ゲルソン療法とは?



ゲルソン療法とは、ドイツ人医師のマックス・ゲルソン医学博士が開発した食事療法で日本の様々な医師・団体などが推奨しています。
人参ジュースを毎日たくさんの量を飲むことを推奨しております。
人参は米国国立ガン研究所が発表した「デザイナーフーズプロジェクト」で重要度の高い食品として位置づけられ、大量に摂取する為にジュースにします。


※ゲルソン療法は民間療法で通常医療ではありません。
※ゲルソン療法を行う場合についてはかかりつけの医師にご相談下さい。



人参ジュースを続けたい方のお手伝いをします!



ゲルソン療法にも用いられている人参ジュースがいいと聞くけどどのようなものなのか?
どのくらい人参ジュースを飲めばいいのか?
どのようなやり方があるのか?

そんなお悩みやご心配をお気軽にご相談下さい。
20年間にんじんジュースを飲まれている方に寄り添ってきたピカイチ野菜くんの専門スタッフが、お客様の体験談などをもとにサポートさせて頂きます。








人参ジュースを飲む為の3つの方法



1. スロージューサーで人参ジュースを搾る

低速回転で石臼のように搾ることにより、摩擦熱の発生を抑えて、酵素や栄養素をできるだけ壊さずにジュースを作ることが出来るスロージューサー・低速ジューサーを使って、人参ジュースを搾ります。

スロージューサーで搾って飲まれる人はたくさん飲まれる方は「1日 1リットル以上」ですが、あくまでも弊社調べで平均的に「約 300〜400ml 」飲まれています


2. 冷凍ジュースで人参ジュースを飲む

スロージューサーで搾ることが出来ない方や、搾るのをたまにはお休みした方にオススメ。
冷凍といっても流水解凍をするだけ。ピカベジジュースは1パック100mlとなっており、少量ずつ飲まれたい方にはピッタリです。

冷凍ジュースで人参ジュースを飲まれる人は、あくまでも弊社調べで平均的に「約 100〜200ml 」飲まれています


3. 常温ジュースで人参ジュースを飲む

スロージューサーで搾ることが出来ない方や、搾るのをたまにはお休みした方にオススメで、ピカベジジュースは1本の瓶に900ml入っており、多めに飲まれたい方にピッタリです。

常温ジュースで人参ジュースを飲まれる人は、あくまでも弊社調べで平均的に「約 200〜300ml 」飲まれています






人参ジュースの継続をサポートします



20年間にんじんジュースを飲まれている方に寄り添ってきたピカイチ野菜くんの専門スタッフにお気軽にご相談下さい。
たくさんのお客様の体験などを元に、出来る限りサポートさせて頂きます。



【フリーダイヤル】 0120-09-1831
平日 9:30〜18:00 (定休日:土日祝)
※木曜のみ 10:00〜18:00
【メール】 info@pika831.com



◆ スロージューサーのメンテナンスします ◆

スロージューサーのメンテナンスもおまかせ下さい!
ピカイチ野菜くんは専門のスタッフが常駐!詳しくはお気軽にお問合せ下さい!






人参ジュースにおすすめ商品





人参を搾るといっても安全安心で生産者の顔が見れて、農薬や化学肥料などを使っていない人参がいいですよね。
そんな方におすすめです!
りんご・レモンとのセットもございます。

 >> 農薬・化学肥料不使用にんじんを見てみる

 >> 人参・りんご・レモンのセットを見てみる





せっかくジュースを搾るならジュースと繊維を分離して、なるべく酵素や栄養素をこわさない方という方おすすめです。
ピカイチ野菜くんならすぐに搾れる野菜セット特典付き!

 >> スロージューサー・低速ジューサーを見てみる





無添加で手搾りに近いコールドプレス製法で搾った1パック100mlずつの冷凍ピカベジジュース。
人参はもちろん農薬・化学肥料不使用にんじんを使用。
様々な味をご用意しております!

 >> 冷凍ジュースを見てみる





無添加で手搾りに近いコールドプレス製法で搾った大容量タイプと持ち運び飲み切りタイプの2種類ある常温ピカベジジュース。
人参はもちろん農薬・化学肥料不使用にんじんを使用。 2種類の飲み口がから選べます!

 >> 常温ジュースを見てみる









【フリーダイヤル】 0120-09-1831
平日 9:30〜18:00 (定休日:土日祝)
※木曜のみ 10:00〜18:00
【メール】 info@pika831.com