Abumatic
今どきスピンキャストでバス釣りに

「スピンキャストリールは古い」という認識も今は昔。オールドタックルなどが脚光を浴びるにつれ、近年では再評価の動きが見え始めています。しかも今のスピンキャストリールは特に扱いやすいということで、「お子さまを連れて家族で」「ビギナーの友だちと一緒に」などのシチュエーションにもフィットします。その中でもアブガルシアのアブマチックはナチュラムでも取り扱いを始めた注目株!

アブマチック 今どきスピンキャストでバス釣りに

アブマチックとは?

  スピンキャストリール アブマチックの特長

セットの詳細は?

日本国内ではナチュラムだけの取扱となっている、アブガルシア(Abu Garcia)のスピンキャストリール アブマチックシリーズ。ライントラブルがほとんどなく、またキャストしやすいため、ルアーを投げるという楽しさをシンプルに感じることができます。また歴史あるリールであり、価格の割にしっかりとした作りと独特のオールド感を持ち合わせています。

アブマチック ラインアップ

アブガルシア(Abu Garcia)

アブマチック170

軽さ:
丈夫さ:
扱いやすさ:

搭載されているラインが4号を使用、SXに比べ太いラインを使用しているので思わぬ大物や重量のあるルアーを投げる時には最適。サイズは大人の手にぴったりと使いやすいサイズ感です♪

もっと詳しく

アブガルシア(Abu Garcia)

アブマチックSX

軽さ:
丈夫さ:
扱いやすさ:

手の小さな女性やお子さまでも使いやすいリールです。サイズが170に比べて小さく、しっかりと手につつみこむことができます。ラインは3号を標準装備しているので、細すぎず太すぎずどんなルアーでも扱いやすい仕様となっています♪

もっと詳しく

さぁ、釣りにいこう

  ブラックバスを釣ってみよう

ブラックバスは引きも強く、ルアーフィッシングの醍醐味を味わえる代表の魚で釣り人から凄い人気があります。春・夏・秋・冬と1年中釣れるという事もあり、時期を選ばず楽しめるのも魅力のひとつです♪近くの河川や野池、湖など様々な淡水湖で釣れます♪(珍しいブラックバスの管理釣り場もあります)

  今回使用するオススメのロッドは「クロスフィールド」

今回使用するオススメのロッドは?

アブマチックシリーズを初めて使うなら、同じくアブガルシアのクロスフィールド シリーズがオススメ。その中でもパックロッドである「クロスフィールド XRFC-654ML-BF-MB」が特に使いやすいです。
ベイトフィネスロッドなので2g~18gのルアーに対応しており、同じく幅広い対応力を持つアブマチックと合わせることで、シーバス、エギング、ロックフィッシュ、バス、エリアトラウト(管釣り)など、いろいろな釣りを楽しむことができます。また4ピースのパックロッドで携行性が高いため、いつも車に積んでおけることも魅力。ドライブがてら気が向いたら竿を振るなんてことができるのも、アブマチックとクロスフィールドの組み合わせならではです!

アブマチックにオススメのロッド

アブガルシア(Abu Garcia)

クロスフィールド XRFC-654ML-BF-MB

収納が便利なセミハードケース付きの4本継ぎロッドです。ベイトフィネスロッドですが、ある程度重たいルアーや仕掛けも使うことができ、(MAX18gまで対応)パックロッドなのに非常に曲りがきれいなのが特徴です。まだ釣りに慣れていないお子さまや女性の方にはもちろん、中上級者の方でもピンポイントでキャストができるキャスタビリティを持った竿です。

もっと詳しく

  セッティングしよう

クロスフィールドにラインをセットする

まずはじめにセッティングをしましょう。スピンキャストリールはクラッチと呼ばれるスイッチを押せばライン(糸)が出ます。そのラインを”ガイド”という輪っかに1つ1つ通していきます。(※通し忘れの箇所がないように注意しましょう。竿の本来の性能が発揮できなくなります。)

クラッチを押すことで、内部のピンが収納されラインを保持しなくなります。
そうすることでラインを引き出すことができるようになります。
引き出したラインを、各ガイドに通していきます。

  ドラグも調整しよう

セッティングの際にはドラグも調整しておきましょう。ドラグを調整しておくことで、思わぬ大物でもラインが切られにくくなります。アブマチック170の場合は、星型のスターホイールを反時計回りに回すことでドラグが緩みます。アブマチックSXの場合は、クラッチ上部にある黒いダイヤルを右に回すことでドラグが締まります。

  キャストしてみよう

管釣りでキャスティングする女性

セッティングができたら、キャストしてみましょう。セッティングのときと同様にクラッチを押したままにし、ラインがリリースできる状態にします。そのまま振りかぶって、前方にロッドを倒していきます。ロッドがきれいにたわんだタイミングでクラッチを離すだけ。詳しくは下記の動画で解説!

  ラインの交換方法

ライン交換は、簡単!外側のカバーを回して外し、するとラインが見えます。そうしたら後は、ラインを全て引き抜いて、新しくラインを結んで完了!!

  ライントラブルの対処法やライン交換の詳細は動画でチェック

アブマチックとロッドまとめ

アブガルシア(Abu Garcia)

アブマチック170

アブガルシア(Abu Garcia)

アブマチックSX

アブガルシア(Abu Garcia)

クロスフィールド XRFC-654ML-BF-MB

実際の釣りの様子はこちら