レチノールについて

レチノールとは、ビタミンAの一種で、もともと皮膚内に存在する成分で、ハリや弾力を維持するのに非常に重要な働きをしています。

レチノールには種類があり、肌への刺激や安定性も異なるため、目的に応じたレチノール選びが大切です。

local_offer

パルミチン酸レチノール

皮膚に一番多く存在するビタミンAで、健やかな肌に欠かせない成分であることから、まもりのビタミンAと言われています。レチノールの中でも安定性が高く、刺激が弱いことから、毎日のお手入れに取り入れやすいレチノールとして人気を集めています。

local_offer

ピュアレチノール

レチノールの中でも攻めのレチノールと言われるビタミンAです。実感を得られやすい分、赤みがでやすいなどの刺激性があり、初めて使用される方は注意が必要です。

パルミチン酸レチノール 配合

ピュアレチノール 配合

その他の成分

  • ナイアシンアミド

  • グリシルグリシン

  • 水溶性フラーレン

  • ビタミンC誘導体(VC-IP)

  • マトリキシル3000

  • ヒト型セラミド