熊野筆の北斗園は、広島県安芸郡熊野町にある会社です。
伝統工芸士のつくる熊野筆を筆の町・広島県安芸郡熊野町からお届けいたします。
北斗園オリジナルの商品はもちろん、同じく町内の熊野筆有名メーカーの商品も取り扱っております。
熊野化粧筆について

熊野化粧筆(メイクブラシ)について

熊野化粧筆とは 化粧筆の主な毛の種類と特徴 化粧筆のお手入れ方法 ブラシテクニック
       >> 化粧筆商品一覧
熊野化粧筆とは
【筆の里・熊野町】で作られる化粧筆は1本1本手づくりで制作されています。
毛の選別・毛束づくり・穂先づくりなど、この道一筋のブラシの匠が手づくりしており、 少量限定の生産です。
化粧筆の材料となるのは動物の自然の毛なので、その時々の温度や湿度などで状態が微妙に変化します。
縮れ具合や油分、太さやコシなどを的確に判断して加工するためには、長年の経験と高い技術、そして熊野の化粧筆職人の勘が必要となります。
ここで、書筆で培われた匠の技が生かされております!
マニュアル通りには行かないため、コンスタントに同じ品質で仕上げる事は大変難しく、またやりがいのあるところでもあります。
化粧筆職人は皆、お肌へあたりは柔らかく、しかもコシのある化粧筆に仕上げる事をいつも心がけています。
当社製品は自然のままの毛先を生かして穂先を揃えるため、機械でカットして揃えた場合のチクチク感がなく、他では味わえない肌触りと使い心地を楽しんでいただけると、自信を持ってお届けしています。
ページトップへ
化粧筆の主な毛の種類と特徴
化粧筆(メイクブラシ)の穂首に使われております、主な毛の種類です。
灰リス
リス毛の中でも最高級品とされ、毛丈は長く、毛先は最も細く繊細で、パウダーの含みがよく適度なコシもあり、毛のまとまりが良い。 軽妙な復元性があり、毛の消費度が低い。 肌への感触も最高に優しく、繊細なグラデーションが生まれ、自然な艶が出せて肌が明るく見えます。
松リス
毛先が細くて、柔らかいがコシの強さは灰リスより強い。 お顔の柔らかい部分のメイクに適しており、アイシャドウのボカシやチーク仕上げに最適。
山羊/粗光峰
山羊毛の中では最高級品で、羊のあごの下の一番柔らかい毛を使用しています。
粉の含みやまとまりが良く毛の消耗品も低く毛の消耗度も低く長命です。
復元性も特徴があり、他の毛に無い特色がある。
山羊/黄尖峰
山羊毛の中でも背中の柔らかい毛だけを使用しています。
毛丈が短いが毛筋が細く毛先が良いのでチークパウダーなどに使用されています。
ソフトで肌触りがよく滑らかな仕上がりになります。
コリンスキー
軟毛の代表的なもので、毛筋が細くか先も細く長いため非常に扱いにくく、筆職人泣かせの毛です。
非常に高価。弾力性に富んだ毛の質で、特に穂先のまとまりと粉の含みが良いのが特徴です。
筆のタッチを残さない塗りや細かい書き込みに最適です。
いたち
毛先が繊細でしっとり感とコシをしっかり持ち、弾力と穂先のまとまり、粉の含みのよさ、と筆毛材として良い要素を兼ね備えています。 さらに、消耗度が極めて低い。
ウォーターバジャー
毛自体は太いが、毛先は細い。
毛自体がしっかりしているので、細い線を描いたり、ぼかしたりアイブロウブラシには最適です。
ドウジャコウ
ウオーターバジャーと比べ、さらに毛先が細い。
細い線を描くことが出来るので、眉だけでなく、アイラインを書くことも出来ます。
ナイロン
合成繊維を加工したもので、弾力性、耐久性のある丈夫な毛です。
品質改良を重ね、現在は毛の滑らかさにも富んだ高品質なものになってきています。
ページトップへ
化粧筆のお手入れ方法
化粧筆お手入れ方法ブラシは天然の毛を使用しておりますので、
やさしく丁寧にお手入れして下さい。
穂先が広がって肌触りが悪くなってきたら洗い時です。
 
●洗面器の水に、石鹸又はシャンプーを溶かし、
穂先をつけて振り洗いしてください。
 
●大きなブラシは、最後にトリートメント剤などを使用すると
肌触りとまとまりがよくなります。
 
●しっかりとすすいでタオルで水気をとった後、
ブラシ立てなどに立てて、自然乾燥させて下さい。
 
※ご注意
ハンドル部分を長時間水に浸すと、ハンドルと穂首の部分が外れやすくなります。
ページトップへ
ブラシテクニック
メイクアップってどういう事かご存知ですか?顔はなんとなく・・・では変わりません!
なぜ、なぜそう見られるのか?が重要なポイントだと思います。
こう見られたいと意識上で造っていく外観がメイクアップだと思います。
そんな想いを皆様に伝えるメイクブラシテクニックを教えたいと思います。

お化粧をもっときれいに…ブラシテクニック♪
ファンデーションブラシ フェイスブラシ
チークブラシ ハイライトブラシ
コンシーラブラシ アイシャドウブラシ
アイラインブラシ アイブロウブラシ
リップブラシ  
ファンデーションブラシ
肌に薄い膜を作る事により、顔の色や皮膚感をより美しく見せ、赤外線や感想などからお肌を守ってくれます。
【パウダーファンでージョン】
ファンデーションの色みは、首の色とあまり変化がないように顎のラインに置いて選びます。
パウダーファンデーションをブラシに適当にとり、顔の広い部分からブラシで顔の中心から外側に向かって伸ばします。
生え際、目や口のまわり、小鼻まで丁寧にムラのないようにのせていきます。
その時に注意して下さい!
Tゾーンは皮脂分泌が激しく崩れやすいので、薄めにのせて下さい。
目の周り、口の回りも動きが多いので薄めにします。
毛穴の目立つ部分や赤みのある所は重ねづけして下さい。
最後にフェイスラインをしっかりとぼかせば出来上がり!

【リキットファンデーション】
リキッドファンデーションをお肌より少し暗めを意識して色をミックスします。
首の近くにまず少量つけてみて、色が合っていたら、額・頬・鼻・あごにのせファンデーションの塗り方にしたがってブラシをのばします。
次に、手やスポンジで軽くたたきながらお肌になじませていきます。
あとは、パウダーファンデーションと同じで、Tゾーンは皮脂分泌が激しく崩れやすいので、薄めにのせて下さい。
目の周り、口の回りも動きが多いので薄めにします。
毛穴の目立つ部分や赤みのある所は重ねづけして下さい。
最後にフェイスラインをしっかりとぼかせば出来上がり!
ファンデーションの
塗り方

ファンデーションの塗り方

【クリックで拡大】
ページトップへ
フェイスブラシ
ファンデーションを塗った後、フェイスパウダーをのせる事により、皮膚や汗を吸収し、油分を抑えファンデーションのもちが良くなります。
フェイスパウダーをフェイスブラシで余分な粉を落とすと、より一層美しい素肌感に仕上がります!
パフにパウダーを取り、パフによく含ませます。
顔の広い部分の頬、額、顎からゆっくりと優しく押さえながらのせていき、目の周りや小鼻の回りはパフを折り曲げ、その先で丁寧にのせます。
崩れやすいTゾーンなどは念入りにおさえましょう!
のせる時に、横に伸ばしたりするとせっかくキレイに塗ったファンデーションが伸びたりするので、しっかりと優しく押さえて下さい。
最後に、フェイスブラシでパウダーを弧を描くようにキレイに払えばとてもサラサラで触り心地の良いベースの完成です!
フェイスパウダーの
塗り方


【クリックで拡大】


ページトップへ
チークブラシ
チークをする事により、(頬に赤みをのせる事)明るく健康に見え、顔の輪郭を整え顔がとても引き締まります。
チークカラーがブラシで全体につく様に万遍なく取り、
手の甲で色みや分量を調整します。
頬骨の一番高い所にのせ、ブラシを寝かせる用にして、
頬骨の際に治って左右対称になるようにぼかしていきます。
その時に顔色やイメージに合わせて調整して下さい。
基本形


【クリックで拡大】
ラウンド(曲線的)


【クリックで拡大】
シャープ(直線的)


【クリックで拡大】
ページトップへ
ハイライトブラシ
ハイライトのパール感のあるものをTゾーンや、目の周り、顎のせる事により、顔にとても立体感がでて、引き締まり小顔に見せてくれます。
肌色より白めのパウダーを効果的に使いましょう。
明るめのハイライトカラーをブラシに含ませ、
高く見せたい部分に、線を描くようにのせます。

【平均顔をより美しく見せるには】
頬の高い位置と額から眉間にかけて入れるだけです。

【ふっくら顔さんをより好感度NO1にするには】
頬には縦長に、額から眉間にかけて入れます。

【立体的なほっそり顔をふんわり見せたい時は】
こめかみから頬にかけてと、額から眉間にかけて入れます。



【クリックで拡大】
ページトップへ
コンシーラーブラシ
シミ、そばかす、ニキビ、目の下のクマなどを目立たなく隠してくれます。
基本的にクマやくすみは肌の色より明るめの色にします。
ニキビやニキビ跡、広範囲のシミやそばかすは、肌の色と同系色か一段暗い色が良いでしょう!
コンシーラーをブラシに適当に取り、 手の甲でコンシーラーをブラシになじませます。
カバーしたい部分に、コンシーラーブラシで丁寧にのせ、最後に中指か薬指を使ってファンデーションになじむ様に軽くたたきこむようにのでます。

★クマを隠すには、ややオレンジ系を使いましょう!
クマに白っぽい物を使う人がいるようですが、クマは青っぽい物が 多いので、よけい青白く見えてしまいます。
白では隠れないので、 反対色の物を使います。

★シミ、そばかすを隠すには、明るめのオレンジ系を使いましょう!
しみなどは茶色っぽくくすんでいる色なので、黄色めのオレンジで明るい色だと綺麗に消えやすいです。
あまり周りへぼかさず、ポイント的に使ってみてください。
 
★ニキビを隠すには、グリーン系を使いましょう!
赤いニキビが多いので、グリーンめの色を。ポイント的なものには、 コンシーラで!ほっぺたやあご全体が赤くなっている場合は、最初 にコントロールカラーで皮膚全体をカバーして、それでも隠れない ニキビがあるところだけ、コンシーラを使ってください。
ちなみに黒くなってしまったニキビには、シミと同じ方法です。

★赤ら顔にはグリーンを使いましょう!
そのまま使うと青白く見え過ぎてしまうので、ファンデーション等と交ぜて使ってください。
顔全体ではなく赤い所だけに使います。

★顔が暗く、くすみがちな方はイエロー系を使いましょう!
そのままで使うよりファンデーションと交ぜて使うとなじみやすいです。
明るくしすぎると、顔だけ飛び出して見えるので、気をつけ て調節してください。

★顔が黄色っぽく、くすみがちな方はラベンダーを使いましょう!
これもファンデーションに交ぜて使うと自然になじみます。
顔色が明るくキレイに見える様になります。



【クリックで拡大】
ページトップへ
アイシャドウブラシ
 アイシャドウを塗る事で目の形を整え、目元に立体感が出て色々な印象を出す事ができます。
リップやチークとのバランス、洋服やアクセサリー等との調和も考えながら、アイシャドウの色味を選んで、あなたご自身が素敵に見えるメイクアップに仕上げましょう!
アイシャドウをブラシに適当に取り、手の甲で色味と分量を調整します。
一番濃くしたい所に最初にブラシをおきましょう!
広い所には太いブラシ、狭い所には細いブラシと使い分けて下さい。
違う色のアイシャドウを使う時には混ざらないように、
色によってブラシを使い分けて下さい。
 
ブラシを寝かせて、一度に多くつけず少量ずつ重ねていき、
ムラにならないように塗って下さい。
フレームラインに色を入れたい時は、手で軽く上瞼を持ち上げて下さい。
フレームラインからのグラデーション【ラウンド】l フレームラインからのグラでージョン【シャープ】
目を大きくソフトに見えるフレームラインからアイホールの丸みに合わせて曲線に入れます。 目を切れ長に見せる! 下フレームラインの延長線上までの範囲を目尻のポイントに直線的に入れます。
アイホールからのグラデーション【ラウンド】 アイホールからのグラデーション【シャープ】
目を立体感に見せる!
アイホールからフレームラインに向かって曲線に入れます。
キリっと上がり目に見せる!下フレームラインの延長戦とアイホールの交わるポイントから目頭に向かって直線的に入れます。
ページトップへ
アイラインブラシ
アイラインの入れ方ひとつで印象がガラッとかわります。
ちょっとしたコツを覚えると、とても魅力的な目元になり目を引きしめより大きくはっきりとした目に!
目元の形も整えます。
ケークタイプを使用して下さい。
ブラシに取り手の甲で色みを調整して下さい。
軽く斜め上に瞼を持ち上げ、まつ毛とまつ毛の間を埋め込むように、
フレームラインに沿ってのせていきます。
下ラインは目尻から三分の一の所まで細く入れます。
最後にブラシでぼかしながら馴染ませて下さい。
【縦に大きく】

目を丸く見せ、顔をやわらかく
【横に大きく】

クールシャープな顔に
ページトップへ
アイブロウブラシ
 眉の形やラインを美しく仕上げ、眉のデザインにより顔のイメージを変える事ができます。
ファンデーションは塗らなくても、口紅はすっ飛ばしても、何はなくても眉だけは描く!
眉の基本の形は、目頭の垂直線上と目頭から5mm内側までの範囲内で、眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長線上です。
眉山は眉全体の長さの眉頭より三分の二の位置、黒目の外側と目尻の間。
最後に眉頭と眉尻が一直線上になれば出来上がりです。
眉頭、眉山、眉尻の位置を確認し、どこを描き足すか確認します。
ブラシにパウダーをつけ手の甲で色を調整し、毛の流れに合わせ軽いタッチでのせて下さい。
最後にアイブロウブラシで軽くぼかして整えて下さい。

※必要な毛があれば、アイブロウシザースで眉尻から眉頭の方向に向かってカットして下さい。

下から生えている毛は下からコームを入れ、上から生えている毛は上からコームを入れてカットします。
余分な毛は根元からカットするか、毛抜きで抜いてください。

【クリックで拡大】
ページトップへ
リップブラシ
メークのなかで、いちばん身近なアイテム、口紅。
あなたは口紅をそのまま塗っていませんか?
リップラインとはっきりと描けば落ちたりせず、いつまでも美しい状態に保てます。
そのためのは必ずリップブラシを使って下さい。
リップブラシを使って口紅を塗ることで、より幅広い表情の演出ができるだけでなく、くちびるの乾燥を防ぎ、保護する効果も!
メークの必須アイテムだから、上手な塗り方を覚えておきましょう。
まず、唇の輪郭をファンデーションでカバーします。
リップブラシにリップカラーを適量取って、手の甲で毛先を整えながらブラシに十分馴染ませます。
口角にブラシを合わせ、ブラシの側面を使い、十分寝かせながら、左、右、右、左と一気に左右対称の動きでつけて下さい。
リップラインの中をムラのない様に塗ります。
リップブラシを使う時は毛先だけを使わず、側面全体を使ってつけて下さい。
最後により定着させ、にじみ防止の為に、軽くティッシュで押さえ、オフして下さい。

★リップの色の選び方
オレンジ→活発   ピンク→かわいらしさ  ローズ→女らしさ
レッド→あでやかさ  ブラウン→知的     ヌード→自分らしさ


【クリックで拡大】
ページトップへ