自然に囲まれ四季の移ろいを感じながら暮らす、和モダンテイスト。
日本の住まいに欠かせない畳。ゆったりと過ごせる時間。
日本の伝統の畳の良さと伝統を継承し進化し続けるデザインにマッチした畳。落ち着いた和の空間の雰囲気を壊さず、
年々、味が出て、温もりがある高級床材。
深みある色合いに、木の素材感を豊かに主張、住空間を鮮やかに演出。

襖ではなく引き戸を使う

襖は和風のイメージが強く、モダンを表現するのにはNG。 木の引き戸など、古典的なものを選ぶとモダンさが引き立ちます。
上品な印象には低彩度の色を使用したカラーコーディネートがお薦め。 又、しっとりとした黒は和風空間似合い、アクセントとして使うと引き締まった印象に。

部屋の雰囲気と居心地を変える魔法の「置き畳」

夏はさらりと涼しく、素肌や素足で触れて気持ちよく、 モダンテイストに畳を置くだけで部屋の表情が豊かになり、 和の寡黙さなど、さまざまな表情が。