Yahooショップ ガラスフィルム通販センター(DIYHelper) ガラスフィルム通販センター:遮光フィルム、断熱シート、防犯フィルム、ガラスフィルム専門ショップ

店舗トップ ご購入ガイド 会社概要 買い物かご 決済・配送・返品
貼り方ガイド フィルム施工用品 断熱遮熱フィルム(遮光・省エネ) 断熱遮熱フィルム(オールシーズン) 飛散防止フィルム 貫通防止フィルム
デザインフィルム サンゲツフィルム(目隠し) サンゲツフィルム(装飾) 特殊フィルム オーダーカット シンプルカット
ご購入ガイド
遮熱フィルムRSTシリーズ おすすめ高透明断熱遮熱フィルム

よくあるご質問

文字サイズ設定

ご購入について

Q. オーダーカットの買い方を教えてください

  • 1.採寸をします。窓ガラスの露出部分から計ってください。
  • 2.各オーダーカット商品ページにある「ご購入支援フォーム」にmm(ミリメートル)の単位でサイズと枚数を入力してください。
  • 3.「計算します」のボタンを押した後にご購入数と合計金額を確認の上で、「簡単購入する」ボタンを押してください。
  • 4.カートに商品とサイズ情報が記載されているのを確認し、あとは通常の決済に進んでください。

詳しくは「オーダーカット購入ガイド」をご覧ください。

オーダーカット購入ガイドはこちら

Q. 最小サイズ(0.12平米)未満のカットの注文をしたい

最小サイズのカットには、1枚あたり380円(税込)の技術料金が発生致します。

 

【ご注文の流れ】

  • 1.最小サイズ未満以外のものを通常通り、お申し込みしていただきます。
  • 2.決済画面の備考欄へカットサイズを記入していただきます。

      ※横、縦のサイズ(ミリメートル)と枚数をご記入ください。

  • 3.お申し込み内容を修正し、お見積りメールを店舗から返信致します。
  • 4.お見積りメールの内容をご確認していただき、ご承諾のメールをお客様よりご返信いただきます。

Q. 明細書、領収書が入っていません

商品発送後、店舗よりご利用明細書(領収証含む)を郵送にてお送り致します。

それぞれ送付させていただいておりますので、商品と明細書の到着が前後する可能性がございます。

商品到着後、数日経っても明細書が届かない場合は、お手数ではございますが店舗の方へご連絡ください。

 (電話番号 : 046-298-5055)

Q. 領収証は発行してもらえますか?

店舗の領収証が必要な方には、「各種決済の別発行分」としての店舗領収書を発行致します。

※別途郵送にてお届けとなります。

【領収証のご用命方法】

決済画面の備考欄「領収証発行ご希望の法人様(個人の方は明細書をご利用ください) 」へ「宛名」、「但書」を必ず記載してください。

■ 通信販売の場合、各種決済機関が発行する領収証や明細書が法的に正規の領収証明となりますので、店舗からは「お買い物明細書」を発行しております。

■ 金銭または有価証券の直接の受領事実がありませんので、表題が「領収証」となっていても、印紙税法基本通達第17号の1文書には該当しません。(5万円を超えていても収入印紙は貼付されません。)

■ 商品発送後、店舗より郵送にてお送り致します。

Q. ソクハリキットにボトルが入っていなかったのですが

ボトルは付属しておりませんので、別途市販の500mlのペットボトルをご用意ください。

 ※ペットボトルの一部メーカーによっては装着できないことがございます。

▲ページの先頭へ戻る

フィルムについて

Q. フィルムの種類について教えてください

飛散防止フィルム(防災・減災用)

地震や台風の災害、衝突事故によるけがのリスクを大幅に軽減する効果が期待できます。窓ガラスにおいての安全な環境を比較的容易にかつ早急に整える事が可能です。

断熱遮熱フィルム(ミラータイプ)(透明タイプ)

日射しが強く暑い時期には日射熱を反射・吸収し遮熱効果を発揮。寒い時期には室内から屋外への熱を伝わりにくくする事により断熱効果が期待できます。

凹凸ガラス用フィルム

凹凸ガラスに貼るフィルムで遮熱効果のある「OTE50」と防犯効果のある「OTA390」があります。

防犯フィルム

窓ガラスへの破壊行為に耐えて、侵入に時間をかけさせます。また、台風や竜巻などの突風による飛来物対策の強化版として用いられる事も多くなりました。

デザインフィルム(目隠し、装飾用)

明るさを保ちつつ手軽にプライバシー保護ができます。デザイン用のフィルムであれば、ガラスへのコーディネートを自由に楽しむ事も可能です。

Q. フィルムの耐久年数はどれぐらいですか?

■フィルム本体(PET)部分の寿命は約10〜15年です。

ただし、この数値は、機械貼りやプロの技能士が貼り付けた場合です。施工者の技術によって異なってまいりますので、一般の方が施工した場合は、この3分の1から半分程度の年数(3〜7年)を目安としてください。

※外貼りの場合は、雨や風、直射日光などにより、内側に貼った場合と比べてフィルムの耐久年数が非常に短くなります。
(外貼りは対応フィルム「Ext」と記載のあるものをご使用ください)

■貼り替え時期について

貼り替えの時期は見た目に変化が現れ始めたらです。 これは、空気に直接触れている表面ハードコーティング(SRC)が一番最初に劣化していくと考えられるからです。

■紫外線カットにおいては、経年劣化により減衰していきます。

(減衰率など詳細なメーカーによる公称データはございません。)

貼り替え目安は、フィルム本体と同程度とお考えいただければよろしいかと存じます。

Q. フィルムのサンプルが欲しい

サンプルのご請求は、EメールまたはFAXで承っております。

FAX:046-298-5054

メールアドレス:shop@film-takumi.com

下記のような項目を記載してお送りいただければ、結構です。

【ご依頼主(フリガナ)】:

  ※法人の場合は、法人名とご担当者名を記載してください。

【お届け先(郵便番号から)】:〒

【お電話番号】:

【ご希望の品番】:

★初回送付(5枚まで)無料。

★ご希望の用途を添えてくだされば、お薦めのフィルムをご案内致します。

※夏の暑さ対策、冬の逃避熱対策、防犯対策などの機能はわかり易くご記載ください。

【サンプルの内容】

■ サイズ:A5〜A4程度(在庫状況によってサイズが異なります)

■ 送付方法:メール便(佐川急便)

※運送会社様の配布スケジュールに依存する為、投函まで数日かかる場合がございます。

※端材をリサイクル使用しているものですので、多少のキズや歪み、汚れがある場合がございます。

Q. 網入りガラスやペアガラス(複層ガラス)、特殊なガラスに貼り付けは可能ですか?

貼り付けることは可能ですが、「網入りガラス」や「ペアガラス(複層ガラス)」「Low-Eガラス」「合わせガラス」などは、「熱割れ」という現象を引き起こす可能性がございます。

また、窓ガラスメーカー側が「フィルムの貼付を推奨しておりません」ので、フィルムを貼った状態ですと、メーカー保証が無効となるケースがほとんどです。

※熱割れ

熱割れについて

★遮熱・断熱、目隠しの機能があるフィルムは、熱吸収が高くなる傾向があり、網入りガラスやペアガラス(複層ガラス)に無条件で施工できるフィルムはございません。

 ※ただし、「日照が無い真北側」の箇所には貼付可能です。(北東・北西はNG)
 ※熱吸収率が低めの透明飛散防止フィルムも可能です。(保証はありません)

★外貼りのフィルムであれば、熱割れリスクを比較的軽減できますが、ゼロにはできません。

★熱割れの危険度シミュレーションも可能ですので、別途ご相談ください。

ただし、規定内の数値に収まっていても突発的に起こり得る現象ですので、 最終的には、自己責任において施工をお願いしているのが現状です。

 (メールアドレス:shop@film-takumi.com)

Q. 凹凸のあるガラスに貼り付けは可能ですか?

凹凸ガラス(以下型板ガラス)につきましては、型板ガラス用のフィルムをお使いいただく必要がございます。

「凹凸用」、「型板ガラス用」などという表記が無いフィルムは、一般的な透明平滑ガラス(フロートガラス)に貼り付けるタイプのものです。凹凸のあるガラスには貼り付けできません。

型板用 遮熱フィルム「OTE50」

https://store.shopping.yahoo.co.jp/diy-helper/007-021.html/

★RS35Mと同等の性能・シェード色

 ※今現在は、型板用遮熱フィルムは1種類のみしか製造されていません。

型板用 防犯フィルム「OTA390」

https://store.shopping.yahoo.co.jp/diy-helper/007-020.html

★GS200と同等の性能(フィルム厚:PET190μm+粘着層200μm=総厚390μm)

Q. 窓ガラス以外(プラスチックなど)に貼り付けは可能ですか?

プラスチック(アクリルやポリカーボネートなど)の樹脂製品には基本的に貼付をおすすめ致しません。

【樹脂製品への貼付につきまして】

アクリルやポリカーボネートは、製品中に微量の未反応物質や水分などが残留しており、時間の経過につれて気体(アウトガス)となり表面に出てきます。

これらの基材にガラスフィルムを貼り付けした場合、アウトガスが基材とフィルムの間で気泡となり、フィルムの膨れや剥がれの原因となります。

また、これらの基材は、気温変動や日射熱で暖められた場合の寸法変動が、ガラスフィルムよりも大きいので、時間が経つにつれてガラスフィルムを浮き上がらせる恐れがあります。

▲ページの先頭へ戻る

貼り方や貼った後について

Q. 貼り付けはどのような方法ですか?

【水貼りタイプ】

一般的な透明平滑ガラス(フロートガラス)用のものであれば、施工液というものを使用して施工を行います。

施工液は、界面活性剤と呼ばれる成分が入っており、フィルムに潤滑性をもたせて位置決めをし易くする事が主な役割です。

また、粘着層の初期接着を遅らせる効果があります。

【ドライ貼りタイプ(凹凸対応フィルム)】

凹凸ガラス(型板ガラス)には、施工液を使用せず、そのまま貼り付けを行うシールのようなフィルムを用います。

施工液を使用し、徐々に移動させて位置決めする事ができないので、 保護フィルムを剥がす前にしっかりと貼り付け位置を定める必要があります。

貼り方につきましてはこちらも合わせてご覧ください。

【貼り方ガイド】

Q. 自分で貼るのは難しいですか?

個人差がありますが、DIYで貼ってる方はたくさんいます。

難しさは手先の器用さ、大きさによって変わってきます。

自分の肩幅以上の横幅や、背丈以上の高さの場合は難易度が比較的高いので、DIYで貼る場合は2人で施工するなどの工夫が必要になります。

こちらも合わせてご覧ください。

【動画】ガラスフィルムの貼り方ムービー

Q. フィルムを貼った後に剥がせますか?

可能です。(剥がしたフィルムを再度貼り付けることはできません)

フィルムは普通に剥がせますが、ノリが残るので中性洗剤と※1 スクレーパーなどを使用します。

面積が極端に大きいものや数が多い場合、防犯用フィルムは、フィルム施工店やクリーニング業者へご依頼される方が無難です。

関東近辺であれば、弊社でも承っておりますので、別途ご相談ください。

■工賃(参考価格):1平米辺り、2,000〜4,000円(税抜)

<スタンダードなフィルムの剥がし方>

・糊の層がガラス面に付着致しますので、原状復帰する場合には清掃が必要です。

  • 1.ガラス面からフィルムをゆっくりと剥がします。
  • 2. 洗浄液(中性洗剤を水で薄めたもの)を糊の残ったガラス面に塗布し、3分程度なじませて糊を柔らかくします。
  • 3. 窓ガラス用の「※1 スクレーパー」で丁寧に削り取って行きます。
  • 4. キッチンペーパーなどで拭き取ります。
  • 5. 糊残りが無いか確認した後、水で洗い流します。
  • 6. キッチンペーパーや柔らかい布で拭きあげて完了です。

※1 スクレーパー

・カッターナイフの刃のようなものが付いた道具です。ホームセンターなどで購入できます。

★注意事項★

 ■フィルムを剥離する時は、ガラスを破損させないように慎重に行ってください。

 ■糊の固まりが取れるまで3〜5を繰り返す、端部や極薄く残っている部分にご注意ください。

 ■ご自分での作業が難しいと判断された場合は、専門業者にご相談ください。

 ■剥離から清掃まで、貼り付け作業時よりも時間がかかります。(スクレーパー必須)

▲ページの先頭へ戻る