トルク機器
モンキー型トルクレンチの販売はこちら
ヘッド交換式トルクレンチの販売はこちら
ラチェット式トルクレンチの販売はこちら
【特徴】
●各種ヘッドを用意すれば、1本で様々な用途に使用できます。

【注目点】
●トルク調整範囲を確認してください。(1kgfcm=0.098067N・m)
●ソケット(別売)を使用する場合は差込角(mm)を確認してください。
●最小目盛(N・m)を確認してください。
●スパナ・メガネ・ヘキサゴン・ラチェットなど、どのような方法で締めるのかを確認してください。
●トルクとは回転にまつわる概念で、「カ」×「長さ」であらわされます。例えば、図のようにLの長さのスパナにFの力をかけた時にボルトに与えられる回転力Tのことです。トルクの単位は従来、kgf・mで表していましたが、1993年に施行された「新計量法」により、SI単位(ISO国際規格)への移行が義務づけられ、現在では力の単位をN(ニュートン)、トルクをN・m(ニュートンメートル)と表しています。1N・mは0.10197kgf・mで逆に1kgf・mは9.8067N・mとなります。
●トルク調整範囲は機種によって様々ありますが、最もよく使用するトルク値が、トルク調整範囲のMAXの7〜8割になるよう選定すると長持ちしやすいです。