ブランドで選ぶ -Brand-

このトキメキは、恋に似ている。

胸が高鳴る、心がワクワクする。そんなチョコに出会った時のトキメキは、恋に似ているのかもしれない。チョコの国・ベルギーからやってきた王室御用達や、珠玉のショコラが収められた宝石箱、新進気鋭のチョコレートアーティストが創りだす美しい造形に、日本のホテルが贈る贅沢なひと時。美しい見た目に一目惚れしたり、ブランド名に惹かれたり。または、じっくりと選んでコレと決めたり。わたしにトキメキをくれるチョコレートとの出会いを求めて、いざ。

贈る相手で選ぶ -Situation-

愛のカタチは、どんなカタチ?

バレンタインは愛を告白する日、だったのも昔のはなし。今では女友達とチョコの贈り合いっこをしたり、職場へのお配りチョコやパートナーへのチョコ、そして自分が食べたいから買うご褒美チョコも。いろんなチョコを見ながら、これは誰に贈ろうか?と考える。とっておきの愛、いつもありがとうの愛、よろしくお願いしますの愛、わたしガンバレの愛。愛の告白でも、義理でも、義務でも、そこにはきっといろんな愛が詰まっています。

価格で選ぶ -Price-

買うかどうかは、値段と相談。

チョコ選びと値段は切っても切れない関係性。バレンタインの予算では、本命チョコは2,000〜3,000円、義理チョコは500円〜1,000円が相場との情報も。また、チョコレートがいっぱい入っているアソートチョコや綺麗なパッケージ、高級感のあるデザインチョコなど、内容量や見た目も選ぶポイントの一つ。値段で、内容量で、見た目で選びやすいよう、当店のチョコレートを並べてみました。

top page