シャツ工房グループ ONLINE SHOP >優しく、軽く、ダブルガーゼウィメンズシャツ

オン・オフで活躍するふんわりと柔らかいシャツ

抜群の通気性でふんわりとした柔らかさを!

ガーゼ生地の最大の特徴は、一般の生地と比べて目が粗いため空気が通りやすく、通気性に優れているということ。
また吸湿性も良いので、汗をかきやすい春夏には特におすすめです。さらに「BRICK HOUSE by Tokyo Shirts」のガーゼシャツは、
形態安定を施してあるのでお手入れもしやすく、UVカット仕様で紫外線への対策もしっかりと施してあります。
毎日のお洒落に手を抜かない女性にピッタリのシャツです。

ふんわりと柔らかいのでオールシーズン着られる

「BRICK HOUSE by Tokyo Shirts」のダブルガーゼシャツは ガーゼ生地を二枚重ねにした仕様なので、生地の強度をアップしながら、ふんわりとした感触が味わえます。表と裏の生地の間に空気層が生まれるため、一枚の時よりもふんわりとした風合いに。女性の場合、夏場のオフィスなどではクーラーの効きすぎで寒いと感じることもよくあるもの。ダブルガーゼシャツならば、カーディガンなどを羽織るなどして風通しを防げば、体の体温から出てきた温かい空気がキープされ、暖かな着用感になります。

汗ばむ春夏シーズンでも、
ガーゼならでは柔らかな風合いで、
通気性抜群のサラッとした着心地が楽しめます。
七分袖は手首を見せることで、着やせ効果もあり、
また生地はUVカット加工も施されているので、
お肌への大敵の紫外線からもしっかりとガードします。

二枚のガーゼの間に空気層が生まれるので、
カーディガンなどを羽織るなどして風通しを防げば、
体温の暖気が衣服内にとまり、暖かな着用感を実現します。
またふんわりとした着心地で、肌触りも優しいため、
秋冬も活躍してくれます。
夏場はもちろん、通年使える優秀なアイテムです。

バリエーションも豊富

  • 七分袖
    シャツタイプ

  • 七分袖
    スキッパータイプ

  • 七分袖
    スタンドタイプ

  • 七分袖
    チュニックタイプ

  • 長袖
    ロングシャツタイプ

オフィスからカジュアルまで様々に着回せて大活躍!

ガーゼ生地の特性から、ややカジュアル感はありますが、衿付きのデザインでキチンと感もキープ。ジャケットやニットカーディガンを合わせたオフィススタイルから、休日のリラックスしたコーディネートまで合わせやすいのがポイントです。色や柄のバリエーションも多いので、自分らしいスタイリングを楽しむことができます。

 おすすめコーディネート

七分袖シャツタイプ

イエローが映える色使いを意識して

柔らかなイエローのシャツに、エメラルドグリーンのロングスカートを合わせれば、春らしい着こなしに。スニーカーやボストン型の
メガネなど、ブラック系の小物をセレクトして引き締め感アップ。アクティブさと女性らしさが同居したスタイリングでも楽しめます。

メガネ32,000円(プロポデザイン/G.B.ガファス*03-6427-6989)、カーディガン6,996円(ファビア/オットージャパン*0120-703-816)、
バングル27,000円(トロールビーズ/トロールビーズジャパン*0120-142-555)、スカート12,000円(スアデオ/ピーチ*03-5411-2288)、
スニーカー10,800円(ニューバランス/ABC-MART インフォメーションダイヤル*03-3476-5448)

CHECK NOW

大人女子らしいチェックシャツ姿を

一枚で華やかなチェックシャツには、ワイドな七分丈のホワイトスラックスを合わせれば、大人らしいオフィスカジュアルスタイルに
なります。メタリック感漂うパンプスを合わせて、上品さをキープ。スタイリッシュな見た目でありながら、通勤もラクチンです。

バッグ19,000円(アルマ トヌッティ/プリマクレール・アタッシュプレス *03-3770-1733)

CHECK NOW

女っぷりをあげるシンプルな着こなし

ホワイトのガーゼシャツ&ワイドパンツの純白コーディネートに、ネイビージャケットを合わせたミニマルなコーディネート。
シンプルでありながら、仕事のできる女性に見せてくれます。パイソン柄のバッグが良いアクセントになります。

バッグ6,990円(イェッカ ヴェッカ/イェッカ ヴェッカ 新宿*03-3349-5648)、
デニムパンツ4,990円(アー ス ミュージック&エコロジー/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード*03-3349-5676)

CHECK NOW

ブルーを基調に涼やかな誠実さを

発色のきれいなブルーシャツは、ボリュームのあるホワイト×ブルーのスカートと合わせて、爽やかにコーディネート。
スカートの縦ストライプがスッキリとした見た目を作り上げてくれます。
キャメルのバッグとゴールドのコンビ靴をセレクトすることで、きっちり感も保たれます。

スカート23,000円(リナシメント/三欧通商*06-6202-7772)、バングル55,500円(トロールビーズ/トロールビーズジャパン*0120-142-555)、
バッグ7,996円(ファビア/オットージャパン*0120-703-816)、シューズ23,000円(ピコリノス/ピコリノス・スピンラボ*03-6721-0671)

CHECK NOW

春風を運ぶ柔らかい色使い

ややカジュアル感のあるブルー×レッドのチェック柄ですが、スクエアシルエットのスカートを合わせれば、
オフィス仕様のスタイリングにチェンジします。柔らかな暖色系の色合わせで、暖かい春を予感させる着こなしになります。

スカート5,996円(ファビア/オットージャパン*0120-703-816)、バッグ6,990円、
パンプス10,990円(ともにイェッカ ヴェッカ/イェッカ ヴェッカ 新宿*03-3349-5648)

CHECK NOW
七分袖スタンドカラーシャツタイプ

スタンドカラーで女性らしい可憐さを

ドレッシーなスタンドカラーはガーゼ生地にすることで、程よい柔らかい印象に。お仕事スタイルに違和感なく取り入れるなら、
アイテムの数を抑えて、抜き衿調に着こなすのがコツ。キレイ目なホワイトパンツと好相性で、
ワンランク上のオフィスカジュアルになります。

デニムパンツ8,900円(ドクターデニム/ザ センス*03-5579-2595)

CHECK NOW

春色コーデをすっきり見せるスタンドカラーシャツ

エネラルドグリーンのカーディガンにブルーのプリーツスカート、イエローのパンプスと春色をふんだんに使った組み合わせで、
ホワイトシャツの爽やかさを引き立たせています。多色使いのコーディネートはスタンドカラーを選ぶことで、
すっきりした印象に仕上がるのでおすすめです。

カーディガン10,000円(モアプラス/ピーチ*03-5411-2288)

CHECK NOW
七分袖スキッパーカラーシャツタイプ

爽やかさ全開のブルーのグラデーション

ブルーのストライプシャツを活かした、ブルーグラデーションで全体をまとめた鉄板コーディネート。春から夏にかけて、涼しさと大人らしさ
を両立した着こなしになります。スカイブルーのミニバッグと袖のワンロールが、スタイリング全体にこなれ感を演出してくれます。

メガネ33,000円(アヤメ/G.B.ガファス*03-6427-6989)、パンツ2,990円(アース ミュージック&エコロジー/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード*03-3349-5676)、バッグ6,900円(クリード/クリード プレスルーム*03-5720-6707)、パンプス17,000円(ジュールエジュール/アカクラ*03-5464-2758)

CHECK NOW

ビジカジスタイルに最適な大人ギンガム

ダークトーンのギンガムチェックシャツは、ホワイトのパンツとの相性が抜群。シンプルな組み合わせですが、メガネと2トーンの
ウィングチップシューズで、トラッドな雰囲気をプラスしてくれます。春夏のオフィスシーンにぴったりなメンズライクな着こなしです。

メガネ29,000円円(エイチフュージョン/G.B.ガファス*03-6427-6989)、デニムパンツ8,900円(ドクターデニム/ザ センス*03-5579-2595)

CHECK NOW
七分袖チュニックタイプ

爽やかストライプで大人マリンを漂わす

単調になりがちな白ベースのスタイリングですが、チュニックシャツでストライプの面積を増やせば、コーディネートに深みが出せます。
さらに、ワンポイントでボリュームのあるゴールドのブレスを入れると全体がこなれた印象に。
街中でもマリンテイスト溢れる着こなしの完成です。

インに着たタンクトップ1,800円(ロバート ピー.ミラー/GIS アブロス*03-6661-9163)、パンプス17,000円(ジュールエジュール/アカクラ*03-5464-2758)

CHECK NOW

甘さを抑えて好バランスに

ボリューミーなチュニックシャツは甘めの雰囲気になりがちですが、足をキレイに見せるスキニージーンズで大人の女性らしさを表現。
さらにインナーに濃色のカットソーを加えて、首元を見せることでカジュアルな装いながらも、大人っぽく仕上がります。

インに着たタンクトップ1,800円(ロバート ピー.ミラー/GIS アブロス*03-6661-9163)、バッグ27,000円(フーシ フェルナーレ/スギタニ大阪本社*06-6629-6936)、
デニムパンツ2,990円(セブンデイズサンデイ/セブンデイズサンデイ マークイズみなとみらい*045-319-6977)、
パンプス10,990円(イェッカ ヴェッカ/イェッカ ヴェッカ 新宿*03-3349-5648)

CHECK NOW
長袖ロングシャツタイプ

着こなしの幅が広がるロングシャツを有効活用

ロングシャツをカーディガン風に羽織る着こなしは、この春に挑戦したいスタイル。前立てボタンを留めてプレーンに、開けてラフにと、
着こなし方も自在です。ブラックジーンズで引きしめて、差し色としてレッドパンプスをセレクトすれば、
オフィスから街着まで幅広く対応してくれます。

インに着たタンクトップ1,800円(ロバート ピー.ミラー/GIS アブロス*03-6661-9163)、デニムパンツ10,900円(ドクターデニム/ザ センス*03-5579-2595

CHECK NOW

カジュアルな気分のオフィスワークの日には

キレイめなストライプのロングガーゼシャツをオフィスで着用するなら、色落ち加工を施したスキニージーンズで品良く
カジュアルダウンがおすすめ。足元は黒のパンプスで引き締めることで、オンスタイルとしても活躍します。

デニムパンツ8,900円(ドクターデニム/ザ センス*03-5579-2595)

CHECK NOW
GAUSE SHIRT オン・オフで活躍するふんわりと柔らかいシャツ

抜群の通気性で
ふんわりとした柔らかさを!

ガーゼ生地の最大の特徴は、一般の生地と比べて目が粗いため空気が通りやすく、通気性に優れているということ。 また吸湿性も良いので、汗をかきやすい春夏には特におすすめです。さらに「BRICK HOUSE by Tokyo Shirts」のガーゼシャツは、 形態安定を施してあるのでお手入れもしやすく、UVカット仕様で紫外線への対策もしっかりと施してあります。 毎日のお洒落に手を抜かない女性にピッタリのシャツです。

ふんわりと柔らかいので
オールシーズン着られる

「BRICK HOUSE by Tokyo Shirts」のダブルガーゼシャツは ガーゼ生地を二枚重ねにした仕様なので、生地の強度をアップしながら、ふんわりとした感触が味わえます。表と裏の生地の間に空気層が生まれるため、一枚の時よりもふんわりとした風合いに。女性の場合、夏場のオフィスなどではクーラーの効きすぎで寒いと感じることもよくあるもの。ダブルガーゼシャツならば、カーディガンなどを羽織るなどして風通しを防げば、体の体温から出てきた温かい空気がキープされ、暖かな着用感になります。

汗ばむ春夏シーズンでも、 ガーゼならでは柔らかな風合いで、 通気性抜群のサラッとした着心地が楽しめます。 七分袖は手首を見せることで、着やせ効果もあり、 また生地はUVカット加工も施されているので、 お肌への大敵の紫外線からもしっかりとガードします。

二枚のガーゼの間に空気層が生まれるので、 カーディガンなどを羽織るなどして風通しを防げば、 体温の暖気が衣服内にとまり、暖かな着用感を実現します。 またふんわりとした着心地で、肌触りも優しいため、 秋冬も活躍してくれます。 夏場はもちろん、通年使える優秀なアイテムです。

バリエーションも豊富

  • 七分袖
    シャツタイプ

  • 七分袖
    スキッパータイプ

  • 七分袖
    スタンドタイプ

  • 七分袖
    チュニックタイプ

  • 長袖
    ロングシャツタイプ

オフィスからカジュアルまで
様々に着回せて大活躍!

ガーゼ生地の特性から、ややカジュアル感はありますが、衿付きのデザインでキチンと感もキープ。ジャケットやニットカーディガンを合わせたオフィススタイルから、休日のリラックスしたコーディネートまで合わせやすいのがポイントです。色や柄のバリエーションも多いので、自分らしいスタイリングを楽しむことができます。

 おすすめコーディネート

七分袖シャツタイプ

イエローが
映える色使いを意識して

柔らかなイエローのシャツに、エメラルドグリーンのロングスカートを合わせれば、春らしい着こなしに。スニーカーやボストン型のメガネなど、ブラック系の小物をセレクトして引き締め感アップ。アクティブさと女性らしさが同居したスタイリングでも楽しめます。

メガネ32,000円(プロポデザイン/G.B.ガファス*03-6427-6989)、カーディガン6,996円(ファビア/オットージャパン*0120-703-816)、バングル27,000円(トロールビーズ/トロールビーズジャパン*0120-142-555)、スカート12,000円(スアデオ/ピーチ*03-5411-2288)、スニーカー10,800円(ニューバランス/ABC-MART インフォメーションダイヤル*03-3476-5448)

CHECK NOW

大人女子らしい
チェックシャツ姿を

一枚で華やかなチェックシャツには、ワイドな七分丈のホワイトスラックスを合わせれば、大人らしいオフィスカジュアルスタイルになります。メタリック感漂うパンプスを合わせて、上品さをキープ。スタイリッシュな見た目でありながら、通勤もラクチンです。

バッグ19,000円(アルマ トヌッティ/プリマクレール・アタッシュプレス *03-3770-1733)

CHECK NOW

女っぷりをあげる
シンプルな着こなし

ホワイトのガーゼシャツ&ワイドパンツの純白コーディネートに、ネイビージャケットを合わせたミニマルなコーディネート。シンプルでありながら、仕事のできる女性に見せてくれます。パイソン柄のバッグが良いアクセントになります。

バッグ6,990円(イェッカ ヴェッカ/イェッカ ヴェッカ 新宿*03-3349-5648)、デニムパンツ4,990円(アー ス ミュージック&エコロジー/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード*03-3349-5676)

CHECK NOW

ブルーを基調に
涼やかな誠実さを

発色のきれいなブルーシャツは、ボリュームのあるホワイト×ブルーのスカートと合わせて、爽やかにコーディネート。スカートの縦ストライプがスッキリとした見た目を作り上げてくれます。 キャメルのバッグとゴールドのコンビ靴をセレクトすることで、きっちり感も保たれます。

スカート23,000円(リナシメント/三欧通商*06-6202-7772)、バングル55,500円(トロールビーズ/トロールビーズジャパン*0120-142-555)、バッグ7,996円(ファビア/オットージャパン*0120-703-816)、シューズ23,000円(ピコリノス/ピコリノス・スピンラボ*03-6721-0671)

CHECK NOW

春風を運ぶ柔らかい色使い

ややカジュアル感のあるブルー×レッドのチェック柄ですが、スクエアシルエットのスカートを合わせれば、オフィス仕様のスタイリングにチェンジします。柔らかな暖色系の色合わせで、暖かい春を予感させる着こなしになります。

スカート5,996円(ファビア/オットージャパン*0120-703-816)、バッグ6,990円、パンプス10,990円(ともにイェッカ ヴェッカ/イェッカ ヴェッカ 新宿*03-3349-5648)

CHECK NOW
七分袖スタンドカラーシャツタイプ

スタンドカラーで
女性らしい可憐さを

ドレッシーなスタンドカラーはガーゼ生地にすることで、程よい柔らかい印象に。お仕事スタイルに違和感なく取り入れるなら、アイテムの数を抑えて、抜き衿調に着こなすのがコツ。キレイ目なホワイトパンツと好相性で、ワンランク上のオフィスカジュアルになります。

デニムパンツ8,900円(ドクターデニム/ザ センス*03-5579-2595)

CHECK NOW

春色コーデをすっきり見せる
スタンドカラーシャツ

エネラルドグリーンのカーディガンにブルーのプリーツスカート、イエローのパンプスと春色をふんだんに使った組み合わせで、ホワイトシャツの爽やかさを引き立たせています。多色使いのコーディネートはスタンドカラーを選ぶことで、すっきりした印象に仕上がるのでおすすめです。

カーディガン10,000円(モアプラス/ピーチ*03-5411-2288)

CHECK NOW
七分袖スキッパーカラーシャツタイプ

爽やかさ全開のブルーの
グラデーション

ブルーのストライプシャツを活かした、ブルーグラデーションで全体をまとめた鉄板コーディネート。春から夏にかけて、涼しさと大人らしさを両立した着こなしになります。スカイブルーのミニバッグと袖のワンロールが、スタイリング全体にこなれ感を演出してくれます。

メガネ33,000円(アヤメ/G.B.ガファス*03-6427-6989)、パンツ2,990円(アース ミュージック&エコロジー/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード*03-3349-5676)、バッグ6,900円(クリード/クリード プレスルーム*03-5720-6707)、パンプス17,000円(ジュールエジュール/アカクラ*03-5464-2758)

CHECK NOW

ビジカジスタイルに
最適な大人ギンガム

ダークトーンのギンガムチェックシャツは、ホワイトのパンツとの相性が抜群。シンプルな組み合わせですが、メガネと2トーンのウィングチップシューズで、トラッドな雰囲気をプラスしてくれます。春夏のオフィスシーンにぴったりなメンズライクな着こなしです。

メガネ29,000円円(エイチフュージョン/G.B.ガファス*03-6427-6989)、デニムパンツ8,900円(ドクターデニム/ザ センス*03-5579-2595)

CHECK NOW
七分袖チュニックタイプ

爽やかストライプで
大人マリンを漂わす

単調になりがちな白ベースのスタイリングですが、チュニックシャツでストライプの面積を増やせば、コーディネートに深みが出せます。さらに、ワンポイントでボリュームのあるゴールドのブレスを入れると全体がこなれた印象に。街中でもマリンテイスト溢れる着こなしの完成です。

インに着たタンクトップ1,800円(ロバート ピー.ミラー/GIS アブロス*03-6661-9163)、パンプス17,000円(ジュールエジュール/アカクラ*03-5464-2758)

CHECK NOW

甘さを抑えて好バランスに

ボリューミーなチュニックシャツは甘めの雰囲気になりがちですが、足をキレイに見せるスキニージーンズで大人の女性らしさを表現。さらにインナーに濃色のカットソーを加えて、首元を見せることでカジュアルな装いながらも、大人っぽく仕上がります。

インに着たタンクトップ1,800円(ロバート ピー.ミラー/GIS アブロス*03-6661-9163)、バッグ27,000円(フーシ フェルナーレ/スギタニ大阪本社*06-6629-6936)、デニムパンツ2,990円(セブンデイズサンデイ/セブンデイズサンデイ マークイズみなとみらい*045-319-6977)、パンプス10,990円(イェッカ ヴェッカ/イェッカ ヴェッカ 新宿*03-3349-5648)

CHECK NOW
長袖ロングシャツタイプ

着こなしの幅が広がる
ロングシャツを有効活用

ロングシャツをカーディガン風に羽織る着こなしは、この春に挑戦したいスタイル。前立てボタンを留めてプレーンに、開けてラフにと、着こなし方も自在です。ブラックジーンズで引きしめて、差し色としてレッドパンプスをセレクトすれば、オフィスから街着まで幅広く対応してくれます。

インに着たタンクトップ1,800円(ロバート ピー.ミラー/GIS アブロス*03-6661-9163)、デニムパンツ10,900円(ドクターデニム/ザ センス*03-5579-2595

CHECK NOW

カジュアルな気分の
オフィスワークの日には

キレイめなストライプのロングガーゼシャツをオフィスで着用するなら、色落ち加工を施したスキニージーンズで品良く カジュアルダウンがおすすめ。足元は黒のパンプスで引き締めることで、オンスタイルとしても活躍します。

デニムパンツ8,900円(ドクターデニム/ザ センス*03-5579-2595)

CHECK NOW