Piana dei Castelli Piana dei Castelliローマ南部のヴェッレトリの町周辺の海岸線から、中央アペニン山脈の麓の、約80㎞の間の、13の村の畑からワインを造る。一面ワイン畑という景色ではなく、海岸線から山側まで、小さな畑が点在している風景だが、中には古木の、特にチェサネーゼ種の優良な畑が多く残っている。当主のマッテオは若くしてワインを造り始め、ファーストヴィンテッジの2009年から、亜硫酸を始めとする、醸造製品のワインへの添加はない。また、硫黄も銅も全く、畑へと散布せず、煎じ薬のみで、病害への対策をしている。それゆえ例え澱であっても“不純物”が混ざっていることはないのだという。澱引きをすることはなく、ビン詰め後の前年の澱があるタンクに、翌年のワインを継ぎ足して入れ、それに加え、一カ月に一度は必ずバトナージュを行い、澱の風味をワインに存分に溶け込ませる。醸造容器としてはセメントタンクを多用しており、木樽はワイナリー創業時に試して以降、使用していない。ステンレスタンクに入ったワインは香りが閉じてしまうので、瓶詰め前には最低1年間はセメントタンクで寝かせる必要がある、とマッテオは話す。 Piana dei Castelli Piana dei Castelliローマ南部のヴェッレトリの町周辺の海岸線から、中央アペニン山脈の麓の、約80㎞の間の、13の村の畑からワインを造る。一面ワイン畑という景色ではなく、海岸線から山側まで、小さな畑が点在している風景だが、中には古木の、特にチェサネーゼ種の優良な畑が多く残っている。当主のマッテオは若くしてワインを造り始め、ファーストヴィンテッジの2009年から、亜硫酸を始めとする、醸造製品のワインへの添加はない。また、硫黄も銅も全く、畑へと散布せず、煎じ薬のみで、病害への対策をしている。それゆえ例え澱であっても“不純物”が混ざっていることはないのだという。澱引きをすることはなく、ビン詰め後の前年の澱があるタンクに、翌年のワインを継ぎ足して入れ、それに加え、一カ月に一度は必ずバトナージュを行い、澱の風味をワインに存分に溶け込ませる。醸造容器としてはセメントタンクを多用しており、木樽はワイナリー創業時に試して以降、使用していない。ステンレスタンクに入ったワインは香りが閉じてしまうので、瓶詰め前には最低1年間はセメントタンクで寝かせる必要がある、とマッテオは話す。

ローマ南部のヴェッレトリの町周辺の海岸線から、中央アペニン山脈の麓の、約80㎞の間の、13の村の畑からワインを造る。一面ワイン畑という景色ではなく、海岸線から山側まで、小さな畑が点在している風景だが、中には古木の、特にチェサネーゼ種の優良な畑が多く残っている。当主のマッテオは若くしてワインを造り始め、ファーストヴィンテッジの2009年から、亜硫酸を始めとする、醸造製品のワインへの添加はない。また、硫黄も銅も全く、畑へと散布せず、煎じ薬のみで、病害への対策をしている。それゆえ例え澱であっても不純物が混ざっていることはないのだという。澱引きをすることはなく、ビン詰め後の前年の澱があるタンクに、翌年のワインを継ぎ足して入れ、それに加え、一カ月に一度は必ずバトナージュを行い、澱の風味をワインに存分に溶け込ませる。醸造容器としてはセメントタンクを多用しており、木樽はワイナリー創業時に試して以降、使用していない。ステンレスタンクに入ったワインは香りが閉じてしまうので、瓶詰め前には最低1年間はセメントタンクで寝かせる必要がある、とマッテオは話す。

Sold Out

Vino Bianco - Piana 2018
ヴィーノ・ビアンコ ピアナ 2018
品種:マルヴァジーア・プンティナータ100%
位置:標高300m
土壌:火山性土壌
ステンレスタンクで数時間のコールドマセレーション
セメントタンクで1年以上熟成
 マルヴァジーア・プンティナータは、ミュスカのようなアロマと酸の特徴的な品種で、ブドウの皮にプンティ(点)が広がることに由来。別名、マルヴァジーア・デル・ラツィオと呼ばれ、ラツィオ州で広く栽培されてきた。
 畑はワイナリーから北のヴェレットゥリの丘にあり、気候と品種由来のの酸を活かした、ワインを造る。
Marte 2018
マルテ 2018
品種:パッセリーナ100%
位置
土壌:石灰質、砂質粘土、火山性
セメントタンクで醗酵・熟成
メトード・クラッシコ。
海抜600m、南西向き、1950年植樹
ドザージュしていない。
IGT Lazio - Follia Bianco 2016
ラツィオ フォッリア・ビアンコ 2016
品種:ソーヴィニョン・ブラン
土壌:火山性
木製の大樽で熟成。
畑:ヴェッレートリの北部にあるカピタンチェッリという町の畑

Sold Out

Spumante Rose - Metodo Classico - Extra Brut
スプマンテ・ロゼ メトード・クラッシコ エクストラ・ブリュット
品種:チェサネーゼ主体、カベルネ・フラン
セメントタンクで醗酵
瓶詰め後12カ月シュールリーで熟成。デゴルジュマンはせず、置いておけばそのまま塾生は続く。ドザージュもしていないため、味わいはドライ。色合いは薄い。

Sold Out

IGT Lazio - Follia Bianco 1500ml 2012
ラツィオ フォッリア・ビアンコ 1500ml 2012
品種:ソーヴィニョン・ブラン
土壌:火山性
木製の大樽で熟成。
畑:ヴェッレートリの北部にあるカピタンチェッリという町の畑
 
 

ピアーナ・デイ・カステッリとは

 
 

オウナー: Matteo Ceracchi マッテオ・チェラッキ
地域: ラツィオ州、ローマ県
地区、村: Velletriヴェレトゥリ
醸造責任者 : Matteo Ceracchi マッテオ・チェラッキ
栽培責任者:Matteo Ceracchi マッテオ・チェラッキ
コンサルタント名:なし
ホームページ:http://pianadeicastelli.com/index.html (構築中)
 
【ラシーヌとピアーナ・デイ・カステッリとの出会い】
いつものように情報を収集していたところ、非常に興味深い生産者にたどりつき、コンタクトを試みたのは2014年春のことでした。無事アポイントメントをとりつけたものの、訪問してみると、聞いていた話とあまりにも異なる様相に違和感を感じ、思い切って尋ねてみると、実は到着したのはマッテオの親戚が運営している別のワイナリーでした(もちろん、同じチェラッキという名前です)。マッテオは情報をやみくもにオープンにすることを嫌っていたため、ウェブ上にあった電話番号、所在地も正しいものがほとんどなかったのです。その後訪れたレストランのオウナーがたまたまマッテオの知人だったために、連絡を取ってもらい、やっとの想いで到着しました。マッテオのワイナリーには、それはそれは素晴らしい、個性的なワインがいくつも並んでいました。長らく「クオリティワイン不毛の地」と思われていたラツィオに、いきなり現れた巨星。コンクリート槽と大樽を品種別に使い分けたワインは、すでに堂々たる風格をそなえています。ヨーロッパにおいても生産者本人が認めたレストランにしかオンリストされておらず、もちろん日本に輸入されるのも今回が初めてです。徐々に開かれるベールの奥の姿に、ぜひご注目ください。
 
【ドメーヌについて】
ドメーヌ創業年: 1995
ドメーヌ解説
哲学:
クオリティとは常に、日々の生活の中でワインにかかわるすべてのことにおいて、無数の微細な、ときには極めてわずかな違いしかもたないひとつひとつのことに、注意を払い続けた結果生まれるものです。自然と同調して働きながら、わたしたちは常に、なによりも優先して、ワインにかかわるすべて物事が調和することを求めています。ブドウ畑で行われるそれぞれの作業は、自然と生物を尊重するアプローチに従って行われ、それぞれの畑の特質と価値を最大限に引き出せるよう努力しています。
それでいて、私たちの地域は土壌の構成物質に富んでいて、ミクロクリマも多種多様、斜面の向きもバラバラですから、個性極まるテロワールを体現したワインを生み出すために理想的なコンディションです。
私たちの哲学は、日々の活動の中で、ひとつでも多くの要素を理解し、尊重するよう努めることです。それらの要素とは、以下のことです。自然のリズム、サイクル、力強さ。人々とその文化。技術。宇宙。過去と未来。伝統と、モダン。
この精神のもと、私たちはビオロジック農法およびビオディナミ農法を実践し、セラーではなるべく介入しません。自然の働きによって、もっとも洗練されたテクノロジーがあるのですから。

偉大な個性を持ったワインを生み出すためには、健康で成熟したブドウを最上の区画から収穫するだけでは事足りません。それに適した哲学と、全面的な人々のコミットメントが必要なのです。
私たちの最たる目的は、私たちの畑がそれぞれ元来持っている独自性を表現し、高められるワインを生み出すことです。すべての区画がそれぞれの個性と価値を持っているため、それぞれの品種特性にあった環境で栽培が行われています。ブドウ樹が菌類や病害に抵抗するために、元来もっている自然の抵抗力を高められるよう、手助けを行います。当然、この手法を用いてブドウ樹を栽培するのは多くの時間と手作業を必要としますが、その結果生まれるものは、それらの苦労を超える喜びをあたえてくれます。ブドウ畑が自然環境と調和している場合は、その結果生まれるブドウとワインは、ありのままの姿をあらわし、自分たちのテロワール独自の特徴を最大限表現するすべを知っています。
 
【畑について】
栽培方法:ビオロジック農法、ビオディナミ農法
自社栽培ブドウ品種:ソーヴィニョン・ブラン、マルヴァジーア・プンティナータ、ピノ・グリージョ、グレケット、モンテプルチアーノ、チェザネーゼ、サンジョヴェーゼ、メルロ、シラー、カベルネ・ソーヴィニョン、カベルネ・フラン
 
クオリティとは常に、日々の生活の中でワインにかかわるすべてのことにおいて、無数の微細な、ときには極めてわずかな違いしかもたないひとつひとつのことに、注意を払い続けた結果生まれるものです。自然と同調して働きながら、わたしたちは常に、なによりも優先して、ワインにかかわるすべて物事が調和することを求めています。ブドウ畑で行われるそれぞれの作業は、自然と生物を尊重するアプローチに従って行われ、それぞれの畑の特質と価値を最大限に引き出せるよう努力しています。
それでいて、私たちの地域は土壌の構成物質に富んでいて、ミクロクリマも多種多様、斜面の向きもバラバラですから、個性極まるテロワールを体現したワインを生み出すために理想的なコンディションです。
私たちの哲学は、日々の活動の中で、ひとつでも多くの要素を理解し、尊重するよう努めることです。それらの要素とは、以下のことです。自然のリズム、サイクル、力強さ。人々とその文化。技術。宇宙。過去と未来。伝統と、モダン。
この精神のもと、私たちはビオロジック農法およびビオディナミ農法を実践し、セラーではなるべく介入しません。自然の働きによって、もっとも洗練されたテクノロジーがあるのですから。
偉大な個性を持ったワインを生み出すためには、健康で成熟したブドウを最上の区画から収穫するだけでは事足りません。それに適した哲学と、全面的な人々のコミットメントが必要なのです。
私たちの最たる目的は、私たちの畑がそれぞれ元来持っている独自性を表現し、高められるワインを生み出すことです。すべての区画がそれぞれの個性と価値を持っているため、それぞれの品種特性にあった環境で栽培が行われています。ブドウ樹が菌類や病害に抵抗するために、元来もっている自然の抵抗力を高められるよう、手助けを行います。当然、この手法を用いてブドウ樹を栽培するのは多くの時間と手作業を必要としますが、その結果生まれるものは、それらの苦労を超える喜びをあたえてくれます。ブドウ畑が自然環境と調和している場合は、その結果生まれるブドウとワインは、ありのままの姿をあらわし、自分たちのテロワール独自の特徴を最大限表現するすべを知っています。
以前は原産地呼称を取得していたが、2015年からは全て、VdTでリリース。

 

Wine Shop WINEHOLIC