釣具のポイント東日本 yahoo!店

秋・冬の醍醐味

日本には、各地方・地域により、異なる釣法が数多存在します。その中には、同名の異なる釣法が存在し、落とし込み釣り”と“泳がせ釣りも、そのうちの一つです。例えば、岸からの落とし込み釣りといえば、クロダイ狙いの釣りとしても有名です。また、基本的な理論は同じでも、泳がせ釣りは海や川、船それぞれで大きく異なります。
さて、今回はその中でも最も豪快な船からの青物狙いの落とし込み釣り・泳がせ釣りをご紹介します!

〈ターゲット〉

青物(アオモノ:ブリ・ヒラマサ・カンパチ)
その他、ヒラメ・ハタ・クエ・etc.

強烈な引き+最高の食味

ターゲットである青物は、10kgクラスが釣れることもあるので、なんといっても夢があります!
しかし、船釣り・大物釣りというだけで、初心者にはハードルが高そう…そう感じますよね。ところがそんなことはありません!
近年の電動リールはコンパクト&パワフル!中型といわれる電動リールでも、モンスター級とも対峙できるのですから、釣り具の進化の恩恵にであることに他ありません。
青物落とし込み・泳がせ釣りは、今や経験・性別問わず全ての人が楽しめる釣りなのです!


〈シーズン〉

エリアによっては大変人気のある釣りであるため、船宿さんへの予約はかなり余裕をもって行わなければならない場合もあります。

※シーズンは目安です。


秋ごろから本格化する青物釣りは、季節の風物詩的なものでもあります。
強烈な引きを楽しみ新鮮な旬の幸を頂ける、まさにスポーツの秋・食欲の秋を一度に満喫できるのも、大きな魅力です。

タックルCheck!!

〈落とし込み釣り〉

九州発祥の落とし込み釣りは、近年西日本以外でも認知されるようになり、船釣りの中でも人気の釣法です。
仕掛けは主に太めのサビキ仕掛けとオモリだけで、電動リールと船竿を使用します。一見何の変哲もない仕掛に見えますが、特筆すべき点は、仕掛け投入から着底までの間にエサを掛けそのまま本命を狙いに行くというシンプルなプロセスです。エサとなるのは、イワシやアジ、サバなどの小魚。
竿は、6:4調子の船竿も流用出来ますが、やはり落とし込み釣り専用のものがお勧めです。専用の竿は強烈な青魚の引きに負けないしなやかな胴と、餌の小魚の付きが分かりやすく食い込みの良い繊細な穂先を持ち、快適に大物狙いが楽しめます。

〈泳がせ釣り〉

関東発祥とされる泳がせ釣りは、落とし込みと同じくイワシ・サバ・アジ等の活き餌を使います。
鉤に掛けられたエサが泳ぐことでターゲットにアピールするといった、食物連鎖を原理として取り入れた釣法です。エサを泳がせて釣ることから、“泳がせ釣り”と呼ばれますが、青物がエサを丸呑みすることから、のませ釣りともよばれます。
使用するエサに関しては、乗船後に実際に釣って確保する場合や、別料金で船宿さんが用意してくれる場合もあるので、予め事前確認が必要です。

#鉤はずしにも便利なプライヤーを見る

※地域やその時の環境状況により、準備する仕掛けやオモリも変化します。
事前にご利用になる船宿さんに確認しておきましょう。


〈電動リール&バッテリー〉

電動リールは、外部から電源をとる仕組みとなっております。
つまり、本体に電池が内蔵されているわけではないので、通常であれば、船の定位置に電源を繋ぐ個所があり、そこから送電させます。
ところが、釣り用品の中には電動リール専用バッテリーというものがあります。船から送電できるにもかかわらず、バッテリーを別途用意する意味とは一体何でしょう?
これは、電動リールの能力を最大限に引き出すという点が大きな理由です。船のエンジンで発電される電流は、必ずしも安定しているとは言い切れません。
遊漁船の電源は、照明や魚群探知機などにも電力を割いており、釣り座によっても供給される電力が変わる場合があります。特に、船がアイドリングをしているタイミングでは供給電圧が小さくなっているため、船中で同時に大物がヒットした時等にリールの要求電力をまかなえず、主電源から離れた釣り座では巻き上げができない事もあります。
これに対して、バッテリーは適切かつ安定した電圧をリールに供給できるため、よりモーターの力を最大限に引き出せるのです。絶対に必要ではないものの、あると大変安心という逸品なのです。
※お求めをご検討の場合は、リールとの互換性を確認しましょう。

#電動リール用バッテリーを見る

釣り方Check!!

〈落とし込み釣り〉

1.仕掛け投入

仕掛を投入すると同時に勝負開始です。
船長の合図で仕掛けを投入します。この時船長がエサとなる小魚がいる層(タナ)を教えてくれますので、その深さ付近で仕掛けを落とす速度を緩めます
これは、仕掛けに魚を掛けるためで、確実に掛けて確実に落とし込むための速度調整がポイントとなります。

2.まずはエサを付ける!

仕掛けがエサとなる小魚のタナに入ると、プル!プル!とエサが仕掛けに掛かるのがわかりますので、そのまま底まで落とします。
ここはスピード勝負なので、極力止めることなくこのプロセスを行います。しかし、エサとなる魚の口は柔らかいため、急降下させると外れてしまうので注意が必要です。
小魚が掛からない場合は、エサのいるタナで仕掛けをゆっくり上下させて誘いをかけるか、一旦エサのタナ上へ巻き上げて再びベイトのタナへ落とすなども有効です。
それでもエサ付きが悪い場合は、仕掛けのサイズが状況に適していないことも考えられます。様々な状況に対応できるように、仕掛けを数パターン用意しておきましょう。

3.本命は底に⁉

仕掛が着底すれば、あとは待つだけ…というわけではありません。底から50cm~1m仕掛けを巻き上げてから、本命のアタリを誘います。
こまめに底に落としては仕切り直し、レンジ(深さ)を調整しましょう。
ベイトの付いた瞬間や、着底直後にヒットする事もあるので、いつ大物が来てもいい様に、ドラグ調整は仕掛投入前に確認しておきましょう
アタリがない場合は、上下に動かして変化を加えてみましょう。エサの鮮度、または仕掛からエサが外れていないかという点も、チェックポイントです。
アタリがあれば、慌てずに本アタリが出るまで待ち、グッと竿が大きく絞り込まれたら、しっかり合わせて一気に巻き上げます


〈泳がせ(のませ)釣り〉

1.エサ付け

まず、仕掛に生き餌を付けます。アジやイワシなどの場合は、上あごの固い部分か、鼻に親鉤を掛け、孫鉤がある場合は肛門付近に刺します。
エサの活きの良さは釣果に大きく左右するため、なるべく弱らせない様に心がけましょう。 素手で直に触るのを避けるため、生き餌用のネットを使い、出来るだけ海水から出さずに素早く鉤付けを行うようにします。

2.仕掛投入

仕掛けを底まで落とし込み、底から50cm~1m巻き上げたところでアタリを待ちます。深さの指示がある場合は、その深さまでサミング(親指で回転するスプールに軽い押さえを与えること)しながら仕掛けを落とし込みます。
アタリが出ない時は、再び底まで仕掛けを落とし、仕切り直しを図ります。落とし込み釣り同様、エサの鮮度は釣果に大きく影響するので、もしも自分だけ無反応という場合は、エサをチェックしてみましょう。

2.即合わせ厳禁

確実に餌に喰い込んだのを確認してからの合わせとなりますので、竿先に反応があっても確かな引きが出るまで待ちます
穂先が小刻みに震える前アタリは、餌が大型魚におびえて逃げ回っている状態です。ここではあわせずに、竿先が大きく引き込まれる本命のアタリが出るまで焦らず待ちましょう。
小刻みなアタリから、グン!と竿が引き込まれたらしっかりと合わせます。確かな手ごたえを感じたら、そのまま一気に巻き上げましょう!


まとめ

釣った魚は、帰港までは船内の生け簀で活かしておき、下船前に船長が締めてくれるので、ベストな状態で持ち帰ることができます。
ハイシーズンには、10kgクラスの青物を狙うこともできる豪快な釣りですが、仕掛けや釣り方は非常にシンプルで、初心者の方でも手軽に大物を手にすることが出来る側面も持ち合わせています。
落とし込み釣りについて言えば、エサをプル!プル!と掛けてそのまま底に落とし込み、ギューン!と大物を掛ける釣り方は、一度体験するときっと癖になります。
泳がせ釣りも、人生を変えてしまう様な超大物と出会う可能性があるため、多くの釣り人を魅了してやまない釣りです。
これまでの釣り経験にない刺激・獲物・ファイト…そういうものを欲している釣り人から、船釣り初心者の方にお勧めいたします!
   

おすすめコンテンツ