
調節がしたい人

仕事でPCを使う人や、用途によってディスプレイの高さを調節したい人は上下の高さ調節型の壁掛け金具がオススメです。卓上アームは色々なショップで見つけますが、壁に取り付けるタイプで上下の高さ調節、左右への首振り角度調節ができる金具は数が少ないでしょう。広がったデスクでさらに仕事効率があがります。

上下高さ調整金具を見る

取り付け位置に関して

壁裏の柱の位置を確認

木造の建物の場合、ほとんどの家の壁が石膏ボードと呼ばれる壁になります。この石膏ボードは単体では弱く、このボードに取り付けを行うと壁ごと一緒に落下・破損してしまう恐れがあります。

壁の裏には等間隔で柱が入っています。柱の位置をセンサーや探知針などで探し、その部分に取り付けを行います。

設置する高さの確認

テレビとの距離ですが、“テレビ画面の縦幅cm×3倍”の距離が一番ストレスなく視聴できる最適な距離と言われています。
また、一般的な理想の高さは、テレビとの距離が最適距離の場合”テレビの中心が目線から数10cm程度下になっている”高さが最適と言われています。
しかし、必ずしも上記に当てはまるわけではありませんので、ご自身の見やすい位置、見慣れている位置に合わせて取付ける高さを決定して下さい。

日光・逆光の確認

せっかく壁掛けを行ったにもかかわらず、日光などの反射によりうまく視聴できない場合があります。
また、時間帯によっても日光の入射角度が異なりますので時間帯を決めて何度か確認を行った方がいいでしょう。
窓にレースカーテン等を取り付けて日光を防ぐ方法もあります。

テレビとの適合性

テレビから金具を選ぶ

適合確認ページや各ページの左側にある、適合プルダウンシステムを使用して、取り付け予定のテレビのメーカー・インチ数・型番と、取り付け方法を選択する事でそのテレビに合った金具が表示されます。
壁掛けを行うテレビは決まっているけれど、取付けの可能な金具が分からない場合はこちらのシステムが便利です。

金具から適合するテレビを調べる

各商品ページ内にも適合を確認するシステムがあります。見ている金具に対して、取り付け予定のテレビのメーカー・インチ数・型番を選択する事で取り付けが可能かどうかを○×で表示します。
金具は決まっているけれどテレビはこれから購入する予定の場合などはこちらのシステムの方が使いやすいかもしれません。

また、各商品ページには取り付け可能テレビの一覧を記載しています。そちらもご参考ください。
※一部商品は除く

一覧表で確認する

テレビが複数台あり、それぞれが取り付け可能な金具を探したい場合、各テレビメーカーごとの取り付け可否一覧表をご用意しています。

適合確認ページで確認する