How to Use

多くのプロがファンデーションにブラシを使うのは、
「手やスポンジより断然キレイなツヤが出る」から。

少量のファンデーションをムラなく塗れるので、薄くナチュラルに。
細い毛先は、毛穴の細かい凹凸にまでファンデーションを馴染ませ、メイクの長持ちにも繋がります。
さらに、肌の表面を均一に整え、自然なツヤが出ることも、メイクのプロがブラシを使う理由なのだとか。

01

ファンデーションを
ブラシの毛先全体にとる

下地をぬったあと、ブラシの毛先をパウダーファンデーションの表面を撫でるようにクルクルと回してパウダーを含ませます。

02

ブラシにパウダーを馴染ませる

手の甲やティッシュペーパーなどで余分なパウダーを軽く落としつつ、ブラシの内側までパウダーを含ませます。

03

顔の広い部分からパウダーをのせる

頬から塗り始めます。顔の中心から外側に向かってブラシを軽くあて、口元からあごまでパウダーを伸ばします。
パウダーを少し足し、額も中心から外側に向かって伸ばします。
鼻筋をなでたあと、小鼻の周りは、筆を小さく回転させてなじませます。

04

フェイスラインをぼかし込んだら
フィニッシュ

ブラシの粉を一度ティッシュなどでおとし、顔全体をもう一度軽くはらいつつ、フェイスラインをぼかします。余分な粉をはらうことでよりナチュラルに仕上げることができ、化粧崩れもしにくくなります。