【充電ランプが消えない・光らない。】

互換バッテリーの場合、充電ランプが純正品と動作が異なる場合がございます。

・充電をしていても充電ランプが光らない。
・純正品の場合、充電ランプが消えるけど、互換バッテリーの場合消えない。

・充電は止まっているが充電ランプが消えない。
など

これらは充電器が互換バッテリーを、純正品と認識していないため起こり、実際は正しく充電ができている場合がございます。
バッテリー側に過充電防止装置がついておりますので過充電にはなりません。

【固い。入りにくい】

最初取付時、固い場合がございます。ご了承下さい。

【充電器にさしても反応しない】

・充電器側のヒューズが切れていないかご確認ください。

・バッテリーが熱くなっていた場合、過電流保護が内蔵しているので、充電ができなくなります。少し冷えてからお使い下さい

・何度か充電器へのセットを繰り返してみて下さい。

・隙間に汚れやホコリ等があれば、取り除いて下さい。入ったまま起動するとケムリ等がでて大変危険です。

【工具バッテリーの充電ランプが満タン状態からいきなり1になる。その後充電するとスグ満タンになる。】

・工具のパワースイッチを1の状態で起動して下さい。
その後、徐々に1→2→3と上げていって下さい。



いきなりパワーを3の状態で起動すると充電ランプが1になってしまう場合があります。
そのようになった場合は、充電器で3分程度充電すると元に戻ります。

これは過電流保護機能が働いているので、起こる現象でございます。

(ダイソン互換バッテリー)【充電ができない】

・バッテリーと本体にそれぞれ金色の金属の接点がありますが、これらの接触箇所に曲がりやサビ、異物がついていないかを確認下さい。
・掃除機とバッテリーは正しく隙間なく取り付け出来ているか
バッテリーと本体の間に隙間があると動きません。この症状で動かない場合はスイッチを押しながらバッテリーを押し上げると動き、離すと止まります。
・掃除機にバッテリーを取り付け後、充電を行っているか
・もし壁掛けスタンドを使っている場合、一度壁掛けスタンドを使わず直接ケーブルを掃除機に挿して充電をお試しください。
壁掛けスタンドへ正しく取付出来ていない可能性があります。
壁掛けに充電している際に、充電アダプターの緑ランプが点灯していることを確認してください。
運転し始めて急に止まる場合は、充電されていなかった可能性があります。

(ルンバ互換バッテリー)【充電ができない】

・ルンバ本体のリセットボタンを押して下さい

・充電口と充電器の接続口をキレイに吹いてから充電をお試し下さい
間にホコリや汚れ等があると充電が出来ません。

・バッテリーが奥まで入っていないと充電が出来ません。

少し隙間があり接触が悪い場合、バッテリーの上に厚紙などでフタをすると、ギュッと押され接触改善する場合がございます。

バッテリーを長く使うために

【過放電させない】力が弱くなったと感じたら、使用をやめて充電してください。

【高温・低温での使用を控える】常温での充電、使用を心がけてください。

【水濡れさせない】サビ、ショートの原因となります。高湿や急な温度差は結露の原因となります。

【衝撃を与えない】外装の破損、内部断線の原因となります。

【急速放電させない】過負荷とならない使い方を心がけてください。

【過充電はさせない】充電完了後、バッテリーを再度充電器に挿し込むと過充電となります。

【保管に注意する】高温、低温、高湿度の場所をさけて保管してください。