2/25更新!
焼肉でギューっと飲みたいワイン!
モンテヴェトラーノ[2014]モンテヴェトラーノ(赤ワイン)
お肉大好き♪♪焼肉に合わせるなら、絶対に、これです!イタリアのカンパーニャ州で造られる、モンテヴェトラーノ!!
なぜ、オススメをするかと言いますと、先日、このモンテヴェトラーノのオーナー、シルヴィアさんと一緒に、実際に、モンテヴェトラーノ&焼肉(但馬牛)を合わせる会に参加をさせて頂きました。
ブドウ品種は、カベルネ・ソーヴィニヨン、アリアニコ、メルローが使われており、2014年は、若さ溢れる完熟果実のパワフルさを持ち、厳格なタンニンを感じた後から出てくる柔らかさは、とてもエレガント。
意外性もありましたが、しっかりと味付けのされた焼肉に、モンテヴェトラーノ以外、何が合うのだろうか。と思わせられるほど!
ロバート・パーカーさんも『南イタリアのサッシカイア』って呼んじゃったんですもの。見逃せないです。
ちょっと豪華なワインですが、贅沢な焼肉パーティーに、どうぞ!
クローズ・エルミタージュ・エキノックス[2015]ドメーヌ・デ・リゼ(赤ワイン)
40歳を越えてから、ガッツリ&モリモリより、少量でも良い肉(サシ少なめ)を、塩で食べるほうが体に合ってきた栗山です。
焼肉と言えば、ビールや酎ハイ、最近はハイボールなど、ドライでシュワッとする飲み物が定番の組み合わせで、ワインも泡かなと言いたいところですが、栗山的には、冷涼な産地で造られた《シラー》のワインを、お勧めします!
シラーと言えば、濃いイメージの方が多いでしょうが、近年はフランス・北ローヌに代表される、エレガントで黒コショウのニュアンスが出ていると言われる、『クール・クライメット・シラー』が、世界的にも注目を集めています。
今回お勧めするクローズ・エルミタージュや、サン・ジョセフのシラーは、誤解を恐れずに言えば、瑞々しいフレッシュ感があって、軽く冷やすとゴクゴク飲めちゃうんです。
オマケに黒コショウのニュアンスが、お肉と相乗効果を発揮して、ドンドン飲み食いできちゃう危険な組み合わせに…
日本では、このタイプのシラーの認知度は低いかもしれませんが、焼肉はもちろん,意外と和食に合わせ易いので、今後、ちょっとしたブームが来る予感が!
焼肉屋さんは、軽く冷やした『クール・クライメット・シラー』を、ぜひ置いてください♪(個人的願望でスミマセン)
ランブルスコ・アッソーロ・ロッソ レッジャーノ・メディチ・エルメーテ(泡・赤)
『焼肉と言えばビールでしょ!』って声が聞こえてきそうですが、確かに、焼肉×ビールの相性は最高です♪
でもでも、焼肉食べながら、ずーっとビールっていうのもさみしいでしょ?!なので、ビールの次の2杯目は、これを飲んでみてもらいたい!
スパークリングほど強くない軽快な泡立ちと、赤い果実の味わい。
濃厚で、口いっぱいに広がる赤果実ジューシーな味わいは、軽すぎず、でも重すぎない、肉の脂分をすっきりさせてくれます。
焼肉だけでなく、バーベキューなどの、モリモリガッツリ系の肉料理に合いそう♪
《焼肉×赤泡》
で、モリモリ食べて、ゴクゴク手軽に飲んで下さい!