スタッフが使ってみました

スタッフが使ってみました > iPhoneを自動バックアップ!(商品番号:400-ADRIP010W)
お悩み解決

iPhoneのバックアップしていますか?

バックアップするメリットは?


iPhoneをなくした時や、修理や機種変更時にバックアップを取っておかなければ、連絡先や、
想い出の写真データなど、すべてのデータが消えてしまいます。
バックアップを取っておけば、もしもの時も大切なデータをiPhoneに戻すことが可能です。

バックアップってどうするの?


iPhoneのバックアップは3通りあります
【A】iTunesを使ってパソコンにバックアップ →詳しい手順はこちら
【B】iCloudを使ってバックアップ →詳しい手順はこちら
【C】Qubiiで充電しながらバックアップ →詳しい手順はこちら

パソコンは持っていないし、iCloudもややこしそう…という方には
【C】の「Qubii」を使ったバックアップ方法がおすすめです。

Qubiiで簡単にバックアップ!


1.iPhoneとQubiiとmicroSDカードを用意します
2.iPhoneにアプリをインストールします
3.QubiiにmicroSDカードを差し込んで、充電を開始



一度、設定してしまえば、毎日充電するたびに、自動でバックアップが開始されます!
※Qubiiでバックアップ可能なのは、写真・動画、連絡先です

使い方を動画でチェック!




もっと詳しい使い方を見る

iTunesを使ってパソコンにバックアップする手順


手順①iPhoneとパソコンをつないで、iTuneを起動します
手順②iPhoneのアイコンマークをクリックします
手順③レフトナビの概要>バックアップ欄の「このコンピューター」にチェック>「今すぐバックアップ」をクリックします
手順④バックアップの進行状況が表示されるので、終了するまで待ちましょう

iCloudを使ってバックアップする手順


手順①iPhoneのWi-Fiをオンにします
手順②ホーム画面の「設定」>「iCloud」を選択します
手順③AppleIDでサインインしたのち、「バックアップ」を選択します
手順④「今すぐバックアップを作成」を選択すると、進行状況が表示されるので、終了するまで待ちましょう

比較してみました


バックアップを作成する場所
【A】iTunes:MacやWindows本体
【B】iCloud:クラウド上に保管
【C】Qubii :microSDカード

バックアップできる容量
【A】iTunes:パソコン本体のストレージの空き容量による
【B】iCloud:最大2TB(無料では5GBまで)
【C】Qubii :最大256GBまで

バックアップの作成方法
【A】iTunes:パソコンに接続して作成
【B】iCloud:Wi-Fiに接続して作成
【C】Qubii :充電するだけで自動作成


いかがでしたでしょうか?
これで万が一の時にも大切なデータを復元することができます。


※この記事は、2019/6/1 に作成されたものです。