2022年 7/19(火) 20:00
~ 7/26(火) 01:59 まで

今年の敬老の日は9月19日(月)

毎年9月の第3月曜日にお祝いする敬老の日。
祖父母や両親・恩師など人生の大先輩を敬い、感謝の気持ちと共に長寿のお祝いをしてはいかがですか?

敬老の日の由来

還暦を迎える60歳からお祝いをされる事が一般的です。
しかし、最近の60歳は若い方が多く少し早い印象もありますので、定年を迎えたり70歳になられた時など、節目でお祝いされる方も増えています。
また、若くてもお孫さんが生まれた事をきっかけにはじめられる方も多いです。

敬老のお祝いは何歳から?

一般的には還暦を迎える60歳からお祝いをされる方が多いですが、最近の60歳は若い方が多く、少し早い印象もあります。定年を迎えられたり70歳になられた時など、節目でお祝いされるか、若くてもお孫さんが生まれたタイミングにされる方が増えています。

選び方のポイント

敬老の日のプレゼントって何を贈ればいいんだろう?って思われる方も多いようです。様々な経験を積まれた方々ですので、「量より質」を重視したプレゼントが喜ばれるかもしれません。
それと気を付けたいのが、縁起や語呂です。お茶は弔事、寝具は寝たきりを連想させるなど、贈り物には避けた方がいいとされるものもありますので注意しましょう。
「結局何がいいんだろう?」とプレゼント選びに悩んだら、下のポイントを参考に選んでみてはいかがでしょうか?

相手の趣味に関係したもの

おじいちゃん、お婆ちゃんは普段どんなことをされていますか?
お出掛けが好きだったり、お友達とスポーツをしたり、または習い事をされているなど、趣味に合わせたバッグを贈るととても喜んでもらえますよ。

  • お出掛けが好きなら

    山登りが好きな方なら、両手の空くリュックがおススメ。
    行楽好きなら、ショルダーバックが持ち回りに便利です。

  • スポーツが趣味なら

    グランドゴルフやゲートボールをされるなら、タオルや水筒を入れられるリュックはいかがでしょう。
    ボストンバッグなら+着替えも入れられて、ゴルフが趣味の方にも大変重宝されます。

  • 習い事に通われているなら

    パソコンや絵画など習い事に通われている方には、A4ファイルが入るサイズのトートバッグがおススメ!
    教材やノートなどをプレゼントされたバッグに詰めれば、習い事に行くのがさらに楽しみに♪

気持ちを込めて贈る

「いつまでも元気でいてね」という思いを込めて、身体を動かす時にも使いやすいバッグはいかがでしょう?
また、旅行バッグとともに「一緒に思い出を作ろうね」と伝えれば、きっと喜びもひとしおなはず。

  • いつまでも元気でいてね

    ワンショルダーバッグやウエストポーチなら、
    ウォーキングの時でも邪魔になりにくいのでおススメです。

  • 一緒に思い出を作ろうね

    思い出を作るなら一緒に旅行に行くのが一番!
    その際ショルダーバッグならサブバッグとして身軽に動けます。
    荷物が少ないなら小さめのボストンバッグも狙い目です。

本人に聞く

欲しいものを本人に聞くのが最も確実ですが、実際には「何でもいいよ」と返されることもしばしば。
その場合には「いつものあの鞄もう随分と長く使ってるよね」「こんな時困ってたりしない?」など具体的な例を出して聞いてみましょう。

  • セカンドバッグ

    普段使いに便利なのがセカンドバッグ。
    財布や診察券・眼鏡など必要な物をひとまとめにしておけばいつでもさっと持ち出せる、と定番の人気バッグです。

  • ショルダーバッグ

    同じく定番人気のショルダーバッグ。
    マチ幅のある大きめの物から薄マチ仕様でスマートな物まで種類も豊富なので、入れたい荷物の量を聞いて選ぶのも◎。

  • キャリーケース

    日々のお買い物に、重いものでも楽に運べるショッピングカートがあると大変便利!プレゼントに毎年ご好評いただいています。
    リュックにキャスターがついたタイプのものなら、旅行の際の移動も楽々♪

せっかく贈るなら
イイものを

持ち物を新調すると健康などの運気が上がると言われています。
長寿・賀寿のお祝いと合わせて、いつもより少し良い鞄を贈るのはいかがでしょうか。
日本製なら安心ですし、受け取る側にも大変喜ばれますよ。

安心の日本製はこちら ▼