Weingut Enderle & Moll Weingut Enderle & Mollドイツにおいてこれほど見事なピノ・ノワールが作られているとは驚きを隠せない。ブルゴーニュ・ボーヌの古典的で良質なイメージそのままのワインで地味な雰囲気の中に見事な風味が隠されている。不自然さは全くなくブラインドで飲んでもブルゴーニュと言ってしまいそうなワイン。 Weingut Enderle & Moll Weingut Enderle & Mollドイツにおいてこれほど見事なピノ・ノワールが作られているとは驚きを隠せない。ブルゴーニュ・ボーヌの古典的で良質なイメージそのままのワインで地味な雰囲気の中に見事な風味が隠されている。不自然さは全くなくブラインドで飲んでもブルゴーニュと言ってしまいそうなワイン。 Weingut Enderle & Moll Weingut Enderle & Mollドイツにおいてこれほど見事なピノ・ノワールが作られているとは驚きを隠せない。ブルゴーニュ・ボーヌの古典的で良質なイメージそのままのワインで地味な雰囲気の中に見事な風味が隠されている。不自然さは全くなくブラインドで飲んでもブルゴーニュと言ってしまいそうなワイン。 Weingut Enderle & Moll Weingut Enderle & Mollドイツにおいてこれほど見事なピノ・ノワールが作られているとは驚きを隠せない。ブルゴーニュ・ボーヌの古典的で良質なイメージそのままのワインで地味な雰囲気の中に見事な風味が隠されている。不自然さは全くなくブラインドで飲んでもブルゴーニュと言ってしまいそうなワイン。 Weingut Enderle & Moll Weingut Enderle & Mollドイツにおいてこれほど見事なピノ・ノワールが作られているとは驚きを隠せない。ブルゴーニュ・ボーヌの古典的で良質なイメージそのままのワインで地味な雰囲気の中に見事な風味が隠されている。不自然さは全くなくブラインドで飲んでもブルゴーニュと言ってしまいそうなワイン。
  ドイツにおいてこれほど見事なピノ・ノワールが作られているとは驚きを隠せない。ブルゴーニュ・ボーヌの古典的で良質なイメージそのままのワインで地味な雰囲気の中に見事な風味が隠されている。不自然さは全くなくブラインドで飲んでもブルゴーニュと言ってしまいそうなワイン。
Pinot Noir Basis 2017

Sold Out

Muller-Thurgau - Muller 2019
ミュラー=トゥルガウ・ミュラー 2019
品種:ミュラー・トゥルガウ
植樹:1980年頃
位置:南向き、南西向き
土壌:石灰岩、頁岩
800リットルのプラスティック容器で2~5日間マセレーション。
ステンレスタンクで9から10ヶ月間熟成。
このキュヴェはモーゼルのStefan Steinmetz(ステファン・スタインメッツ)のミュラーとEnderle&Mollのミュラーをブレンドしている。
Weißburgunder "Muschelkalk" 2019
ヴァイスブルグンダー・ムシェルカルク 2019
品種:ミュラー・トゥルガウ
植樹:1980年頃
位置:南向き
土壌:石灰岩
800リットルのプラスティック容器で10日間マセレーション。(その後セラミック容器で30~40%の果皮とともに4~6ヵ月間マセレーション)
ステンレスタンクで10ヶ月間熟成。
Muller-Thurgau "Pur" 2019
ミュラー= トゥルガウ ・ピュール 2019
品種:ミュラー・トゥルガウ
植樹:1980年頃
位置:南向き
土壌:石灰岩
800リットルのプラスティック容器で10日間マセレーション。(その後セラミック容器で30~40%の果皮とともに4~6ヵ月間マセレーション)
ステンレスタンクで10ヶ月間熟成。

Pinot Noir - 'Liaison' 2017

Sold Out

Spatburgunder  Rose 2019
シュペートブルグンダー・ロゼ 2019
【畑名】Munchweier Kirchhalden (ムンホヴァイアー キルヒハルデン)、 Münchweier Frostberg (ムンホヴァイアー フロストベルク)
植樹:1970~1985年頃
位置:南西向き
土壌:雑色砂岩土壌、貝殻石灰質土壌
800リットルのプラスティック容器で12~14日間マセレーション。バリックで10ヶ月間熟成。
ロゼワインはワイン名称にSpatburgunderを用いている。理由はPinot Noir Roseはなんとなくゴロが悪いから。赤ワインにPinot Noirの名称を用いているのは、ブルゴーニュのワイン造りをめざしているため。
Weißburgunder "Muschelkalk" 2018
ヴァイスブルグンダー・ムシェルカルク 2018
品種:ミュラー・トゥルガウ
植樹:1980年頃
位置:南向き
土壌:石灰岩
800リットルのプラスティック容器で10日間マセレーション。(その後セラミック容器で30~40%の果皮とともに4~6ヵ月間マセレーション)
ステンレスタンクで10ヶ月間熟成。
Pinot a Trois 2017

Sold Out

Muller-Thurgau "Pur" 2018
ミュラー= トゥルガウ ・ピュール 2018
品種:ミュラー・トゥルガウ
植樹:1980年頃
位置:南向き
土壌:石灰岩
800リットルのプラスティック容器で10日間マセレーション。(その後セラミック容器で30~40%の果皮とともに4~6ヵ月間マセレーション)
ステンレスタンクで10ヶ月間熟成。

Pinot Noir Basis 2017

Sold Out

Pinot Noir Basis 2018
ピノ・ノワール バーズィス [2018]
品種:ピノ・ノワール
植樹:1990年代
位置:南西向き
土壌:雑色砂岩土壌、貝殻石灰質土壌
プラスティック容器でマセレーション3週間。
バリックで10~12ヵ月熟成
Pinot Noir - 'Buntsandstein' 2018
ピノ・ノワール・ブントザントシュタイン [2018]
【畑名】Munchweier Kirchhalden (ムンホヴァイアー キルヒハルデン)
【畑】
 土壌 : 雑色砂岩土壌
畑の標高 : 海抜150メートル
畑の向き : 南向き
栽培面積 : 0.25 ha
仕立て方法 : ギュイヨ、コルドン
品種(パーセンテージ) : ピノ・ノワール100%
平均樹齢 : 35 - 50年
植樹密度 (本数/h) : 7,500本/ha
収穫量 : 25-40 hl/ha
【醸造】
選果の場所 : 畑及び醸造所内
マセレーションの有無 : 有
マセレーション期間 : 28日
酵母の添加有無 : なし
醗酵容器 : プラスティック容器
アルコール醗酵期間(日数) : 20 – 25日 
醗酵温度コントロールの有無 : 有
熟成容器 : 古樽
熟成期間 : 12 – 15ヵ月
清澄 : なし
濾過 : あり(軽く濾過) 
このキュヴェの年間生産ボトル本数 : 750本
【ワインまたは畑の名前の由来】
ワイン名である『ブントザントシュタイン』は、ドイツ語で雑色の砂岩、の意味。
Pinot a Trois 2017

Sold Out

Pinot a Trois 2017
ピノ・ア・トロワ [2017]
<畑名Munchweier Kirchhalde ムンホヴァイアーキルヒハルデ>
土壌:砂質土壌
畑の標高:200メートル
畑の向き:南向き
栽培面積:0.25ha
仕立て方法:ギュイヨとコルドン・ロワイヤ
品種:ピノ・ノワール100%
平均樹齢:50年
植樹密度:5000~6000本/ha
収量:40 hl/ha
<畑名 Munchweier Frostberg ムンホヴァイアーフロストベルク>
土壌:石灰質土壌
畑の標高:230m
畑の向き:南西向き
栽培面積 :0.25ha
仕立て方法:ギュイヨとコルドン・ロワイヤ
品種:ピノ・ノワール
平均樹齢:50年
植樹密度:5000~6000本/ha
収量:30-40hl/h
<畑名 Etenheimweilerエテンハイムヴァイラー>
土壌:雑色砂岩土壌、貝殻石灰質土壌、
畑の標高:
畑の向き:南西向き
栽培面積 :2ha
仕立て方法: ギュイヨとコルドン・ロワイヤ
品種:ピノ・ノワール
平均樹齢:20~30年
収量:80-100hl/ha
【醸造】
選果の場所:畑及び醸造所内
マセレーション:あり
マセレーション期間:5~6週間
酵母の添加:なし
アルコール醗酵期間:5~6週間
醗酵温度コントロール:なし
熟成容器:バリック
熟成期間:12~14ヵ月
清澄なし
濾過:なし
このキュヴェの年間生産ボトル本数:300本
【このVTのコメント】
とても力強く複雑。深く、ダークな印象。多くのハーブ、スパイシーなノート、カシス、カカオ、チェリーを感じる。熟成に長い時間を要する。
【ワインまたは畑の名前の由来】
このワインは我々の最も良い3つの畑の、最も古い樹からとれる最もよいブドウから造られる。

Pinot Noir - 'Liaison' 2018
ピノ・ノワール リエゾン [2018]
【畑名】Munchweier Kirchhalden (ムンホヴァイアー キルヒハルデン)、 Münchweier Frostberg (ムンホヴァイアー フロストベルク)
【畑1】Munchweier Kirchhalden (ムンホヴァイアー キルヒハルデン)
土壌 : 雑色砂岩土壌
畑の標高 : 海抜150メートル
畑の向き : 南向き
栽培面積 : 0.25 ha
仕立て方法 : ギュイヨ、コルドン
品種(パーセンテージ) : ピノ・ノワール100%
平均樹齢 : 35 - 50年
植樹密度 (本数/h) : 7,500本/ha
収穫量 : 25-40 hl/ha
【畑2】Münchweier Frostberg (ムンホヴァイアー フロストベルク)
土壌 : 石灰岩土壌
 畑の標高 : 海抜150メートル
畑の向き : 南西向き
栽培面積 : 0.3ha
仕立て方法 : ギュイヨ、コルドン
品種(パーセンテージ) : ピノ・ノワール100%
平均樹齢 : 40 - 60年
植樹密度 (本数/h) : 6,500本/ha
収穫量 : 25-40 hl/ha
【醸造】
選果の場所 : 畑及び醸造所内
マセレーションの有無 : あり
マセレーション期間 : 28日
酵母の添加有無 : なし
醗酵容器: : プラスティック容器
アルコール醗酵期間(日数) : 20 – 25日
醗酵温度コントロールの有無 : 有
熟成容器 : 古樽
熟成期間 : 12か月
清澄 : なし
濾過 : あり(軽く濾過) 
このキュヴェの年間生産ボトル本数 : 4200本
【ワインまたは畑の名前の由来】
ワイン名である『リエゾン』は、フランス語で『結合』を意味する。(リエゾンは二つの異なる土壌から収穫したブドウのブレンド)
 Grauburgunder 2017
グラウブルグンダー [2017]
品種:グラウブルグンダー
植樹:1980~1990年頃
位置:南西向き
土壌:石灰質土壌
800リットルのプラスティック容器で10~14日間マセレーション。バリックで10ヶ月間熟成。
Muller-Thurgau "Buntsandstein" 2017

Sold Out

Muller-Thurgau "Buntsandstein" 2017
ミュラー=トゥルガウ・ブントザントシュタイン [2017]
品種:ミュラー・トゥルガウ
土壌:雑色砂岩

Pinot Noir - 'Buntsandstein'   Ida 2018
ピノ・ノワール・ブントザントシュタイン・イーダ 2018
【ピノ・ノワール100%】

Sold Out


Burgunder "Weiß & Grau" 2019
ブルグンダー・ヴァイス・ウント・グラウ 2019
エンデルレ・ウント・モルはドイツにおいてシャルターワインなりーとは異なった意味でドイツ最高のピノと言えます。スタイル的にはブルゴーニュのボーヌにおける良質な古典的ピノのスタイルに近くちょっと乾いたような甘さ控えめで熟成によってその姿を変えるであろうスタイル。世界的にブルゴーニュのピノに憧れそのスタイルを真似する生産者が多い中、ドイツは地の利的にかなり恵まれているようで最近の温暖化も手伝いブルゴーニュに真の意味で肉薄するワインが出来るようである。
品種:ミュラー・トゥルガウ
植樹:1980年頃
位置:南向き
土壌:石灰岩
800リットルのプラスティック容器で10日間マセレーション。(その後セラミック容器で30~40%の果皮とともに4~6ヵ月間マセレーション)
ステンレスタンクで10ヶ月間熟成。

Sold Out

Pinot Noir - 'Muschelkalk' 2018
ピノ・ノワール・ムッシェルカルク 2018
【ピノ・ノワール100%】

Pinot Noir - 'Buntsandstein'   Ida 2018
ピノ・ノワール・ブントザントシュタイン・イーダ 2018
【ピノ・ノワール100%】
 
 

エンデルレ・ウント・モルとは

 
 

オーナー : Sven Enderle スヴェン・エンデルレ・
Florian Mollフロリアン・モル
地域 : Baden バーデン
地区、村 : Münchweier ミュンホヴァイアー村
醸造責任者 : Sven Enderle スヴェン・エンデルレ・
Florian Mollフロリアン・モル
栽培責任者 : Sven Enderle スヴェン・エンデルレ・
 Florian Mollフロリアン・モル
HomePage : http://www.enderle-moll.de/
 

【ドメーヌについて】

ドメーヌ創業年 : 2006年/2007年
歴史 : 2006年にはスヴェンがミュンヒヴァイアー(Münchweier)の上手にある小さな手入れの行き届いたブドウ畑を借りる機会を得、それが今日まで続くエンデルレ・ウント・モル醸造所の出発点となります。そして一年間考えた後に、二人は2007年の始めに冒険に挑むこと、つまり自分達の小さな醸造所を設立することを決意しました。2009年には、2008年の11月末に手作業でビン詰めした初リリースとなる『ピノ・ノワール2007』が発売され、続いてスパークリングのセッコ2008(訳注:ワインに炭酸を添加した手軽な発泡性ワインをドイツでは『セッコ』と呼ぶ)とミュラートゥルガウ2008が続きました。現在畑の総面積は2haほどに増え、今後は6haほどまでに徐々に増やしていく予定です。
本人の略歴 : スヴェン・エンデルレとフロリアン・モルの二人が知り合ったのは、二人が2003年から2005年までカイザーシュトゥールの醸造学校に通っていた時のことでした。スヴェンがオバーロットヴァイルのベルヒャー・シュミット醸造所(Weingut Bercher-Schmidt)で研修している間、フロリアンはベッツィンゲンのヘッフリン醸造所(Weingut Höfflin)で研修をしました(訳注:どちらもカイザーシュトゥールの生産者)。醸造学校を卒業後スヴェンはケンツィンゲン・ボンバッハにあるビオの醸造所Dr.ベンツ(Öko-Weingut Dr. Benz)に就職し、畑での仕事を任されました。一方フロリアンは2005年の秋に南フランスのシャトー・ドゥヴィヴィエ(Chateau Duvivier)で醸造に携わりました。この時期にお互い偶然にビオディナミを用いた葡萄栽培を知りました。
哲学 : 二人が目指すワインは没個性的な、量産型のワインではなく、それぞれの畑とそれぞれの土壌の特性を生かすことで、個性に満ちた『自分達の』ワインを造るということです。例えば赤ワインは、醸造過程で清澄や、フィルター濾過、ポンプの使用を行わず、中古のバリック樽で12~15ヵ月間熟成している間も、澱引きしたり移し替えたりしないことにしています。こうすることでそれぞれの葡萄畑の、異なった気候条件を含む立地条件をできるかぎり直接的にワインの中に表現することを目指しています。醸造所設立以来、我々は色々と実験し多くの経験を重ね、色々な葡萄畑をよりよく知ることができました。それぞれの葡萄畑がそこにある葡萄樹の種類と状態によって、土壌の組成によって、そして斜面の向きや傾斜や風の向きによって、それぞれ全く異なる条件下にあるのだということを学んだし、その違いを念入りな畑仕事でワインに生かして行きたいと考えています。

これには時間、忍耐、注意深さが必要ですが、そうでなければは、少なくとも私達の理解するワイン造りはできないと考えています。私達が考えるに『栽培醸造家』であるということは、葡萄樹に一年間を通じて寄り添い、彼らから学び、その特性を理解し、その土地の気候条件と調和した成長を助け、最終的に一つのワイン、それぞれの畑とテロワールを出来る限り直接的で誤魔化しのない形で表現したワインを造ることなのです。
 

【畑について】

栽培方法 : ビオロジック(認証は取得していない)
その栽培方法の開始時期 : 2007年
その栽培方法を適用している畑 : 全ての畑
栽培方法についての将来的な展望 : ビオロジック・ビオディナミの継続
VTの特徴 :
 
認証機関 : なし、但しできるだけ自然農法による耕作に努めている。
土壌 : 雑色砂岩土壌、及び石灰岩土壌
微気候 : マイナス10℃に達し、夏は20 – 30℃まれに35度に至ることもある。夏は夜間には温度が下がり、
ワインに酸と複雑味を与える。
自社ブドウ畑面積 : 2.1ha
契約ブドウ畑面積 : 1ha
自社ブドウ畑の数 : 15
自社栽培ブドウ品種 : ピノ・ノワール、グラウ・ブルグンダー、ミュラー・トゥルガウ、オーセロワ
主な仕立て方法 : ギュイヨ、コルドン
仕立ての支柱の素材 : 木、金属・コンクリ
仕立ての添え木の素材 : 金属
堆肥 : ロバの糞から自分達で作ったものと、天然原料のビオロジックに基づき作られた既成肥料を併用。(化学肥料、合成肥料は使用していない)
 

【醸造について】

酵母のタイプ : 野生酵母
圧搾方式 : 垂直型プレス
醗酵容器の素材と容量(L) : プラスティック、200から1500L入りの容器。その中で700から1000L入りの容器を主に使用。
熟成容器の素材 : 金属・木・プラスティック
セラー環境 : ワイン畑の真ん中にあり、築15年。3年前から借りている。200平方メートルほどの広さ、4メートルほどの高さ。中央の広いスペースで収穫後のブドウの作業を行う。
年間生産ボトル本数 : 12,000 - 15,000本

 

Wine Shop WINEHOLIC