作業台
作業台の種類
【特徴】
●軽量作業台(均等静止荷重100〜400kg):・主要部は、溶接構造の板金曲げ加工でノックダウン(組立)式です。天板の厚みや鉄板の板厚は、耐荷重に比例して薄くなります。
●中量作業台(均等静止荷重500〜2000kg):・主要部は、溶接構造の板金曲げ加工でノックダウン(組立)式です。天板の厚みや鉄板の板厚は、耐荷重に比例して軽量作業台よりも厚くなります。
●重量作業台(均等静止荷重3000kg):・主要部は、構造用鋼管、圧延鋼材で、接続部分は、全て溶接構造の完成品です。天板の厚みや鉄板の板厚は、耐荷重に比例し