と言っても過言ではないのでしょうか?


ワインを飲まない人でも、このボトルのデザインを見たら、『あー、知ってる!』と仰ると思います。

もちろん、そのブランド力は、絶大で、プレゼントに使われるお客様も多いです。

そんな、絶大な人気を誇る『モエ・エ・シャンドン』は、1743年創立という、名実共に『シャンパンの代名詞』的存在。

なんと、初めてフランス国外に輸出されたシャンパンは、モエ・エ・シャンドンだったとか!


そして、あのルイヴィトンと同じグループに属し、ファッション業界や映画業界でも、セレヴが楽しむシャンパンとして、度々登場するほどの人気です。


モエ・エ・シャンドンのフラッグシップ。3種類の葡萄が調和した、バランスのとれたエレガントな味わい。

ピノ・ノワール(30〜40%)
ピノ・ムニエ(30〜40%)
シャルドネ(20〜30%)

魅惑の世界へと誘う、鮮やかな輝きを放つ魅力的なシャンパン。

ピノ・ノワール(50〜60%)
ピノ・ムニエ(20〜30%)
シャルドネ(10〜20%)

最も大胆かつ意外性のあるシャンパン。

ピノ・ノワール(40〜50%)
ピノ・ムニエ(30〜40%)
シャルドネ(10〜20%)
 
 

シャルドネ(36%)
ピノ・ノワール(50%)
ムニエ(14%)

ピノ・ノワール59%
(うち19%が赤ワイン)
シャルドネ30%
ムニエ11%