2020年 MOE絵本屋さん大賞結果発表!

2020年 MOE絵本屋さん大賞結果発表!

MOE絵本屋さん大賞とは?

全国の絵本屋さん3000人が選んだ「今年もっともおすすめしたい絵本」を決定するMOE絵本屋さん大賞。

2020年 大賞

大賞

あつかったら ぬげばいい

ヨシタケシンスケ (著)

せかいがわかってしまったら、じぶんもかわってしまえばいい。子ども、大人、おじいちゃんのさまざまな疑問に痛快に答える!ヨシタケ式、心を緩める絵本。

ヨシタケシンスケ の本はこちら

表彰式映像

ランキング

2位

パンどろぼう

柴田ケイコ (著)

パンどろぼうって、なにもの!? 読み聞かせが楽しいユーモアいっぱいの絵本。
お子様はもちろん親御さんもファンになる方ぞくぞく!シュールに笑えて最後はほっこり。
親子で楽しめます。

柴田ケイコ の本はこちら

3位

junaida (著)

「の」は、ことばとことばのすきまにこっそりいる。でも、目立たない。「の」の不思議な力がことばをつなぐ、新たな物語の世界へ。たくさんのお気に入りをみつけてください。

junaida の本はこちら

4位

ねこはるすばん

町田尚子 (著)

にんげん、でかけていった。
ねこはるすばん、とおもいきや・・・最後のページまで見逃せない一冊。

町田尚子 の本はこちら

5位

ノラネコぐんだん カレーライス

工藤ノリコ (著)

累計150万部の大ヒットシリーズ!
お店に忍び込んで、大量のシーフードカレーを作ったノラネコたち。
「カレーライス かんたんだったね かんたんだったよ」と得意げです。
でもその背後に光るふたつの目が…。

工藤ノリコ の本はこちら

6位

ママはかいぞく

カリーヌ・シュリュグ(著)
レミ・サイヤール(イラスト)
やまもとともこ (翻訳)

ぼくのママはかいぞくなんだ。ふねのなまえは“カニなんてへっちゃら”ごう。
もうなんかげつもまえからママはたからのしまをめざして、かいぞくなかまとそのふねでたびをしている。たびからかえってくると、ママはいつもとてもつかれているみたい。

カリーヌ・シュリュグ の本はこちら

7位

ねぐせのしくみ

ヨシタケシンスケ (著)

ねているあいだに、なにが起きてる・・・!?ヨシタケワールド全開!

ヨシタケシンスケ の本はこちら

8位

わたしのわごむはわたさない

ヨシタケシンスケ (著)

ゴミ箱の横にわごむが落ちていた。お母さんに「ちょうだい」って聞いたら「いいよ」だって。やった!わごむをもらった。このわごむは、わたしのだ!!

ヨシタケシンスケ の本はこちら

9位

やねうらべやのおばけ

しおたにまみこ (著)

こわいのはいや、そんなお子様にも大丈夫。
木炭で描かれた繊細な絵と、やさしい気持ちになれるお話。いとおしくなるおばけです。

しおたにまみこ の本はこちら

10位

もしものせかい

ヨシタケシンスケ (著)

もしもなにかをなくしたら。もしももどってこないなら。
何度も読み返してほしい、ヨシタケシンスケが描く新しいものがたり。

ヨシタケシンスケ の本はこちら

その他の賞

新人賞

ホタルのアダムとほしぞらパーティ

香川照之(作) ロマン・トマ (絵)

役者として大活躍中の香川照之プロデュース!
子どもたちに昆虫の世界の多様性、自然界の豊かな姿を伝えたいと企画された「INSECT LAND」シリーズの一作目。昆虫たちの温かいエピソードには生きる力をはぐくむヒントがつまっています。

香川照之 の本はこちら
ロマン・トマ の本はこちら

パパママ賞

ノラネコぐんだん カレーライス

工藤ノリコ (著)

累計150万部の大ヒットシリーズ!
お店に忍び込んで、大量のシーフードカレーを作ったノラネコたち。
「カレーライス かんたんだったね かんたんだったよ」と得意げです。
でもその背後に光るふたつの目が…。

工藤ノリコ の本はこちら

過去のEMO 絵本屋さん大賞