香典返し「後返し」について
気持ちを伝える「後返し」は四十九日に挨拶状を添えて贈りましょう。
◆葬儀後に送られる「後返し」

会葬していただいた方への香典返しは、葬儀当日に「即返し」として終了する地域もありますが、忌明け(四十九日)に、「後返し」として一般的には香典額の半額(半返し)の品物に挨拶状を添えて贈るのがマナーです。(挨拶文例集参考)喪主が直接届ける場合もありますが、遠方の方には宅配便などで届けているのが一般的です。

一部地域を除き通夜及び告別式の日に、ちょっとした品物が「会葬御礼品」として渡され、四十九日に改めて、葬儀に来られた方全員に「後返し」として香典額の半分に相当する品物が贈られます(半返し)。このように香典返しの考え方は地域によって大きく遣うので、無礼を感じさせないことが大切です。また、先様と故人の関係や喪家として今後のお付き合いを十分考慮して「後返し」をすることが大切です。そして何より「気持ち」を伝えること、それが「後返し」です。

あいさつ回りを終え、一段落したら香典、供物帳を参考に「後返し」が必要な方々のリスト作成をお勧めします。手順は名前・住所・電話番号・郵便番号・故人との関係・香典額・お返し金額・お返し品の候補を用紙にまとめ、発送が完了したらチェックしておくと便利です。

◆「後返し」の時期

七七日(四十九日)の忌明け法要を営んだあと、滞りなく葬儀を済ませ、忌明けを迎えることができたという挨拶状を添えて贈ります。表書きは「志」が一般的で水引の下には「○○家」と書きます。神式の場合、忌明けに相当する五十日祭(三十日祭の場合もあり)、キリスト教の場合、カトリックは仏式に準じ、プロテスタントは1カ月後の昇天記念日に、どちらも挨拶状を添えて贈られている方が多いようです。

◆「後返し」の目安

「香典半返し」という言葉を聞いたことがあると思いますが、香典には不時の出費の相互扶助の意味があることから、必ずしも半返しする必要はありません。実際には半返しから3分の1返しが一般的です。

◆「後返し」のお品選び

「後退し」のお品選びのコツは実用性を重視することです。具体的にはタオルやシーツなどの装身具や海苔やお茶など日持ちの良い食品などに人気があるようです。また、香典を「従業員一同」「○○会一同」といった連名でもらった場合、各人ではなく一つにまとめて連名宛てにし、コーヒーセットなど皆で利用できるものを選ぶとよいでしょう。

■法要と「後返し」の時期

仏  式 神  式 キリスト式
法要 霊祭 追悼ミサ・記念式

通夜


告別式


初七日(7日目)


二七日(14日目)


三七日(21日目)


四七日(28日目)


五七日(35日目)


六七日(42日目)


七七日(49日目)


百か日(100日目)


一周忌(満1年目)


三回忌(満2年目)






●通夜返しを渡します。




●御会葬御礼品を渡します。





●あいさつ回り、遺品の整理・処分、
 香典・供物帳の整理。




●「後返し」リスト作成。この頃から発送します。


●生命保険の手続、遺族年金手続、健康保険埋葬料手続、遺産相続。


●お位牌の準備、ご仏壇の準備。

●納骨準備

●三十五日、四十九日の忌明けをめどに「後返し」の発送をします。




●納骨・埋骨される方が多いようです。



●身内で行う方が多いようです。




●盛大に行う方が多いようです。




●亡くなった年を1年目と数えますので、
一周忌の翌年が三回忌となります。









※ ( )内は死亡日を加えた日数です。

通夜祭



葬場祭



十日祭



二十日祭



三十日祭



四十日祭



五十日祭



一年祭



二年祭



三年祭

















●仏式の初
七日にあたり
ます。



●身内だけで霊祭を行う方が多いようです。





●「後返し」の
発送。仏式の
忌明けにあた
ります。

カトリック


前夜祭



追悼のミサ


三日目のミサ



七日目のミサ



1カ月目のミサ















●身内と親しい方で行う方が多いようです。






●「後返し」の発送。仏式の忌明けにあたります。

プロテスタント


記念式



7日目の
記念式



10日目の
記念式



30日目
召天記念日










●身内と親しい方で行う方が多いようです。




●「後返し」は
この日以降に
行います。



法要の知識 | 葬儀後のあいさつ回り | 御礼・支払いについて | 遺品の整理と形見分け | 法律的な諸手続き
香典返し(後返し)について | 納骨、理骨までのまつり方 | 忌中の心得 |本位牌の準備 |仏壇・お墓の基礎知識