LANGE RSシリーズ

LANGE RSシリーズ
ラングの基本、それは『フィッティング』と『パフォーマンス』の両立

LANGE RSシリーズ

ラングの新たな成型方法で「ブーツの常識」を覆す

今までのブーツはインジェクションにより異なる素材を圧着して作成していた。 この為、素材の均一感が失われ、パワー伝達力にロスが生じていた。 そこでラングブーツは、ハードな素材・ソフトな素材の異なる材質を五か所から同時に注入しサンドイッチ構造を生み出した。
これにより、パワー電伝達力の増幅と15%の軽量化に成功した。
リバウンド力が得られ、しなやか且つアグレッシブな動きが可能に。

LANGE RSシリーズ

より良い滑りを引き出す設計

昨年モデルから採用のブーツ型は、トゥボックスの形状を広く長く変更する事で、つま先のパワー伝達力をさらに強化。
ターン前半のコントロール性能も向上し、思い通りの滑りを表現できる。

LANGE RSシリーズ

パワー伝達とフィット感を両立

ラングの3Dインナーの特徴は、インナー内側はくるぶしの形状に、外側はシェルの形状に合わせた設計。
隙間なくラッピングされた足元は、無駄の無い最高のフィット感を得ることができる。
パワー伝達性にも優れている為、履き心地抜群で力強い滑りを楽しめる。

LANGE RSシリーズ