折りたたみ・ミニベロ特集
折りたたみ・ミニベロの魅力6
エコ・モテる男は地球を汚さない
自分スタイル・スタイルは多種多様
カスタム・カスタムを楽しめる
デート・車に積んで気軽にボタリングデート
通勤・おしゃれに敏感なアパレル・美容業界で大人気
経済的・節約した分おしゃれを楽しむ
人気主要メーカーベスト5
第1位

BROMPTON
(ブロンプトン)

ブロンプトン

ブロンプトンは、デザインやイノベーションには持続性があるべきだと考えています。自転車はディスプレイとしてではなく、日々の使用に耐えることを想定し、 実用的で信頼のおけるものとして製造するべきであると考えています。ブロンプトンでは、じっくりと時間をかけ、必要な部分に改良を加えることで、自転車そのもののデザインや品質を高めてきました。
一度に大量の自転車を製造することより、品質やデザインを高め、「より確かな技術」「より高い品質」を追求することが重要であると考えています。 そんなこだわりがあるからこそ、ブロンプトンは他の会社で自転車を製造することも、外部に製造を依頼することもしないのです。

出典:History/COLLECTION(ヒストリー/コレクション)|BROMPTON|ミズタニ自転車株式会社

BROMPTON一覧へ
第2位

r&m BD-1
(リーズ&ミューラー ビーディーワン)

リーズ&ミューラー ビーディーワン

BD-1 の生みの親、ハイコ・ミューラーとマーカス・リーズは、ドイツの名門ダルムシュタット工科大学で 出会った。乗り手として自転車ライフを楽しんでいた 1992 年のある日、マーカスがハイコに見せた、 一風変わった自転車の厚紙模型。この模型をもとに2 人で作り上げたプロトタイプこそ、「世界で最初のBD-1」だった。このプロトタイプは寄せ集めの部品から構成され、外観こそ洗練されていなかったものの、現在と同様の折りたたみ機構と前後サスペンションを装備。 つまり、「メインフレームはそのままに車体を折りたたむ」 という画期的なアイディアが既に盛り込まれたいた。このアイディアを思いついたきっかけについて、マーカスは「どこにでも持って行けて、どんな場所でもすぐ に乗れる自転車が欲しかった」からだと語る。

出典:History/COLLECTION(ヒストリー/コレクション)|BD-1|ミズタニ自転車株式会社

r&m BD-1一覧へ
第3位

DAHON
(ダホン)

ダホン

ダホン(Dahon )は、米国カリフォルニア州に本社をおく折り畳み自転車の専業メーカー。1975年オイルショックを機に中国系アメリカ人デヴィッド・ホン(David Hon )博士により開発研究が行われ、1982年に第一号製品出荷、今日に至る。自転車の製造は台湾で行っていたが、2000年ごろから低価格帯商品の生産は中国本土に移った。オーソドックスな折り畳みの機構は使いやすく、頑丈であるとされる。
折り畳み機構には多くの基本特許を有し、日本国内メーカーへもライセンス供与している。OEMも積極的に行っており、他ブランドとして販売されているダホン製品も多い。

出典:ダホン - Wikipedia

DAHON一覧へ
第4位

BRUNO
(ブルーノ)

ブルーノ

目指したのは、上質な乗り心地
どこまでも、走り続けたくなる様なワクワクするペダリング
あなたの行き先に舵をとってくれる、羅針盤のようなハンドリング
まだ見ぬどこか遠くの地まで…ふらっと見なれたいつもの隣街まで…
Brunoならきっと素晴らしい旅のパートナーとなってくれるでしょう。
出典:BRUNO BIKE 2014 | BRUNO PRODUCTS

ブルーノ
第5位

GIOS
(ジオス)

ブルーノ

『GIOS』 その最大の特徴は、鮮やかなブルーカラーはもちろん、徹底的にこだわった精度の高いフレーム。
イタリアでは、そのクオリティの高さから「イタリアブランドでありながらドイツ的な印象さえ与える」とまでいわれています。

出典:JOB International|GIOS HOME GIOS・BASSO・RUPTION ハイクオリティ輸入自転車

ブルーノ
折りたたみ・ミニベロ 一覧へ
折りたたみ・ミニベロのバーツ・用品を探す
折りたたみ・ミニベロパーツ一覧へ
折りたたみ・ミニベロ用品一覧へ
キーワードから簡単検索