着付け手順から見る 着付け小物

着付け手順から見る 着付け小物

前日までにしておくこと

●長襦袢に半衿をつけておく 長襦袢の衿部分に半衿を縫いつけておきましょう。
最近では半衿用の両面テープなどで簡単につけられますよ。

●しつけ糸を取っておく 初めておろす着物にはしつけ糸が付いている場合があるので、事前に取っておきましょう。
しかし、「飾りしつけ」という取ってはいけないしつけ糸もあります。
飾りしつけは細かく均等に縫われているので、こちらのしつけ糸は取らないように注意が必要です。

使用する着付け小物

和装インナーを着る

●ブラジャーなどを外し、和装インナー・足袋を着る 着てきたブラジャーやキャミソールを脱ぎ、和装スリップや肌襦袢などの和装インナーを着ます。和装ブラジャーやスポーツブラがある人は着用しましょう。
この時に足袋も履いてしまいます。
和装インナーの上から、必要であれば補正を行います。
着物は体のラインが見えない方が美しく着られるので、タオルなどを使って体の凹凸を無くしていきます。その時に腰ひもを使われることもあるので、多めに持っていくと安心です。

長襦袢を着る

●長襦袢に衿芯を入れる 長襦袢の半衿の部分に衿芯を差し込みます。
これを入れることで、衿がきれいに仕上がります。

●長襦袢を着る 長襦袢を着ていきます。
長襦袢の合わせを整えて腰ひもで結んだ上から、伊達締めを結びます。

使用する着付け小物

着物を着る

●着物を着る コーリンベルトを使いながら着物の合わせを整えていきます。腰ひもでもできますが、コーリンベルトならお腹部分にベルトが回らないので、苦しく感じにくいのでおすすめです。
腰ひもを使って「おはしょり」を作って、最後に伊達締めを結びます。

使用する着付け小物

帯を結ぶ

●前板をつける 伊達締めの上から前板をつけます。
これをつけることで、帯の前側のヨレやシワができにくくなり、きれいに帯を結べます。

●帯揚げを帯まくらに巻く 帯を結ぶ前に、帯揚げを帯まくらに巻いておきます。
ゴムなどで帯まくらと帯揚げを止めておけば、ずれる心配もありません。

●帯を結ぶ 帯を結んでいきます。
最後に帯締めと帯揚げを使って帯をしっかりと固定します。

使用する着付け小物

完成!