春財布特集

みなさんは、「春財布」という言葉をご存知でしょうか?
「春財布」とは、“『春』の時期に買い替えた財布”のことで、財布がパンパンに張る(財布が膨れるくらい
お金が入ってくる)にちなんで、金運を呼び込んで縁起が良い財布であるとされています。

新調にぴったりな、区切りの春。

では『春』とはいつなのか?
これには諸説ありますが、旧暦では冬至が暦を計算する上での起点となるので、冬至を過ぎればもう
『春』とする考え方もあります。
※冬至(12月21日頃)~雨水(2月18日頃)

他には、立春を過ぎてからが『春』であるとする考え方もあります。
※立春(2月3日頃)~啓蟄(3月5日頃)

このどちらの考え方も春財布としては良く、さらにはどちらも年末・年度末となる区切りの時期ですので、
新しい年の始まりに合わせて財布を新調する、という意味ではどちらも「春財布」に適していると言えます。
この期間に財布を新調すれば、金運はさらにアップするかもしれません。

さらに、『春』の期間中の特に、「財布を使い始めると縁起が良い吉日」というものがあります。

財布の使い始めに適した吉日は?

初めて春財布を使い始める日にも適した吉日があり、次の日が、より適しているとされています。

・天赦日
日本の暦の上で最上の吉日であると言われています。何かをスタートするのに最上の吉日ですので、
新たな財布を使い始めるタイミングとしては最適な日と言えるでしょう。
・一粒万倍日
一粒の籾(もみ)が万倍にも実るという意味で、お金が何倍にも増えると言われます。金運アップには
とても縁起の良い吉日です。
・寅の日
『虎は千里往って千里還る』と言われ、お金を使っても戻ってくる、とされています。
・巳の日
弁財天に縁のある日とされ、金運に関してとても縁起の良い日と言われています。

さらに、これらの吉日がいくつも重なる日はさらに縁起が良いとされており、『春』の時期で以下の吉日は
財布を新たに使い始めるのに最も縁起の良い日となります。

2020年1月22日(水)天赦日+一粒万倍日

2020年2月5日(水)天赦日+寅の日

2020年4月5日(日)天赦日+寅の日

2020年のうち、上記の3日は、財布を買うのに『特に縁起の良い日』となっておりますので、
ぜひこの3日に合わせて、春財布を新調してみてはいかがでしょうか?

キャッシュレスに合わせて、
コンパクトなお財布を。

可愛いフォルムと、くるみボタンがアクセントになったデザインで、実店舗でも人気商品です。
ポシェットにも入る小ささで、ちょっとした外出にも十分なサイズです。
シックなデザインで、手のひらにすっぽりと収まるコンパクトなコインケースです。
中仕切りのフリーポケットにお札も畳んで入れられ、緊急時にも便利です。
厚みわずか約1.5cmの超スリム二つ折り財布です。
革はイタリア最高級革のエルバマットを使用し、革本来のマットな質感と艶が感じられます。
最低限のお札、小銭、カードを持ち歩くための小型財布です。
緊急用の小銭だけを持ち歩くのにちょうど良い、手のひらサイズの小銭入れ。
小銭を30枚収納しても厚み約2.5cmなのでかさばらず、取り出しやすいボックス型が便利でオシャレです。

縁起の良いこのタイミングに、
ペアでお財布を揃えてみませんか?

PAIR WALLET

ネーム刻印サービス

NAME CARVED

ネーム刻印サービス

札幌革職人館では、お名前や記念日を刻印できる「ネーム刻印サービス」を承っております。名前が刻印されていることにより、オーダーメイドのような特別感を演出できます。