目次
漫画収納特集

漫画収納特集 コミック・文庫

いつの間にか増えているマンガや小説、雑誌などなど、どうやって保管していますか?
部屋のあちこちに置きっぱなしに…なんてこと、ありませんか。
大切な本のコレクションを上手に収納して、快適な読書生活を手に入れましょう!
本を収納するポイント
本を収納するポイント
本を片付ける時にまず気を付けたいポイントは、「取り出しやすい収納」になっているかどうか。
本は後々読み直したくなるもの。その時にどこに仕舞ったかわからない、奥の方に片付けてしまって取り出しにくい…なんてことになるとストレスですし、いちいち片付けるのが面倒になってしまいます。
スペースに収めることだけを考えるのではなく、取り出すときのことも考えた収納になっているかを意識しましょう。
本の収納前チェック!

漫画の収納、何から探す?


本の収納アイテムから探す

収納アイテムの選び方
収納アイテムの選び方
よく見る本は本棚に、頻度の低いものは収納ボックスにしまっておくと効率的です。
まずは自分の蔵書の中で優先順位を付け、「本当に必要な本なのか」ということも考えながら仕分けしてみましょう。収納スペースに入りきる量に納める必要がある上に、今後も増えることも念頭に置いておかなければなりません。

収納ケース・収納ボックス

効率良くたくさんの本を保管するには、そのサイズ専用の収納ケースが一番!
収納ボックスに入れてクローゼットや押入れなどにしまっておけば、ホコリや日焼け防止にもなるので大切に保管しておくことが出来ます。
収納のポイント
収納ケースの収納ポイント
●シリーズごとにまとめてボックスに入れるようにする。
●収納ケースの置き場所は、押入れやクローゼット以外にもベッド下やソファ下など、デッドスペースを有効活用できます。
●クリアタイプは一目で何が入っているのかがわかるのが利点。不透明タイプは中身を隠したい派におすすめです。

おすすめ!種類豊富「いれと庫」シリーズ

頑丈な作りの収納ボックス。専用に作られているのでサイズピッタリに気持ちよく保管できます。
全体が半透明で中がよく見えるので、タイトルがはっきり見えます。

プラスチック収納ケース

メリット・デメリット
プラスチック製のメリット
プラスチック製収納ケースのメリットは、頑丈で中のアイテムをしっかり保管でき、ケースを重ねても崩れにくいこと。サイズや種類が豊富なのも魅力です。
クリアケースなら中身が見えるので管理がしやすく、不透明タイプは日焼け防止になります。
使わなくなった時の処分が多少手間ではありますが、長く使えるのでコスパも良し!

布製(不織布)収納ケース

メリット・デメリット
布製のメリット
折り畳みができるものが多い布製の収納ケースは、使わなくなったときにコンパクトにしまっておけるのが魅力。また、通気性がいいのでカビが発生しにくくなっています。
ただ、プラスチック製などと比べるとどうしても柔らかく、頑丈さには少々不安があるかもしれません。重ね置きは避けた方が良いでしょう。
軽い上にコンパクトにまとまるので、クローゼットの上段や隙間に置いておくのには便利です。

紙製収納ボックス

メリット・デメリット
紙製のメリット
比較的安価で、使わなくなった際に処分しやすい紙製ボックス。
箱そのものが紙なので軽く、それでいてそこそこ頑丈さもあります。例えば本の入れ替わりが激しい方や一次的な使用がしたい方、引っ越しの多い方には便利なようです。
ただ、紙製なので湿気をためやすいため、長期間使用する場合は置き場所に注意が必要かもしれません。

積み重ね収納ストッカー

メリット・デメリット
多段ストッカーを活用
衣装ケースとして使いやすい積み重ね可能な収納ストッカーですが、もちろん書籍の収納としても使えます。クローゼットにしまうことも出来れば、チェスト風に見えるのでそのまま出していても見苦しくなりません。
引き出し式なので奥のものも取り出しやすいのも魅力。
ただ、本はどうしても重くなってしまうもの。あまり詰め込みすぎると開け閉めしにくくなったり、破損の心配もあるので注意しましょう。

お得な収納ケースのセット販売

大量の書籍をボックスに収納したい場合、セット販売がお得です。

本棚・ラック

本棚に並べれば背表紙がきれいに見えるので、読みたい本も探しやすい!
何度も読み返したくなるお気に入りの漫画や小説、雑誌は、本棚にしまっておきたいですね。
背表紙のデザインがこっている本も並べたくなります。
収納のポイント
本棚の収納ポイント
●奥に埃が溜まらないよう、奥行がピッタリのものを使うと良し。
●前後2列にする場合、奥に何かで土台を作って後ろを高くすると便利。
●びっしり並べすぎると取り出しにくい上に圧迫感も出てしまうので、少しゆとりを持たせるとGood!
サイズオーダー本棚
こだわりのサイズオーダー本棚
空間にぴったりの本棚が欲しい、既製品ではサイズが合わない、という方にはサイズオーダー本棚!
幅が1cm単位で指定でき、奥行、高さ、カラーも豊富なパターンから選べるので、お部屋にぴったりの本棚がカンタンにオーダーできます。

サイズオーダー本棚特集を見る

おすすめ!人気の本棚

当店でも特に人気の本棚をご紹介します。

「プラス本棚」もおすすめ

収納ラックやPCデスクに本の収納場所がプラスされている、ちょっと便利なアイテム!

小型の本棚

背丈の低めな、ちょっとした場所に置きやすい小型の本棚です。

大型の本棚

大容量の本棚が必要な方向けの、大型本棚。たっぷり収納出来ます。

回転式の本棚

少ないスペースでたくさん収納出来る、回転式の本棚。

スリムタイプの本棚

狭いスペースに本棚を設置したい方向けの、スリムタイプ本棚です。

突っ張り式の本棚

置く場所を限定せず色々な所に設置出来るので、間仕切りとしても活躍できる突っ張り式本棚。
天井近くまでを収納スペースとして使えるのも魅力!
もっと本棚を見る

収納スタイルから選ぶ


隠せる収納!漫画・小説を隠して保管

ホコリや日焼けが気になる方、あまり人に見せたくない方など、
大切なコレクションを隠して保管しておきたい方におすすめのアイテムを集めました。

押入れ・クローゼットに隠して保管

クローゼットや押入れの中にしまっておきたい方は、収納ケースに入れて保管すると安心です。
また、クローゼット内で使える収納ラックも便利!
クローゼットで使える
クローゼットで使えるラック
クローゼットにピッタリサイズのキャスター付き収納ラックが特におすすめ!
取っ手を付け替えるだけで引き出す向きを変えられるので、収納場所に合わせてレイアウトを変えることができます。

商品ページを見る

ベッド下やソファ下に隠して保管

デッドスペースになりがちな空間を利用して保管できるので、効率的です。
デッドスペースを活用!
デッドスペースを活用!
一人暮らしの方や収納スペースが少なく困っている方におすすめなのが、ソファ下やベッド下のデッドスペースを有効活用して保管する方法。
浅いボックスに入れて隙間に収納すれば、目につきにくい上にスペースを無駄にせずに保管できます。

商品ページを見る

隠せる扉付き本棚

扉付きなら収納ケースのようにホコリ防止にもなりますが、収納ケースよりも開け閉めの手間がかからず、本の出し入れが簡単です。
デッドスペースを活用!
安心の鍵付き本棚
貴重な本や資料などを安心して保管できる、鍵付きの本棚はいかがでしょう?
鍵が付いているから、どこで使用しても不用意に中を見られる心配がありません。

商品ページを見る

見せる収納!書籍を飾って保管

せっかくのコレクション、素敵な表紙を飾っておきたい…なんて方も多いのではないでしょうか。
本を飾って保管できるアイテムをご紹介します。
本の綺麗な並べ方
本の綺麗な並べ方
●人は左から右へと視線を動かす傾向があるため、左から順番に並べると見やすくなります。
●タイトル、または著者などで分類し、50音順に並べると探しやすいです。
●本のサイズはなるべく揃えて並べましょう。棚の高さを変えられるタイプの本棚なら、1列を同じサイズで揃えればスペースを無駄なく使えます。

本の「見せる収納」術

壁面収納で魅せる!

壁沿いに本棚をズラッと並べたい!なんて思ったことはありませんか?
壁面収納で本をたっぷり収納出来ちゃいます。

お洒落なオープンラックを本棚に

本棚としても使いやすいオープンラックをご紹介します。

フラップ扉でお気に入りをディスプレイ!

表紙がお気に入りの本をフラップ扉部分に飾りつつ、中には隠して収納出来るフラップ扉付きの本棚です。

マガジンラックでお店風に

表紙を見せて飾れるマガジンラック。本もインテリアの一部として見せられます。

ブックスタンドを上手に使う

本棚はぎゅうぎゅうにせずに隙間をあけた方が圧迫感がありませんが、本が倒れたままにしておくのは見苦しくなってしまいます。そこで活躍するのがブックスタンド。スッキリ綺麗に立て掛けられます。

漫画・小説の量(冊数)から収納を探す

本の収納のポイント
収納時に気を付けたいこと
もう絶対に増えないのであればピッタリの収納を選べば良いのですが、続きものだったり新規開拓したりと、どうしても冊数が変動するのが本というもの。
本棚であれ収納ケースであれ、少し余裕を持たせたサイズを選ぶことをおすすめします。
逆に、購入したケースに合わせて取捨選択していくルールを作ってしまうのもアリ。
※新書コミック(小B6)サイズ換算の目安です。本の厚み等で差異はあります。

50冊未満のおすすめ収納

少量の収納なら収納ボックス
冊数が少なめなら収納ボックス
50冊未満の収納なら、専用のコミック収納ケースがおすすめです。本のサイズに合わせて作られたケースなので、無駄なく収納出来ます。
スタッキング出来る収納ボックスなら積み上げて収納出来るのも魅力。

収納ケースをもっと見る

50冊~150冊のおすすめ収納

お得な収納ボックスのセット販売
お得な収納ボックスのセット販売
収納ケースの「2個セット」などのセット販売もあります。1個だけでは入りきらない場合、お得なセット販売で揃えてみてはいかがでしょう?

セット販売をもっと見る

150冊~300冊の本収納アイテム


300冊~600冊の本収納アイテム


600冊以上の本収納アイテム

ピッタリを作る!サイズオーダー本棚

幅が1cm単位で指定でき、奥行、高さ、カラーも豊富なパターンから選べるサイズオーダー本棚なら、
理想の本棚をつくることが出来ます。
なかなか希望のサイズが見つからない…という方は、是非サイズオーダー本棚をご検討ください。
サイズオーダー本棚特集を見る

雑誌・同人誌収納アイテム

雑誌や同人誌などの、大きなサイズの書籍を保管するアイテムを集めました。

同人誌収納ケース

B5判同人誌にピッタリ
B5判同人誌にピッタリ!
B5判36ページの同人誌なら約50冊、24ページなら約60冊収納できるケースです。
あまりB5サイズにぴったりの収納ケースはなく隙間が出来てしまうことが多いのですが、専用に作られているから綺麗に収まります。

商品ページを見る

雑誌収納アイテム

雑誌をオシャレに保管
雑誌をオシャレに保管
散らかしがちな雑誌や本をスッキリ片付けて置けるマガジンスタンド。雑誌と合わせてインテリアの一部にするのもオススメです。
マガジンラックに片付けるだけで、まるでお店のようなオシャレな空間が広がります。

商品ページを見る
他のメディア収納をもっと見る

合わせて見たい オススメ特集

おすすめの特集一覧はコチラ

ページTOPへ戻る

戻る

ページトップ