ホテルベッドを販売しています
ホテル業界ニュース
ホテル業界ニュース

個人のお客様方にも業界のニュースをお届け !!
こちらは、普段は、ホテルの支配人様・従業員様向けに配信しているニュースではありますが、一般の個人のお客様にも何らかのお役に立てれば幸いでございます。

(2016年 8月27日号) (敬称略) ( 画像クリックで関連ページへ)

■ディズニーアンバサダーホテル(千葉県浦安市)のロビーラウンジ「ハイピリオン・ラウンジ」では8月22日から、ディズニー映画最新作「ジャングル・ブック」の公開を記念したスペシャルデザートを販売する。
デザートは、「マンゴープリンとココナッツシャーベットのパパイヤボート」(2,000円)で、大胆にカッティングされた氷とパパイヤボートを、映画の世界観をイメージした皿に盛り付けた一品。主人公の少年"モーグリ"とクマの"バルー"が、川で水遊びを楽しむシーンを彷彿とさせるビジュアル。
南国の雰囲気が漂うマンゴープリンとココナッツシャーベットには、パッションフルーツのソースと、ハチミツがアクセントを加えるミルクフォームが添えられている。このミルクフォームは、映画の中で"モーグリ"と"バルー"が、ハチミツをとるシーンからインスピレーションを得て考案されたものだという。さらに、スペシャルデザートを注文すると、オリジナルのポストカードとうちわも貰える。9月30日まで。


■ホテル予約サイトの「Hotels.com」が、「ポケモンGO」と旅行先に関するアンケートを実施した。
対象は、「ポケモンGO」をダウンロード、もしくはダウンロードを検討していると回答した500人。
それによると、回答者の内、86%が「次の旅行先でも「ポケモンGO」を楽しみたい」と答えた。また、41%は「より多くのポケモンを捕まえるために、これまで行った旅行先とは違う新しいまたは別の旅行先を選ぶだろう」、38%が「「ポケモンGO」を進めるうえで最も重要なアイテムを入手できるポケストップがたくさん設置されている場所を考慮して旅行先を選ぶ」と回答したという。
休暇中に挑戦したいことをたずねると、1位は37%の「ポケモン探し」、5位には「ポケモンを探しながらバーをはしご」(22%)と、上位5位のうち2つが「ポケモンGO」関連という結果。ポケモンを探すためにどの都市に行ってみたいかという質問では、国内の上位は東京(52%)、大阪(43%)、京都(43%)と続き、海外はハワイ(12%)、オーストラリアのシドニー(11%)、アデレード(10%)という順になった。次の休暇中に泊まりたいホテルに求めるものについて聞いたところ、37%が「ポケモンGO」用に無料のWi-Fiスポット、19%はポケモン同士をバトルさせる「ジム」があることを希望しているという。


■「ポケモンGO」を集客に活用する宿泊施設が増えているという。
「ホテルノイシュロス小樽」(小樽市)は、施設内外に複数のポケストップがある「おたる水族館」の入館券付きプランをつくった。ホテルのスタッフが周辺で「ピカチュウ」など人気モンスターを獲得したこともアピールする。
「ホテルリソルトリニティ札幌」(札幌市)では、どの客室もアイテムが取り放題という利点をPR。ゆっくりゲームを楽しんでもらうため、チェックアウトが無料で1時間延びるサービスも行っている。
また、「ホテル美雪」(稚内市)では、半径300m以内にポケストップが14カ所も密集することから、ゲームのレベルに応じて5〜20%宿泊料金を割り引くサービスを企画。9月以降の閑散期対策として集客に期待しているという。


熱海後楽園ホテル(静岡県熱海市)では、タワー館20周年を機に「エクセレンシィフロア」を9月にオープンする。
タワー館上階3階層(15〜17階)で、和室から落ち着いたデザインの和洋室へ、21室のリニューアル。広さは2タイプ(60平方m・120平方m)で、新設の窓側カウンターからは相模灘の大海原と熱海市街の絶景が楽しめる。


■大阪府の咲洲庁舎として現在使われている、旧大阪ワールドトレードセンタービル(WTC)を、ホテルとして活用する案が浮上している。
同ピルは、空室が目立ち民間テナントの誘致が課題となっているが、立地や交通の便が悪いことに加え巨大地震での長周期地震動にも不安があるとされることから民間テナントの入居が進まずビル全体の約4割が空室となっている。今月から本社の改修により1年限定で日立造船が入居したが維持管理のために年間約4億円を府が負担している状況。
そのような中、最近になって咲洲庁舎でのホテル営業が検討され始めた。去年、東京都豊島区が新庁舎を建設する際に分譲マンションを併設した例はあるが、庁舎内にホテルが入るのは全国でも珍しいという。
ホテルは7階から17階で想定されており、実現すれば咲洲庁舎の稼働率は8割を超えるということで、大阪府は今後、具体的な検討を重ねる。


■ラグーナベイコート倶楽部ホテル&スパリゾート(愛知県蒲郡市)が2019年の開業を予定している。
会員制ホテルを展開するリゾートトラストの最高級ブランド「ベイコート倶楽部」で、総事業費は310億円。同ブランドとしては、2008年開業の東京都、2015年着工の兵庫県のホテルに次ぎ3か所目。地上7階、地下1階で193室を備え、会員権価格は年間12泊できるタイプが800万〜1,800万円、24泊は1.500万〜3,400万円。
同社は、愛知県やトヨタ自動車などが設立した第3セクター、旧蒲郡海洋開発から2008年に土地を買収。普及タイプのホテル「エクシブ」を建設する予定だったが、リーマン・ショックや東日本大震災の影響で見合わせていた。最近は、富裕層の間で、より豪華なベイコートブランドの人気が高いのに加え、2014年に旅行大手「エイチ・アイ・エス」傘下の「ラグーナテンボス」が経営を引き継いだ隣接するテーマパークが好調で、一定の需要が見込めると判断したという。


■大江戸温泉ホテルが九州に初進出する。
「長崎ホテル清風(長崎県長崎市)」と「別府ホテル清風(大分県別府市)」が8月16日より大江戸温泉物語グループのホテルになったもので、これにより、北海道を除く地域で33の施設を運営することになる。
「長崎ホテル清風」は営業を継続し、2017年以降リニューアルオープンを予定。「別府ホテル清風」は8月16日で休業し、2017年以降の全面リニューアルオープンに向け準備に入った。
大江戸温泉物語は、2003年に東京お台場の温泉テーマパークを開業。「いつでも、気軽に、何度でも。たくさんの笑顔が溢れる、温泉の賑わいを」をモットーに、31か所の温泉宿と温泉テーマパークを運営。今年5月末には宮城県の鳴子温泉にある2施設(「幸雲閣」と「ますや」)も取得している。


蓼科グランドホテル滝の湯(長野県茅野市)は、露天風呂棟を改装した「渓流露天風呂 棚湯」を9月16日に開業する。
建物のそばを流れる滝の湯川を間近で眺められる場所に、浴槽を棚田のように3段に並べた「棚湯」を設けた。棚湯を含む外湯の面積は2倍に広げる。ホテルの立地を生かした改装で、首都圏などからの集客を増やす狙い。
改装した露天風呂棟の床面積は約650平方m。新設した棚湯は入る湯船の高さによって景観が変わるのが特徴。浴槽はヒノキ材でできており、屋外の自然と調和している。


■マンダリンオリエンタル東京(都内中央区)では9月5日より、携帯端末やタブレットなどのデジタル機器の使用過多から生じるストレスの緩和を目的とする取り組み「デジタル・デトックス」を開始する。
世界中のマンダリンオリエンタルホテルグループ内のスパ施設で導入する取り組みで、同ホテルのスパ施設「ザ・スパ・アット・マンダリン・オリエンタル・東京」でも、80分間のトリートメント「デジタル・デトックス・リトリート」の提供を開始する。
「デジタル・デトックス」は、デジタル機器の使用過多から生じるストレス緩和のみならず、デジタル機器との上手な付き合い方を推奨するプログラム。同プランでは、お客がスパに到着時、携帯電話などのデジタル機器を預かり、スパ施設内のリラクゼーションルームでは、手書きの日記やカードの執筆、塗り絵など、デジタル機器を使わずにリラクゼーションを促す各種アクティビティを用意。80分間のトリートメントでは、ソルト入りのアロマバスの入浴後、より本格的にデジタル・デトックスを体験したいお客用に開発した、道具を使わず人の手のみによる頭、目、首、肩、手足のマッサージによりお客のコンディションを整え、デジタル社会の喧騒を忘れ心身ともにリラックスできるという。また、オイルなど、デジタル環境からの遮断を促すアイテムも販売し、同館で体験する「デジタル・デトックス」を、普段の生活に取り入れる総合的な提案もおこなう。


■オランダ・アムステルダムにある、造船所を改造したホテルが話題となっている。
アムステルダム北部の埠頭にある「ファラルダ・クレーン・ホテル」で、かつて造船所で実際に使用されていた、地上50mのクレーンをリノベーションしたもの。ホテルの窓から、目の前に広がる絶景を臨むことができ、対岸がアムステルダム市街のという立地のため、フェリーで約10分とアクセルも良好。
外見上は、ただのクレーン。だが、この上部にスイートルームが3つある。地上35階にある「Free Spirit Suite」は、中2階がゆったりくつろぐための居間で、上階がベッド・ルームになっており、窓からはアイ湾の絶景が見渡せる。そこから約10m上にある、地上40mの「The Secret Suite」は、エスニックなアラビア風のコンセプトで、インテリアもそれを彷彿とさせるエキゾチックさが魅力。そして、最高部の地上45mに位置するのが、東南アジアをイメージした雰囲気一杯の「Mystique Suite」で、窓からアムステルダム市をパノラマ式に見渡しながら、ゆったりとバスタブにつかれる。宿泊料は、日本円にして一泊約5万円から。
宿泊だけでなく、地上50mで結婚式を挙げるプランや、バンジー・ジャンプが体験出来るチャンスも提供しており、創業2年目にして「国内外・ベスト・ホスピタリティ」賞も受賞している話題のホテルで、ちょっとした観光名所にもなっている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「ホテル業界ニュース」は、普段は、ホテルの支配人様や従業員様からのご要望により、ホテル業界向けとして長年お届けしている情報です。何かのお役にお立て頂ければ幸いです。)
(プレスリリース・マスコミ発表された業界のニュースを中心にクリップ版としてお届けしております。)
(記事は約一週間程度で消去・更新されます)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ホテルのインテリアをご家庭に
「ホテルのインテリアをご家庭に」 では各種カードをお使い頂けます
お支払方法について
お支払いは「クレジットカード」及び「お振込み」のどちらでも可能でございます。
【銀行振込|クレジットカード決済|コンビニ決済】を取り扱っております。ご希望の決済方法をご指定下さいませ。

■カードご決済の場合は、実際にお客様口座から代金が引き落としになるのは商品のお届け後とさせて頂いておりますので、商品のお届けより前にご口座から引き落とされることはございません)。

■お振込みお支払いの場合は、お手数でございますがお振込みのお手続きを頂いてからの手配開始とさせて頂いております。ご注文日から7日以内までにご入金のお手続きを宜しくお願い致します。
返品について
発送には万全を期しておりますが、万が一、商品の破損などがございましたら 返品・交換をさせて頂きます。それ以外の理由による返品・交換はご容赦下さいませ。

お客様のプライバシーの保護について
当店をご利用いただきましたお客様の個人情報(住所・氏名・メールアドレス等)を第三者に譲渡または公開するようなことは決して致しません。 どうぞご安心してご利用下さいませ。

■当店ではお客様の個人情報保護と、省資源運動推進のためペーパーレス化を行っています。お届けの際に、納品書・カード控え等は同送しておりませんので何卒ご了承下さいませ。
(もし領収書がご必要なお客様は、ご注文時にその旨ご依頼を頂きましたら発行致します。)
お問い合わせ

メールはこちら
↑お気軽にお問合せ下さい!!

電話 ; 082-941-1808
ネットでのご注文お問合せメールは24時間、受け付けております。

(お客様から頂いたお問い合わせメールには必ず返信しております。弊社からの連絡が1日以上届かない場合は、何らかの理由でメールが届いていない場合がございますので、大変恐れ入りますが、迷惑メールフォルダ等の確認をして頂きまして、再度ご連絡下さいませ。)


送料無料 !!
基本的に全て送料無料とさせて頂いております。
Copyright(C)2014 ホテルのインテリアをご家庭に All rights reserved.