coach

Brand history

coach / コーチ

1941年、ニューヨーク、マンハッタンにて創業、ブランド名には「大事なものを運ぶ」時に使って欲しい、という想いが込められている。コーチのバッグは丈夫で長持ちすることで有名であり、あまりにひどい使用でなければ、一般的に15年は使用できると言われている。「アクセシブル・ラグジュアリー」というコンセプトの元作られたアイテムは、品質は落とすことなく求めやすい価格として非常に魅力的である。近年、元ロエベのスチュアート・ヴィヴァースがクリエイティブ・ディレクターとして就任し、COACHに革新をもたらした。