日差しの強さが和らぎ、少し風が冷たくなってきた今日この頃。
羽織りものは欲しいけれど、重さのあるものは着たくない。
そんな方にぴったり!
さらっと気軽に羽織れるキルティングコートなら、軽くて程よく暖かさもあり。
今回は、秋から春先までロングシーズン楽しめる、キルティングコートの着こなしをご紹介します。

ノーカラーコートが仲間入り♪


今年からノーカラーのキルティングコートが入り、全部で4型になりました。

すっきりノーカラーに肩落ちのフォルム。
ゆったりしたかたちだけれど、すとんとしていてボリュームが出過ぎず着やすい。
シンプルな首元は、タートルネックなど合わせるアイテムで雰囲気が変わります。


少し風が冷たくなり、朝晩の冷えが気になる秋のまんなか。
お手持ちのブラウスの上からさらっとキルティングコートを羽織ってお出掛け。
ヒップにかかる短めの丈は、パンツともスカートも好相性です。




ブラウスの上から羽織るだけだと少し寒い...秋のおわり。
そんな時は、コートの下にカーディガンをいれて。
こちらは、ウール混の太番手の糸を鹿の子編みにしたざっくり暖かみのあるカーディガン。
色の入ったカーデがコーデのアクセントに。




本格的に寒くなった冬のはじまりは、ヒップまで覆ってくれるロング丈のキルティングコートを羽織って。
お気に入りのワンピの上に、ふんわり軽くて暖かなキャメル混のニットベストをプラス。
ノーカラーだから、マフラーをぐるっと巻いても◎
裏地のないキルティングコートは着こんでも着ぶくれる心配なし。
ほっこり、暖かみのあるコーデを楽しんで。




寒かった冬が終わり、少しずつ暖かさを感じる春のはじまり。
まだ風は少し冷たいから、アウターは必須。
さらっと着心地の良い綿ニットの上に、ショート丈のキルティングコートを羽織って。
ボリューム感のあるダブルガーゼのワイドパンツを合わせてもすっきり着こなせます。




軽くて暖かなキルティングコート。
着方次第でロングシーズン楽しめるから、1枚あると便利ですよ♪

担当:横田

▼その他の読み物はこちら▼

ページトップへ