季節を彩る和菓子

見て楽しく、食べても美味しい。
季節の移ろいを感じられる、美味しく華やかな和菓子レシピを集めました。

和菓子の日の由来

6月16日が和菓子の日と制定された理由を知っていますか?

嘉祥(かじょう)の日

疫病が流行していた平安時代。
時の仁明天皇が「嘉祥」と改元された848年6月16日に十六の数に因んだ菓子や餅を神前に供え、疫病除けを祈願したところ疫病は収まり、祈願成就されました。
以後「嘉祥の日」と呼ばれ、健康招福を願うめでたい行事として歴史の中で受け継がれてきました。
この習慣の復活と和菓子の素晴らしさを後世に伝え残していこうと、全国和菓子協会により毎年6月16日の「和菓子の日」が定められました。

季節を彩るレシピ

和菓子には旬を意識した季節を彩るレシピが多くあります。
四季がはっきりとした日本らしいお菓子の数々。
ぜひ、手作りしてみてください♪

- Spring -

春の和菓子

桜餅

春の和菓子といえば淡いピンク色の生地に塩漬けにした桜の葉を巻いた「桜餅」。
甘さと塩気のハーモニーが絶妙な雛菓子のひとつです。電子レンジを使えば、短時間で簡単にお作りいただくことができます。

- Summer -

夏の和菓子

アガーでつくる
自家製アプリコットピューレの琥珀糖

シンプルな材料で作るため様々なアレンジが楽しめる琥珀糖。
鮮やかなオレンジ色が映える自家製のアプリコットピューレをいれて爽やかな甘さに仕上げました。
このレシピでは、調理に手間のかかる寒天の代わりにアガーを使って手軽にお作りいただけます。

カラフル生八つ橋風

「みな月粉」と電子レンジで手軽に作れる、柔らかくてもちもち食感がおいしい京都の伝統的な和菓子「生八つ橋」をカラフルで可愛いアレンジで作ってみませんか?
何にでも良く合うプレーン生地には爽やかな酸味のレモンあん、涼しげな青色の生地には夏らしい味わいのラムネあん、淡いピンク色の生地には瑞々しく甘いももあんを合わせて包みました。

- Autumn -

秋の和菓子

栗饅頭

栗の入ったコロンと可愛らしい和菓子、栗まんじゅうはいかがでしょうか。白あんの中に刻んだ栗の甘露煮が入っているのでほど良い甘さで秋を感じられます。
焼きたての皮はクッキーのようにサくっとした食感が味わえ、時間がたつとしっとりとした食感になります。

- Winter -

冬の和菓子

いちご大福

上品な白餡で、旬の苺を包んだ大福はいかがでしょうか。
レンジで作れるもちは、手軽なのに使いやすく、とてもオススメです。

- All Seasons -

通年の和菓子

生八つ橋風

米粉・砂糖・シナモンを混ぜ合わせたものを蒸し上げてあんこを挟んだ京都の伝統和菓子の「生八つ橋」。
ご家庭でも作りやすいように、みな月粉と電子レンジを使って、お手軽に生八ツ橋を手作りしませんか。
シナモンを練り込んだ風味豊かな生地と餡の味わいは、あとを引く美味しさです。

和菓子作りの味方!
おすすめアイテム

- Wagashi Item -

和菓子作りにおすすめ

こちらもオススメ♪

- Contents -

おすすめ特集

Instagram

ステキな思い出を
残しませんか?

\ ママパン公式SNS /

季節のパンやお菓子の試作風景のオフショットなど…。
ちょっぴりおしゃれな写真をUPしています。
是非のぞいてみてください!

ご投稿の際には、ぜひ #ママパン を付けてくださいね!
皆さまの手作り投稿を楽しみにしています♪

SNS

様々な情報をお届け!