ページTOP
stack room 新着一覧 > スタッフレポ >

素材を生かす、切れ味抜群のパン切りナイフ

素材を生かす、切れ味抜群のパン切りナイフ

かわいいデザインと切れ味の良さから
当店のブレッドナイフ売上No.1の
morinokiの「パン切りナイフ」。
その実力をスタッフが色々なパンを切って
試してみました。

パンの種類によって使い分けができる
こちらのナイフ。
先端のギザギザが細かい部分は、
固いパン用。
ギザギザが緩やかな部分は、
柔らかいパン用です。

固いパンの代名詞バゲットを切ってみました。
先端部分で皮のパリパリ部分を切ると
その後は驚くほどスムーズに切れました。

パン屑もほとんど出ず、
切り口もきれいです!

お次は、クロワッサン。
あまりにもスッと切れたせいか、
切り終わる前にナイフを外そうとして、
少しパン屑が出てしまいました。
最後まできちんと切れば、
ほとんどパン屑は出なかったはずなのに…
残念!
でも、潰れずにキレイに切れました。

お次は、自家製の食パン。
柔らかいパンを切るときは、
真ん中部分を使いますよ。

まっすぐキレイに切れました。お見事!
これには、スタッフ一同驚きの声が上がりました。
実際、自家製食パンをよく食べているスタッフも
自分が持っているブレッドナイフよりも
よく切れると、太鼓判を押すほどです。

サンドイッチ系のパンもスッと切れます。
挟んである具材もご覧の通り!
崩れていませんよ。

他にも色々なパンを切ってみましたが、
パンを切るたび、その切れ味の良さを
実感しました。

ちなみに、撮影で使ったパンは、
ランチタイムにスタッフで
おいしくいただきました♪

2つの木が並んだかわいらしいロゴや
ケヤキの持ち手が優しい雰囲気になり、
テーブルに置いていても絵になりますよ。
パッケージもかわいいので、
ギフトにもおすすめです!

♦morinoki パン切りナイフ 商品ページはこちら→