Bloweingut Lorenz Bloweingut Lorenz1725年から代々続く醸造所。2006年にガイゼンハイム大学で栽培醸造を学んだヨハネス・ローレンツが醸造所に戻ってくると同時にビオロジックに転換し、化学合成農薬・合成肥料や除草剤の使用を止め、ビオ農法団体エコヴィンの認証を取得。自前の太陽発電パネルを設置して電力を賄い、冬の剪定作業を行わず、ブドウ樹が自然に到達したバランスで自然に収量を落とし、小粒で香り高いブドウを得ている。醸造所があるラインヘッセン東部のフリーゼンハイムは標高245mのペータースベルクの山の影にある。15haのブドウ畑の土壌はレス土やローム質土壌や石灰質を多く含む泥灰土。品種はリースリング、ミュラー・トゥルガウ、シャルドネ、ヴァイスブルグンダー、ジルヴァーナー、フクセルレーベ、ショイレーベ、カベルネ・ブラン、ドルンフェルダー、カベルネソーヴィニヨンなど。生産の約60%が赤ワイン、95%が辛口。微発泡スパークリング「ヴァッハゲキュスト」(「目覚めのキス」の意味)の他にも「ウアシュライ」(「根源からの叫び」の意味。無剪定栽培で原始的なワイン造りを目指した赤)など、若手醸造家らしいユニークなネーミングのワインがある。 Bloweingut Lorenz Bloweingut Lorenz1725年から代々続く醸造所。2006年にガイゼンハイム大学で栽培醸造を学んだヨハネス・ローレンツが醸造所に戻ってくると同時にビオロジックに転換し、化学合成農薬・合成肥料や除草剤の使用を止め、ビオ農法団体エコヴィンの認証を取得。自前の太陽発電パネルを設置して電力を賄い、冬の剪定作業を行わず、ブドウ樹が自然に到達したバランスで自然に収量を落とし、小粒で香り高いブドウを得ている。醸造所があるラインヘッセン東部のフリーゼンハイムは標高245mのペータースベルクの山の影にある。15haのブドウ畑の土壌はレス土やローム質土壌や石灰質を多く含む泥灰土。品種はリースリング、ミュラー・トゥルガウ、シャルドネ、ヴァイスブルグンダー、ジルヴァーナー、フクセルレーベ、ショイレーベ、カベルネ・ブラン、ドルンフェルダー、カベルネソーヴィニヨンなど。生産の約60%が赤ワイン、95%が辛口。微発泡スパークリング「ヴァッハゲキュスト」(「目覚めのキス」の意味)の他にも「ウアシュライ」(「根源からの叫び」の意味。無剪定栽培で原始的なワイン造りを目指した赤)など、若手醸造家らしいユニークなネーミングのワインがある。 Bloweingut Lorenz Bloweingut Lorenz1725年から代々続く醸造所。2006年にガイゼンハイム大学で栽培醸造を学んだヨハネス・ローレンツが醸造所に戻ってくると同時にビオロジックに転換し、化学合成農薬・合成肥料や除草剤の使用を止め、ビオ農法団体エコヴィンの認証を取得。自前の太陽発電パネルを設置して電力を賄い、冬の剪定作業を行わず、ブドウ樹が自然に到達したバランスで自然に収量を落とし、小粒で香り高いブドウを得ている。醸造所があるラインヘッセン東部のフリーゼンハイムは標高245mのペータースベルクの山の影にある。15haのブドウ畑の土壌はレス土やローム質土壌や石灰質を多く含む泥灰土。品種はリースリング、ミュラー・トゥルガウ、シャルドネ、ヴァイスブルグンダー、ジルヴァーナー、フクセルレーベ、ショイレーベ、カベルネ・ブラン、ドルンフェルダー、カベルネソーヴィニヨンなど。生産の約60%が赤ワイン、95%が辛口。微発泡スパークリング「ヴァッハゲキュスト」(「目覚めのキス」の意味)の他にも「ウアシュライ」(「根源からの叫び」の意味。無剪定栽培で原始的なワイン造りを目指した赤)など、若手醸造家らしいユニークなネーミングのワインがある。 Bloweingut Lorenz Bloweingut Lorenz1725年から代々続く醸造所。2006年にガイゼンハイム大学で栽培醸造を学んだヨハネス・ローレンツが醸造所に戻ってくると同時にビオロジックに転換し、化学合成農薬・合成肥料や除草剤の使用を止め、ビオ農法団体エコヴィンの認証を取得。自前の太陽発電パネルを設置して電力を賄い、冬の剪定作業を行わず、ブドウ樹が自然に到達したバランスで自然に収量を落とし、小粒で香り高いブドウを得ている。醸造所があるラインヘッセン東部のフリーゼンハイムは標高245mのペータースベルクの山の影にある。15haのブドウ畑の土壌はレス土やローム質土壌や石灰質を多く含む泥灰土。品種はリースリング、ミュラー・トゥルガウ、シャルドネ、ヴァイスブルグンダー、ジルヴァーナー、フクセルレーベ、ショイレーベ、カベルネ・ブラン、ドルンフェルダー、カベルネソーヴィニヨンなど。生産の約60%が赤ワイン、95%が辛口。微発泡スパークリング「ヴァッハゲキュスト」(「目覚めのキス」の意味)の他にも「ウアシュライ」(「根源からの叫び」の意味。無剪定栽培で原始的なワイン造りを目指した赤)など、若手醸造家らしいユニークなネーミングのワインがある。 Bloweingut Lorenz Bloweingut Lorenz1725年から代々続く醸造所。2006年にガイゼンハイム大学で栽培醸造を学んだヨハネス・ローレンツが醸造所に戻ってくると同時にビオロジックに転換し、化学合成農薬・合成肥料や除草剤の使用を止め、ビオ農法団体エコヴィンの認証を取得。自前の太陽発電パネルを設置して電力を賄い、冬の剪定作業を行わず、ブドウ樹が自然に到達したバランスで自然に収量を落とし、小粒で香り高いブドウを得ている。醸造所があるラインヘッセン東部のフリーゼンハイムは標高245mのペータースベルクの山の影にある。15haのブドウ畑の土壌はレス土やローム質土壌や石灰質を多く含む泥灰土。品種はリースリング、ミュラー・トゥルガウ、シャルドネ、ヴァイスブルグンダー、ジルヴァーナー、フクセルレーベ、ショイレーベ、カベルネ・ブラン、ドルンフェルダー、カベルネソーヴィニヨンなど。生産の約60%が赤ワイン、95%が辛口。微発泡スパークリング「ヴァッハゲキュスト」(「目覚めのキス」の意味)の他にも「ウアシュライ」(「根源からの叫び」の意味。無剪定栽培で原始的なワイン造りを目指した赤)など、若手醸造家らしいユニークなネーミングのワインがある。
1725年から代々続く醸造所。 2006年にガイゼンハイム大学で栽培醸造を学んだヨハネス・ローレンツが醸造所に戻ってくると同時にビオロジックに転換し、化学合成農薬・合成肥料や除草剤の使用を止め、ビオ農法団体エコヴィンの認証を取得。自前の太陽発電パネルを設置して電力を賄い、冬の剪定作業を行わず、ブドウ樹が自然に到達したバランスで自然に収量を落とし、小粒で香り高いブドウを得ている。醸造所があるラインヘッセン東部のフリーゼンハイムは標高 245mのペータースベルクの山の影にある。 15haのブドウ畑の土壌はレス土やローム質土壌や石灰質を多く含む泥灰土。品種はリースリング、ミュラー・トゥルガウ、シャルドネ、ヴァイスブルグンダー、ジルヴァーナー、フクセルレーベ、ショイレーベ、カベルネ・ブラン、ドルンフェルダー、カベルネソーヴィニヨンなど。生産の約 60%が赤ワイン、 95%が辛口。微発泡スパークリング「ヴァッハゲキュスト」(「目覚めのキス」の意味)の他にも「ウアシュライ」(「根源からの叫び」の意味。無剪定栽培で原始的なワイン造りを目指した赤)など、若手醸造家らしいユニークなネーミングのワインがある。
Riesling 2019
リースリング [2019]
【リースリング100%】
1725年から家族代々続く蔵元でラインヘッセンの中心部に位置しています。温暖な気候と素晴らしい土壌で育つブドウはフルーティーで豊かな香りを持つワインに生まれ変わります。この価格帯で自然派の造りでラシーヌが新たに世に送るリーズナブル系ドイツワイン。非常に分かりやすく単純に美味しい白です。家飲みには最高の白と言えるワイン!
ヴィルヘルム・テル アプフェルティッシュヴァイン [2020]  1000ml
Wilhelm Tell Apfeltischwein 2020 (1000ml)
品種:様々な種類のリンゴ
植樹:不明
土壌:石灰岩土壌
ステンレスタンクで熟成。
地元向けに作ったのではないかと思われるアップルワイン。リサイクルボトル、シンプルでどこかレトロなエチケット。味わいは軽くさっぱり。よく冷やしてどうぞ。
 
 

ロレンツとは

 
 

 オーナー : Wendelin Lorenz ヴェンデリン・ロレンツ() Johannes Lorenz
ヨハネス・ロレンツ()
地域 : Friesenheim フリーゼンハイム
地区、村 : Rheinhessen ラインヘッセン
醸造責任者 : Johannes Lorenz ヨハネス・ロレンツ
栽培責任者 : Wendelin Lorenz ヴェンデリン・ロレンツ
コンサルタント名 : なし
HomePageAlphabet : http://www.bioweingut-lorenz.de/index.php?id=2
 

 【ドメーヌについて】

ドメーヌ創業年 : 1725
 
歴史 : 1725年にロレンツ醸造所が設立されてから、私達の先祖は色々な農作物を育ててきました。ワインは主要産物というよりは副次的な産物でした。しかし20年前に父親であるWendelin ヴェンデリンはワイン作りに専念することにし、ワインの販売を始めました。2006年にはJohannes ヨハネスがガイゼンハイム大学を卒業し、ワイナリーに加わりました。その当時から、ワインの品質向上に努め、ボトルのデザインを変更しました。2009年と2010年にはより理想的な環境でワイン作りができる、新しい醸造所を設立しました。
本人の略歴 : ガイゼンハイム大学でワイン醸造研究を学ぶ。
哲学 : 有機栽培を実践、環境への配慮も考慮し、畑では一切の殺虫剤や除草剤といった化学薬品を使用しません。以下の点に留意しながらワインを造っています。
-畑の中でブドウを選定する
-収穫量を抑える
-ブドウをやさしく破砕し丁寧に醸造する
-発酵に時間をかけ、香り高いワインになるようにコントロールする
-発酵時には大樽とステンレスタンクの両方の利点を活かす
 

【畑について】

栽培方法 : ビオロジック
その栽培方法の開始時期 : 2003年 
その栽培方法を適用している畑名 : 全ての畑
栽培方法の将来的な展望 : 私達は今、従来とは全く違うやり方でのブドウ栽培を試みています。例えば、私達は冬場は剪定をしません。個々のブドウ樹は自由に育ち、自分自身どのくらいの実をつけるべきか、またはどのような質のブドウを実らせるのか、自分で決めます。それはつまり、数百年も前からブドウの樹自身が自然の中で生き抜いてきた本来の姿なのです。それによりブドウの品質は飛躍的に良くなり、小粒のブドウの収穫が可能になります。これは最も簡単で、一番自然な方法なのです。
 
認証機関 : Ecovin 
土壌 : 石灰岩土壌
微気候 : 1平方辺りの年間降水量350L
自社ブドウ畑面積 : 15ha
契約ブドウ畑面積 : 0ha
自社ブドウ畑の数 : 12か所
自社栽培ブドウ品種 : (白品種)Riesling, Pinot Blanc, Chardonnay, Rivaner, Huxelrebe, Scheurebe 
(赤品種)Dornfelder, Cabernet Sauvignon, Regent, St.Laurent.
ブドウ以外の自社農作物 : なし
ブドウ畑以外の自社畑総面積 :  
主な仕立て方法 : 剪定をしない
仕立ての支柱の素材 : 木、金属
仕立ての添え木の素材 : 木
 

【醸造について】

酵母のタイプ : 野生酵母
圧搾方式 : 空気圧式プレス
醗酵容器の素材と容量(L) : ステンレスタンクと木樽を使用、容量は様々
熟成容器の素材 : ステンレスタンクと木樽を使用、容量は様々
セラー環境 : フリーゼンハイムの町の真ん中に位置
年間生産ボトル本数 : 200,000

 

Wine Shop WINEHOLIC