アメリカのワインはボルドーの模倣からスタートしました。
70年代から80年代にかけてはボルドーを越えるような魅力を持ったワインが数多くありましたが、その後はアメリカらしい姿を求め変化してきました。
潤沢な資金によって醸造技術を進化させ、イスラエルと供に世界最先端の醸造技術を誇ります。近年ではピノブームを迎え、最近では自然派のワインも数多く台頭してきています。
アメリカワインはアメリカらしいある意味単純でわかりやすいスタイルのワインが多く大柄な特徴もあります。気候的な面もありますが国民性がそのまま味わいに特徴として繁栄されているとも言えます。アメリカの食を見ればその特徴も把握しやすいでしょう。
そんな中、ブルゴーニュなどに移住するアメリカ人もいるのを見ても分かるようにフランス指向の生産者もいてニコラ・ジェイのようにメオ・カミュゼとのコラボによってフランス張りの複雑さを目指す生産者も現れています。
 
アメリカワインはワインメーカーが各造り手を移動することが多いためにブランドだけでワイナリーを計ることは危険です。
常に造り手のワインをチェックしなければあるとき急にワインが変わっていると言うことが良くあります。
 
東京都世田谷区梅丘2-16-2  TEL & FAX :  03-3428-3804
営業時間 10:00-18:00 (日祝定休) 休業日を確認
iNSOLITE Corp
20歳未満の方には酒類の販売はいたしません。