Zurab Topuridze Zurab Topuridze2002年から祖父の愛した地場品種チュハベリを自家用に栽培・醸造していたが、 2010年にトビリシの新酒祭りに出品したところ評判となり、グリア地方東部のダブラツィヘ村の山の中腹に醸造所を設立した。 2011年に瓦屋根の本格的なマラニが完成。大小あわせて 13基の地元グリアで製造されたクヴェヴリで醸造している(容量 500~ 1100ℓ)。畑の土壌は玄武岩の上に堆積した、酸化鉄の混じる赤味を帯びたローム質土壌。約 8haにチュハベリ(樹齢 10~ 20年)、スヒラトゥバニ、ジャニなど約 20種類の地場品種を有機農法で栽培している。カヘティ地方の銘醸地として知られるツィナンダリ村にも約 5haのブドウ畑を所有し、サペラヴィを栽培・醸造している。本業は世界的石油会社の環境保全部の部長で、ワイン造りはズラブの趣味であり情熱でもある。醸造所名のイベリエリ Iberieliはコーカサス地方で数千年前からワイン造りを行っていた古代民族で、ズラブの子供達による命名。愛妻家で家族思いの醸造家だ。 Zurab Topuridze Zurab Topuridze2002年から祖父の愛した地場品種チュハベリを自家用に栽培・醸造していたが、 2010年にトビリシの新酒祭りに出品したところ評判となり、グリア地方東部のダブラツィヘ村の山の中腹に醸造所を設立した。 2011年に瓦屋根の本格的なマラニが完成。大小あわせて 13基の地元グリアで製造されたクヴェヴリで醸造している(容量 500~ 1100ℓ)。畑の土壌は玄武岩の上に堆積した、酸化鉄の混じる赤味を帯びたローム質土壌。約 8haにチュハベリ(樹齢 10~ 20年)、スヒラトゥバニ、ジャニなど約 20種類の地場品種を有機農法で栽培している。カヘティ地方の銘醸地として知られるツィナンダリ村にも約 5haのブドウ畑を所有し、サペラヴィを栽培・醸造している。本業は世界的石油会社の環境保全部の部長で、ワイン造りはズラブの趣味であり情熱でもある。醸造所名のイベリエリ Iberieliはコーカサス地方で数千年前からワイン造りを行っていた古代民族で、ズラブの子供達による命名。愛妻家で家族思いの醸造家だ。 Zurab Topuridze Zurab Topuridze2002年から祖父の愛した地場品種チュハベリを自家用に栽培・醸造していたが、 2010年にトビリシの新酒祭りに出品したところ評判となり、グリア地方東部のダブラツィヘ村の山の中腹に醸造所を設立した。 2011年に瓦屋根の本格的なマラニが完成。大小あわせて 13基の地元グリアで製造されたクヴェヴリで醸造している(容量 500~ 1100ℓ)。畑の土壌は玄武岩の上に堆積した、酸化鉄の混じる赤味を帯びたローム質土壌。約 8haにチュハベリ(樹齢 10~ 20年)、スヒラトゥバニ、ジャニなど約 20種類の地場品種を有機農法で栽培している。カヘティ地方の銘醸地として知られるツィナンダリ村にも約 5haのブドウ畑を所有し、サペラヴィを栽培・醸造している。本業は世界的石油会社の環境保全部の部長で、ワイン造りはズラブの趣味であり情熱でもある。醸造所名のイベリエリ Iberieliはコーカサス地方で数千年前からワイン造りを行っていた古代民族で、ズラブの子供達による命名。愛妻家で家族思いの醸造家だ。
2002年から祖父の愛した地場品種チュハベリを自家用に栽培・醸造していたが、 2010年にトビリシの新酒祭りに出品したところ評判となり、グリア地方東部のダブラツィヘ村の山の中腹に醸造所を設立した。 2011年に瓦屋根の本格的なマラニが完成。大小あわせて 13基の地元グリアで製造されたクヴェヴリで醸造している(容量 5001100ℓ)。畑の土壌は玄武岩の上に堆積した、酸化鉄の混じる赤味を帯びたローム質土壌。約 8haにチュハベリ(樹齢 1020年)、スヒラトゥバニ、ジャニなど約 20種類の地場品種を有機農法で栽培している。カヘティ地方の銘醸地として知られるツィナンダリ村にも約 5haのブドウ畑を所有し、サペラヴィを栽培・醸造している。本業は世界的石油会社の環境保全部の部長で、ワイン造りはズラブの趣味であり情熱でもある。醸造所名のイベリエリ Iberieliはコーカサス地方で数千年前からワイン造りを行っていた古代民族で、ズラブの子供達による命名。愛妻家で家族思いの醸造家だ。

Sold Out

Chkhaveri No maceration 2018
チュハヴェリ・ノー・マセレーション 2018
品種:チュハヴェリ
植樹:2000年~2005年頃
位置:標高300~400m
土壌:粘土と砂壌土、茶色のローム
マセレーションなし
クヴェヴリにて10ヵ月間熟成
2016年VTよりAmberの表記を除外。Amberがマセレーションをしているという意味に誤解される恐れを招くため。
スモーキーな香りは品種由来とされるが、原因は諸説ある。
ジョージア最西の地域の1つで、黒海を望む、小さな山の続く地域。ワインの味わいも、きれいな酸と、塩味が特徴。

Sold Out

Chkhaveri No maceration 2017
チュハヴェリ・ノー・マセレーション 2017
品種:チュハヴェリ
植樹:2000年~2005年頃
位置:標高300~400m
土壌:粘土と砂壌土、茶色のローム
マセレーションなし
クヴェヴリにて10ヵ月間熟成
2016年VTよりAmberの表記を除外。Amberがマセレーションをしているという意味に誤解される恐れを招くため。
スモーキーな香りは品種由来とされるが、原因は諸説ある。
ジョージア最西の地域の1つで、黒海を望む、小さな山の続く地域。ワインの味わいも、きれいな酸と、塩味が特徴。
Golden Blend Tsinandali 2017 (6 month maceration)

Sold Out

Saperavi 2018
サペラヴィ 2018
品種:サペラヴィ
植樹:2000年頃
位置:標高450~500m 南向き
土壌:粘土と砂壌土、茶色の土
25%の割合で、クヴェヴリで2週間マセレーション
クヴェヴリで8カ月間熟成
Saper(ジョージア語で、”染める”の意)の名のとおり、果皮の色素と成分の濃い品種だが、通常の4分の1の量、半月のマセレーションで、通常のサペラヴィとはまた違う、構成の味わいに仕上げた。にもかかわらず、しっかりとした抽出感とストラクチャーがある。
サペラヴィ恐るべし。

Golden Blend Tsinandali 2019 (6 month maceration)
ゴールデン・ブレンド・ツィナンダリ(マセレーション6カ月)[2019]
ゴールデン・ブレンド
品種:ルカツィテリ、ムツヴァネ、ヒフヴィ、キシ各25%
畑:アペレーション・ツィナンダリ
植樹:
位置:標高300~400m
土壌:粘土と砂壌土、茶色の土
ルカッツィテリは破砕した房全部(果汁、果肉、種、果梗、果皮など)をクヴェヴリに投入。その他の品種は圧搾した果汁のみを投入してクヴェヴリを満たした。マセレーション発酵6カ月。その間何度か撹拌して酸素に触れさせ、ある種のセミ・カーボニック・マセレーションを行った。ワインは上澄みをポンプなしで汲み上げ、沈殿物からの搾汁は行っていない。生産量は1100~1300ℓのクヴェヴリ一つだけ。
このワインの4品種はカヘティで最も優れたワイン用品種であることと、これらの品種からは金色のワインが出来ること、そしてこれらの品種を使ったワインであることが伝わる名前を付けたかったので、「ゴールデン・ブレンド」という名前にした。基本的にワインに品種の名前をつけるのは好きではない。チュハヴェリという希少な品種を除いては。(ズラブ・トプリゼ)
Skhilatubani-Ojaleshi 2019 ( 1 week maceration) 2019
スヒラトゥバニ・オジャレシ (マセレーション1週間) 2019
品種:スヒラトゥバニ、オジャレシ
土壌:粘土と砂壌土、茶色のローム
1週間ほどの短いマセレーション。
熟成まですべてクヴェヴリで行う。
 
 

ズラブ・トプリゼとは

 
 

2002年から祖父の愛した地場品種チュハベリを自家用に栽培・醸造していたが、2010年にトビリシの新酒祭りに出品したところ評判となり、グリア地方東部のダブラツィヘ村の山の中腹に醸造所を設立した。2011年に瓦屋根の本格的なマラニが完成。大小あわせて13基の地元グリアで製造されたクヴェヴリで醸造している(容量5001100ℓ)。畑の土壌は玄武岩の上に堆積した、酸化鉄の混じる赤味を帯びたローム質土壌。約8haにチュハベリ(樹齢1020年)、スヒラトゥバニ、ジャニなど約20種類の地場品種を有機農法で栽培している。カヘティ地方の銘醸地として知られるツィナンダリ村にも約5haの葡萄畑を所有し、サペラヴィを栽培・醸造している。本業は世界的石油会社の環境保全部の部長で、ワイン造りはズラブの趣味であり情熱でもある。醸造所名のイベリエリIberieliはコーカサス地方で数千年前からワイン造りを行っていた古代民族で、ズラブの子供達による命名。愛妻家で家族思いの醸造家だ。

 

Wine Shop WINEHOLIC