芥川賞・直木賞

芥川賞・直木賞

第170回(2023年下半期)芥川賞・直木賞の受賞作が発表されました。

※ 在庫切れにより商品ページへの遷移ができない場合があります。

※ 著者50音順

第170回 芥川賞 受賞作

  • 東京都同情塔

    東京都同情塔

    九段理江新潮社

    ザハの国立競技場が完成し、寛容論が浸透したもう一つの日本で、新しい刑務所「シンパシータワートーキョー」が建てられることに。
    犯罪者に寛容になれない建築家・牧名は、仕事と信条の乖離に苦悩しながら、パワフルに未来を追求する。
    ゆるふわな言葉と実のない正義の関係を豊かなフロウで暴く、生成AI時代の預言の書。

第170回 直木賞 受賞作

  • ともぐい

    ともぐい

    川﨑秋子新潮社

    明治後期の北海道の山で、猟師というより獣そのものの嗅覚で獲物と対峙する男、熊爪。
    図らずも我が領分を侵した穴持たずの熊、蠱惑的な盲目の少女、ロシアとの戦争に向かってきな臭さを漂わせる時代の変化……
    すべてが運命を狂わせてゆく。

  • 八月の御所グラウンド

    八月の御所グラウンド

    万城目学文藝春秋

    死んだはずの名投手とのプレーボール
    戦争に断ち切られた青春
    京都が生んだ、やさしい奇跡
    女子全国高校駅伝――都大路にピンチランナーとして挑む、絶望的に方向音痴な女子高校生。
    謎の草野球大会――借金のカタに、早朝の御所G(グラウンド)でたまひで杯に参加する羽目になった大学生。

第170回 芥川賞 ノミネート作品

第170回 直木賞 ノミネート作品