【2023年花粉対策特集】おすすめダイキン空気清浄機

ダイキンは花粉に強い

ダイキンは花粉に強い

鼻水、くしゃみ、目のかゆみ、不眠も引き起こす、つらい花粉症。家の中くらいは花粉を気にせずに過ごしたいですよね。各種メーカー様々な空気清浄機がありますが、花粉症でお悩みの方には<花粉に強い>ダイキンの空気清浄機がおすすめ!この記事では、ダイキンがおすすめな理由や、空気清浄機の効果的な置き方、設置場所別のおすすめ機種をご紹介します。

2023年の花粉は過去10年で最大

2023年の花粉は過去10年で最大

2023年の花粉は、特に関東、北陸、中国地方では、過去10年で最大の見込みと報告されています。しっかりと花粉対策をして、おうち時間を快適に過ごしましょう!

ダイキン空気清浄機一覧▼

ダイキンがおすすめな理由

1年中飛散する全国の花粉を無力化 ※3

16種類の花粉を無力化

ダイキンは花粉をキャッチするだけでなく、独自技術のストリーマで花粉を芯まで分解し無力化できるのが特長です。業界最多の16種類の花粉の無力化 ※3 を実証しています。
スギ花粉症の方の4人に3人が、秋のブタクサなどの雑草の花粉にも反応しているという報告もあります。「花粉シーズンじゃないから」風邪と思っていた症状は、もしかするとスギやヒノキ以外の花粉症の症状かもしれません。ダイキンなら、1年中飛散する様々な種類の花粉に対応します。

花粉を凶悪化させる有害物質も同時に対策

花粉・排ガス・PM2.5を同時に対策

花粉は山から移動する際に、大気汚染物質を吸着して都市に運ばれます。この排ガスなどの大気汚染物質が、花粉症の症状を2倍に悪化させると言われています。スギ林が少ない都市部で花粉症にかかっている人の割合が高いのは、有害物質によって凶悪化していることが原因だと考えられます。
花粉症対策には、花粉だけでなく排ガスやPM2.5などの有害物質も、同時に対策することが重要です。ダイキンは、排ガスなどの有害物質を酸化分解 ※4 。0.1μm~2.5μmの微小粒子PM2.5を99%除去 ※5 し、凶悪化した花粉も無力化します。

大風量ですばやく、効率よく吸い込む

全機種花粉モード搭載

ダイキンは大風量かつ、吸い込み口が前面3方向あるので、効率よく吸い込むことができるのが特長です。下にも吸い込み口があるので、床際もしっかりと吸い込むことができます。
さらに花粉を効率的に集塵することに特化した「花粉運転モード」も搭載しています。風量を「標準」「弱」で切換えてゆるやかな気流を起こし、花粉が床に落ちる前にキャッチしやすくします。

花粉問題対策事業者協議会認証

ダイキンは、独自技術のストリーマで花粉を99%以上除去 ※1 「花粉問題対策事業者協議会認証」 ※2 を取得しています。
花粉対策に空気清浄機をお探しの方には、花粉に強いダイキンがおすすめです。24時間365日きれいな空気で、毎日を快適に。夜もぐっすり眠りにつくことができます。

お部屋の中の効果的な置き場所

窓の向かい側の壁の隅に置く

窓の向かい側の壁の隅に置く

窓開け換気を行う場合、空気清浄機の置き場は「空気が入ってくる窓の、正面の壁の隅」が効果的です。
花粉シーズンに窓を開けて換気をする場合、どうしても花粉が外の空気と一緒に室内に入ってしまいます。侵入してきた花粉は窓の正面の壁にぶつかり、壁に沿って左右に広がっていきます。花粉が滞留しやすい、窓の正面側の隅に設置することで効率的に吸い込むことができます。また窓開け換気時は、空気清浄機の風量を大きくすることも有効です。

床に近いところに置く

床に近いところに置く

花粉は低いところに落ちるので、空気清浄機は床に置くのが効果的です。ダイキンの空気清浄機は下にも吸い込み口があるので、床に置くことで、床際もしっかりと吸い込むことができます。

吸い込み口や吹き出し口に障害物を置かない

空気清浄機の効果的な置き方

吸い込み、吹き出しを妨げないようにすることで、部屋の中に空気の流れが生まれ、部屋の空気を効率よくきれいにします。ダイキンの空気清浄機の吸い込み口は左右と前の3カ所に、吹き出し口は上面にあります。
壁からの距離は30cm以上、天井面は100cm以上が目安です。背面は壁に寄せて設置いただけます。電源コードが無理に曲がることのないように注意してください。

設置場所別おすすめ機種

玄関 リビング 寝室

玄関

帰宅時は、服や髪にたくさんの花粉が付着しています。玄関に空気清浄機を設置して、入口から花粉の侵入をブロックしましょう。

玄関におすすめの機種

MC55Z

MC55Z

玄関には、加湿機能が無く、その分コンパクトなモデルのMC55Zがおすすめです。家具のすき間や、棚の上にも置くことができるサイズ感です。小さいながら、風量や機能などはMCK55Zと同等で、非常にパワフルで頼もしい1台です。

リビング

家族がいる時間が長いリビングは、空気清浄機で常にきれいな空気を保ちましょう。リビングには、広いお部屋でもすばやく空気を循環できる、風量が大きい商品がおすすめです。

リビングにおすすめの機種

MCK70Z

MCK70Z

リビングには、31畳まで対応のパワフルな風量と、従来の2倍のストリーマ「ツインストリーマ」を搭載した、ダイキン最上位クラスのMCK70Zがおすすめです。タンクを外さずに給水ができる「上から給水」機能も搭載していて、給水やメンテナンスのしやすさも魅力です。

MCZ70Z

MCZ70Z

うるるとさらら空気清浄機

部屋干しをされる方、お部屋の湿気が気になる方は、除湿機能付きのMCZ70Zがおすすめです。加湿と除湿を自動でコントロールし、常に快適な湿度に保ちます。こちらの機種も従来の2倍のストリーマ「ツインストリーマ」を搭載しています。

寝室

寝室も空気清浄機で花粉対策をして、花粉の時期もぐっすり眠りましょう。寝室には、加湿機能付きのものがおすすめです。喉や鼻などの粘膜を保護して症状を抑える効果と、花粉が舞い上がるのを防ぐ効果が期待できます。

寝室におすすめの機種

MCK55Z

MCK55Z

寝室には、MCK70Zよりもひと回りコンパクトなMCK55Zがおすすめです。25畳まで対応のパワフルな風量と加湿機能も充実しているので、寝室だけでなく子供部屋や仕事部屋など、2台目用におすすめの機種です。

MCK50Y

MCK50Y

加湿もできて、お手頃価格のものをお探しならMCK50Yがおすすめです。MCK55Zと同じサイズで、風量や加湿量がやや控えめで、その分リーズナブルにお買い求めいただけるモデルです。22畳までのお部屋なら充分にお部屋全体の空気を清浄する、過不足ない性能を備えています。

ダイキン空気清浄機一覧

mck70z mcz70z mck55z mck50y mc55z
mck70z mcz70z mck55z mck50y mc55z

※1 約8畳試験空間での約30分後の効果。実際の使用空間での試験効果ではありません。ご使用の状況により効果は異なります。

※2 対象品番:MCZ70Z 認証番号:JAPOC-0106 取得時期:2022年7月/対象品番:MCK70Z 認証番号:JAPOC-0105 取得時期:2022年7月/対象品番:MCK55Z 認証番号:JAPOC-0104 取得時期:2022年7月/対象品番:MC55Z 認証番号:JAPOC-0103 取得時期:2022年7月

※3 花粉に含まれるアレル物質を無害な物質へ変性。試験機関:東京大学大学院 試験方法:加湿空気清浄機のプレフィルターに、抗原抽出用専用容器に入れた花粉を付着させ、空気清浄機を運転。運転開始前を1としたストリーマ照射後の吸光度比較。ELISA法で測定。 試験対象:花粉16種 試験結果:スギ4週間で99.99%低減。ヒノキ4週間で99.99%低減。アカマツ4週間で98.5%低減。クロマツ4週間で99.99%低減。イチョウ4週間で93.6%低減。ヨモギ4週間で96.9%低減。セイタカアワダチソウ4週間で98.8%低減。ブタクサ4週間で95.5%低減。ススキ2週間で99.99%低減。カナムグラ4週間で99.99%低減。シラカバ4週間で99.5%低減。ホソムギ2週間で99.99%低減。オオアワガエリ2週間で99.3%低減。ハルガヤ4週間で99.99%低減。カモガヤ2週間で99.2%低減。イネ2週間で99.99%低減。 試験機:MCK70Zと同等機種(MCK70Y)で実施。

※4 1㎥の空間での効果です。1㎥ボックスに空気清浄機および排ガス由来のVOCとしてアセトアルデヒドを投入し空気清浄機を運転。ストリーマにてアセトアルデヒドを分解したときに発生する生成物(CO₂)濃度上昇を確認。(自社評価)試験機:MCK70Zと同等機種(MCK70Y)で実施。

※5 換気等による屋外からの新たな粒子の侵入は考慮しておりません。PM2.5とは2.5μm以下の微小粒子状物質の総称です。この空気清浄機では0.1μm未満の微小粒子状物質について、除去の確認ができていません。また、空気中の有害物質すべてを除去できるものではありません。32㎥(約8畳)の密閉空間での効果であり、実使用空間での結果ではありません。 試験機:MCK70Zと同等機種(MCK70Y)で実施(ターボ運転)。 試験方法:日本電機工業会規格JEM1467 判定基準:0.1~2.5μmの微小粒子状物質を32㎥(約8畳)の密閉空間で99%除去する時間が90分以内であること。(32㎥(約8畳)の試験空間に換算した値です)