両面テープ
紙両面テープ(不織布)
粘着剤が両面についた粘着テープです。
【特徴】
●圧着するとすぐに貼り付き、厚さが均一でのりがはみでません。
●紙材料には汎用タイプ、銘板・プラスチック材料には強粘着タイプが適しています。
●紙両面テープ(不織布)は基本的に重量物や大きな荷重がかかる部分には使用しません。

【注目点】
●テープの幅(mm)×長さ(m)×厚み(mm)を確認してください。
●両面粘着テープの基材を確認してください。(不織布や布以外に発泡体、アクリルフォーム、フィルムなどがあります。)
●どのような状況で使用するか確認してください。(耐熱温度、耐溶剤性)
●後で剥がすか、剥がさないかを確認してください。(永久接着、再はく離)
●粘着剤は主に下記の3種類があります。
●ゴム系…初期接着力に優れ、様々な被着体に貼り付け可能です。
●アクリル系…高い接着強度と耐熱性に優れています。
●シリコン系…非常に高い耐熱性とシリコンゴムへの接着性に優れています。