BAHCO(バーコ)|Snap-on(スナップオン)

BAHCO(バーコ)について

BAHCO(バーコ)とは、1886年スウェーデンで産声を上げた老舗工具メーカー。現在はSnap-on(スナップオン)の傘下として発展進化を続けており、世界で初めてモンキーレンチを開発したことでも有名です。
軽量かつ非常に耐久性の高いスウェーデン鋼を使用したBAHCOの製品は、科学的研究や人間工学に基づいた設計により、使いやすく、耐久性があり、疲れづらく、価格も手ごろで、プロフェッショナルの現場から高い評価をいただいております。
ところで、魚と釣り針のロゴの意味、気になりませんか?気になったらここを押してください。




ツールキャビネット



BAHCO(バーコ)|ツールキャビネット1472K




トローリージャッキ





クレーン





工具・ツール





お問い合わせ

お客様のお好みの方法でお問い合わせください!専任プロフェッショナルが安心、確実に対応いたします!!


電話番号


LINE


FAX




BAHCO(バーコ)|Snap-on(スナップオン)

当時のヨーロッパの工具などの素材は、一般的なスチール製品や粗鋼製品が中心でした。BAHCO創業以前、上質な鋼鉄を素材に釣り針を製造していた創業者ゴラン・フレドリック・ゴランソンは、その鋼を用いてノコギリ刃を生産。品質の高さを伝えるために、すべての製品に魚と釣り針のロゴをつけました。工具に釣り針のマークは、良質な鋼鉄の加工技術と品質の証だったんですね。
Give me the saw with the little fish!!
「小さな魚のマークがついたノコギリをください!!」

その魚と釣り針がついたマークが、硬くて丈夫、相反する性質をもった良質なノコギリだと誰もが理解できたんでしょうね。


BAHCO(バーコ)|Snap-on(スナップオン)