Henry Cottonʼs(ヘンリーコットンズ)

The Story

“Henry Cotton’s”のブランド名は、スポーツの才能だけではなく、そのスタイルやエレガントな出で立ちでもよく知られている20世紀の偉大なプロゴルファー「Henry Cotton」に由来しています。
このブランドは当時の創造的な時代の流れを受けて1970年代の後半に誕生し、アングロアメリカンのライフスタイルにインスパイアされたトータル・スタイリングを創り上げました。

1980年代初頭にオイルコーティングを施した「オイルドクロス」の革新的なブルゾンを発明したことにより、このブランドの素晴らしい評判は人々に知られるようになりました。この素材はその後ブランドを象徴する物となり、また同時にHenry Cotton’sの成功を形作るきっかけとなりました。

1998年にブランドディレクター、Mr.Remo Ruffini – レモ・ルッフィーニ氏が就任。この時からモダンカントリーのフィロソフィーを掲げたキャンペーンが展開され、2000年におけるスタイルの変更に見られるように、ブランドポジショニングを大きく再構築し、同時にこのブランド本来の表現力を取り戻しました。

Source of Inspiration

イタリアンファッションのモダンなセンスと英国のカントリーサイドのナチュラルテイストが、Henry Cotton’sのスピリットを象徴しています。

多くの偉大な作家や芸術家たちに愛されてきたトスカーナの洗練された、かつナチュラルなライフスタイル。伝統的な価値観を大切に守りながらも、独自のスタイルを築きあげています。

英国のカントリーサイドに目を向けると、そこにもまたアンティークとコンテンポラリーなオブジェクトが混在し融合する不思議な生活空間が存在しています。

今日的な洗練された雰囲気を持つのに、どこか遠い懐かしさを憶える、落ち着いた印象を与える・・・Henry Cotton’sはそんな二つの要素を形式にとらわれずにミックスして、モダンなカントリーリビングのくつろぎ方を提案します。

Origin of Henry Cotton’s

全英オープンゴルフで3度の栄冠に輝いたトーマス・ヘンリー・コットン。

そのゴルファーは英国紳士らしい優雅な装いでプレイし、18ホールが終わってもその姿は乱れることがありませんでした。そんな彼の上品なスタイルに魅了されたイタリア人デザイナーはエレガントなアウトドアコレクションとしてHenry Cotton’sを発表しました。

英国のナチュラルアウトドアスピリッツを継承しながらも、イタリアらしいモダンセンスを調和することによって実現するコンフォートでシンプルなコレクション。

ただ単に流行を追いかけるのではなく、自分らしさをさりげなく演出し、服装でその生き方までをもスタイリングします。