595EVOロゴ

最新技術のタイヤによる究極なドライビング体験。街を支配して路上制覇。
先端技術の3Dトレッドデザイン「グルーブ・イン・グルーブ」で抜群の排水性能を実現し、 最新コンパウンドはストリート性能を発揮。
絶妙なコーナリング性能とグリップ性能を備え、高速域でもコントロール性能に優れる。

DETAILディテール

  • 595EVO 1
  • 595EVO 2
  • 595EVO 3
  • 595EVO 4
  • 595EVO 1
  • 595EVO 2
  • 595EVO 3
  • 595EVO 4

New FINALIST進化した595EVO

進化を遂げ
新しくなった「595EVO」

オートウェイ独占販売ブランド「FINALIST 595EVO」の設計・製造を担うFEDERAL(フェデラル)が、
2023年より台湾大手グローバルブランドNANKANG(ナンカン)グループの一員となり、
一つ一つの製造プロセスが厳格に管理された、より良い設備を持つ工場の下で新たに生産を開始。

開発時の走行テストにおいて、グリップ性能や高速安定性が向上していることが検証されている。

スポーツタイヤとしての
主要性能が向上

NANKANG工場で製造された595EVOの接地形状は、従来品と比べ、丸みを帯びており、
接地面積の拡大、接地形状および接地圧の最適化により、スポーツタイヤに必要不可欠な高速安定性と、
ウェット・ドライグリップ性能が向上。

接地面積の拡大
接地形状・接地圧の最適化
従来品(FEDERAL工場製)
FEDERAL製タイヤの解析図
総接地面積
17,613mm²
実接地面積
10,704mm²
接地面積比
60.8%
改良品(NANKANG工場製)
NANKANG製タイヤの解析図
総接地面積
17,821mm²
実接地面積
11,356mm²
接地面積比
63.7%
フットプリント検証サイズ:215/45R17(荷重:425kgf )
性能比較チャート
性能比較チャート
改良品(NANKANG工場製)
従来品(FEDERAL工場製)

FEATURES特徴

595EVO イメージ画像
  1. ユニークなツー・イン・ワン連続パターンは高速走行時でもロードノイズを大幅に軽減。
  2. センターリブにより直進安定性が向上。
  3. 4本のメイングルーブで有効にハイドロプレーニング現象を防止。
  4. 大きくて固いショルダーブロックは、横へのグリップ力と安定性を強化。
  5. 斬新な3D溝断面及びダウンストリームラインのデザイン結合により、排水性能とウェットグリップ力が向上。
  6. 外観に引き立たせるサイドウォールのファイヤーパターン。

VIDEO動画

SIZE LISTサイズリスト

改良品(NANKANG製)

従来品
はこちら

従来品(FEDERAL製)

インチ 扁平率(%) タイヤサイズ
14 55 165/55R14 72V
15 50 165/50R15 73V
195/50R15 82V (※)
16 40 165/40R16 73V XL (※)
195/40R16 80W XL
17 40 195/40R17 81W XL
235/40R17 94Y XL
45 225/45R17 94Y XL
18 45 215/45R18 93Y XL
50 225/50R18 99Y XL
19 30 275/30R19 96Y XL
40 245/40R19 98Y XL
20 35 255/35R20 97Y XL
(※)パターンが若干異なります。
インチ 扁平率(%) タイヤサイズ
14 55 165/55R14 72V
15 50 165/50R15 73V
195/50R15 82V (※)
16 40 165/40R16 73V XL (※)
195/40R16 80W XL
17 40 195/40R17 81W XL
235/40R17 94Y XL
45 225/45R17 94Y XL
< >
インチ 扁平率(%) タイヤサイズ
18 45 215/45R18 93Y XL
50 225/50R18 99Y XL
19 30 275/30R19 96Y XL
40 245/40R19 98Y XL
20 35 255/35R20 97Y XL
(※)パターンが若干異なります。

安全の為の確認・注意事項

  • 車両に指定された標準タイヤまたはオプションタイヤのサイズを使用してください。
  • サイズ、種類、構造、タイプの異なるタイヤを同一車軸に混用しないで下さい。(応急タイヤは除きます)
  • 新品タイヤは法定速度を遵守の上、80km/h以下で、100km以上の慣らし走行をして下さい。
  • タイヤは、直射日光、雨および水、油類、ストーブ類の熱源および電気火花の出る装置に近い場所等を避けて保管して下さい。
  • タイヤの空気圧は、走行前のタイヤが冷えている時に調整して下さい。
  • タイヤの溝深さの使用限度は、スリップサインが露出する溝1.6mmです。
  • 急発進、急加速、急旋回および急停止は危険ですので避けて下さい。道路状況に応じた適切な運転をして下さい。
  • 走行中に車両が操縦不安定になったり、異常な音および振動を感じた時は、すみやかに安全な場所に停車して、車両およびタイヤを点検して下さい。外観上、異常がなくても早期に販売店へ点検を依頼して下さい。
  • コードに達している外傷、ゴム割れのあるタイヤは、タイヤ故障発生につながる恐れがありますので使用しないで下さい。
  • 原産国はタイヤサイドの刻印をご覧下さい。