DTMとは?

DTMとは?

DTMとはDesk Top Music(デスクトップミュージック)の略で、パソコンを使用して音楽を作成編集する事の総称です。
DTP(デスクトップパブリッシング)をもじって作られた和製英語で、海外ではコンピューターミュージックと呼ばれています。
「楽器が演奏出来なくても、マウス操作で作曲が出来る。」「楽器を弾ける方は演奏の録音や編集が簡単に出来る。」等DTMを使えば誰でも自分のスタイルで音楽を楽しむ事が出来ます。

パソコン(OS)の種類について

DTMを始める為にパソコンを用意する方は以下を参考にお選びください。
パソコンは大きく分けてMacとWindowsの2種類がります。

Mac

iPodやiPhoneでおなじみのApple社が開発から発売まで全て独自で行っているパソコンです。Apple社以外では発売されていません。

すべての商品がApple製の為、機種によるソフトの対応/非対応がほぼ無い。

Windowsと比較した場合、Mac対応のソフトが若干少なめ。

Windows

MicroSoft社が開発したWindowsOSがインストールされているパソコンの総称です。Macと異なり、様々なメーカーから発売されています。

パソコン本体は自作が可能など自由度が高い為Macに比べ比較的安価に手に入る。

Macと異なり機種別に内蔵されたマザーボードやチップセットが異なるため、相性によってはソフトの選び方に制約が出る場合があります。

それぞれにメリット・デメリットがありますが少し前までは音楽制作にはMacがよいとされていました。
理由はMacの方が対応ソフト多く、使い勝手が良かったためです。
現在はWindowsでもMacでも使用できるハイブリッドソフトが多くなっており、
ほとんどのパソコンでDTMを楽しめる時代となっています。
MacでもWindowsでもどちらでも良いと言う方は、まず使用するDTMソフトを選び、その動作環境に合ったパソコンを入手するのも良いでしょう。

DTMを始める為には何が必要になるの?

DTMを始めるには何が必要なのか?オーディオインターフェイスって?MIDIって?スタートラインがわからず始められない方も多いのでは?
ここでは最初に基本的なシステムを紹介します。必須アイテムは

  1. パソコン本体
  2. DTMホストアプリケーションソフト
  3. オーディオインターフェイス
  4. スピーカー(またはヘッドホン)

の4点です。すでにパソコン本体やスピーカー・ヘッドホンをお持ちであれば、「DTMホストアプリケーションソフト」と「オーディオインターフェイス」の2点を揃えればOK! それぞれの機材の詳細はまた後ほど・・。
まずは代表的なセッティング例をご紹介します。

代表的なシステムセッティング例

MIDIとオーディオについて

MIDI

MIDIデータ例

DTMを少し調べるとMIDIと言う用語をよく見かけます。
MIDIとは”Musical Instrument Digital Interface”の略で鍵盤や電子ドラム等を演奏した際の 音の強弱など演奏情報を伝達する規格です。
MIDIはシーケンサー(楽曲制作ソフト)での打ち込み等で主に使用されます。MIDIで打ち込まれた情報は音(オーディオ)で録音されるわけではなく、あくまでも演奏をした情報データを記録していますので、あとから音程や音の長さなど細かい部分を直すことも出来ます。
また、割り当てる音源を変更することも可能です。例えば作曲当初はピアノで録音していたパートを 曲のイメージを変える為にフルートに変更する等もMIDIなら簡単に行えるのです。

オーディオ

オーディオデータ例

オーディオとは、私たちが実際に耳にしている生の音の事です。
オーディオを録音した場合、ギターやマイク等のサウンドがそのまま録音される為、MIDIの様に極端な変更は後から行うことは出来ません。
これだけを聞くとパソコンでの楽曲制作はMIDIばかりを使えば良いのでは?と感じるかもしれませんが、 オーディオ録音には直接楽器を演奏するからこそ得られる臨場感や空気感があるため、迫力あるサウンドを再現できます。
例えばドラムはMIDIの打ち込み、ギターは自分で演奏する等、パート別にMIDIとオーディオを組み合わせて音楽を作成していく事が 現代の楽曲制作(DTM)の基本となっています。