「北海道のめぐみ」へようこそ!北海道産小麦粉・強力粉・中力粉・薄力粉・全粒粉・ライ麦粉の専門店です。

キタノカオリ販売終了に関して

top画像

この度はキタノカオリ各製品の販売終了に伴いまして、
お客様にはご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございません。

お問い合わせの多い販売終了の理由と、代替商品のご提案、
今後の生産見通しについてお知らせいたします。


2019年11月更新

「江別製粉 キタノカオリブレンド」終売のお知らせ


この度、「江別製粉 キタノカオリブレンド」は、メーカーでの原料事情により終売となる連絡がございました。あくまで目安でございますが、当店への最終入荷は2020年1月を予定しており、在庫が無くなり次第、販売終了とさせていただきます。

これまで永くご愛顧いただいておりますお客様、及び、ご購入を検討されておりますお客様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

●代替商品のご案内

代替品といたしまして下記の商品をご案内させていただきますので、ご検討いただけますと幸いです。

販売終了商品

キタノカオリロング画像

江別製粉
キタノカオリストレート(ロング)

ほのか画像

木田製粉
穂香(ほのか)

石臼画像

江別製粉 石臼全粒粉
キタノカオリ

販売終了予定

キタノカオリブレンド画像

江別製粉
キタノカオリブレンド

販売継続

ALN画像

ALNATURIA
キタノカオリストレート 900g(限定50Kg/月)

販売終了の背景

キタノカオリ小麦はこれまで北海道の岩見沢地域を中心に、全道各地、ある程度まとまった産地・生産者グループによって生産されてまいりました。各製粉メーカーは、規模の大小ありますが各産地のキタノカオリ小麦を買い付けて原料を確保してまいりました。

ところが、近年、
キタノカオリ小麦の生産から
別の農産物の生産へと切り替える
産地・生産者グループが増加してきており、
一大産地の岩見沢近郊でも

キタノカオリ作付け面積の大幅減少

作付け面積で50%減少し、
今後さらに50%減少するいいう
見通しも出てきております。
当面の増産は難しいというのが
現在の見通しです。

2018年の6月から7月の天候が
これまで経験したことない長雨や日照不足、

2018年産の天候不順による不作

収穫期の雨など悪条件により
各地域で不作となりました。

以上の2つの点を踏まえ、メーカーとして安定供給が難しいと判断した結果、江別製粉・木田製粉共にキタノカオリ100%製品の販売終了という対応を取らせていただくこととなりました。

今後の見通しについて

販売
終了

販売終了予定

メーカーでの原料事情により終売となる連絡がございました。あくまで目安でございますが、当店への最終入荷は2020年1月を予定しており、在庫が無くなり次第、販売終了とさせていただきます。

どうしてもキタノカオリを使いたいというお客様にはまずALNATURIA「キタノカオリストレート」をご提案いたしております。

販売
継続

ストレート粉(単一品種100%)の存続のために

今回の各メーカー終売の動きに伴って、今後キタノカオリ小麦100%を食べることができなくなってしまう見通しになってしまっておりますが、当社では少量でもキタノカオリの味を絶やさぬようにと、出荷量限定ではございますが一部キタノカオリ100%粉の販売を継続させていただく予定です。

ALN画像

こちらの製品は準備が出来次第発売開始させていただきます。ただ、販売できる数量が非常に少ないため、900gの送料無料パッケージのみの販売となる予定です。

長期的な見通し

長期見通しイメージ1

今回の各メーカー終売の動きは、昨年の不作よりも、作付け面積の減少傾向という要因が大きく、今後キタノカオリ小麦を100%使用した製品の生産が増えるという見通しは現在のところございません。
生産自体は継続されますが、全体としては減少傾向にあると考えていただければと存じます。

特にベーカリー様など沢山の量を使用されるお客様におかれましては、安定供給の観点からも他の品種の小麦粉への乗り換えをお勧めいたします。

長期見通しイメージ2

今後、作付けが再び増えるようなことがあれば将来的にキタノカオリ100%粉が復活してくるということはあり得ます。
ただ、ここ数年の話ではないとは思います。
※現に江別製粉では「はるゆたかブレンド」だけでなく、「はるゆたか100%」の製品も数年前に復活させました。この場合も、新たな栽培法の確立と生産農家さんを増やすという地道な取り組みを長年続けての成果です。

代替商品について

キタノカオリ小麦は独特の黄色い粉色と、独特の香り、食感と非常に個性のある小麦でした。
キタノカオリと同じような小麦というのは正直に申しまして、ございません。

ただ、系統としては秋まき小麦ですので、春系の小麦よりも「ゆめちから小麦」や「ルルロッソ小麦」から試していただくと良いかもしれません。
とはいえ「キタノカオリ小麦」とは違いますので、「キタノカオリ小麦」に近い特徴のものを探すというよりは、新しくご自身に合う小麦粉を探すような気持ちで探される方が良いのではないかと考えております。

秋まき小麦

8月〜9月に種をまき翌年の7月下旬〜8月にかけて収穫されるものを「秋蒔き小麦」といいます。4〜5月頃に蒔いて8月中旬頃に刈り取る春蒔きに比べ、生育期間が長く収穫量が多い品種で、北海道の小麦の約9割は秋まき小麦です。
秋蒔きは冬を越せる耐性があり、雪解け直後の作業に入れないような時期から生育を始めてくれること、春の繁忙期を避けて種まきをできる、収穫量が多い品種である、などの利点があります。
近年は、病害に強く製パン製の高い品種が開発されてきています。

キタノカオリ使用

キタノカオリブレンド画像

江別製粉
キタノカオリブレンド

キタノカオリのブレンド粉。ストレートタイプと同じ江別製粉ブランド。どうしてもキタノカオリを使いたいお客様におすすめです。

ブレンド

ALN画像

ALNATURIA
キタノカオリストレート

これから発売予定の当店オリジナル。数量とサイズが限定品となってしまいますが、ストレート粉をお楽しみいただけます。

ストレート

おすすめ秋まき小麦

ゆめちから画像

ゆめちから小麦シリーズ

春まきよりも秋まき小麦をおすすめします。「ゆめちから」シリーズはストレート・ブレンド、用途に合わせたラインナップです。

シリーズ

ルルロッソ画像

ルルロッソ

こちらも秋まき小麦。「ルルロッソ」はパスタ好適品種ですが、小麦の香りが豊かなパンに仕上がります。


ストレート

お問い合わせ

ベーカリー様でキタノカオリ小麦からの乗り換えをご検討されるお客様。
お困りのお客様は、メールまたはお電話にてのご相談をお受けいたします。下記よりお問い合わせください。

パン屋画像
お問い合わせはこちらまで