プンセ Punset1987年、バルバレスコで最初にビオロジック認証を得たワイナリー。初の自社瓶詰めは1964年。現在のオーナーであるマリーナ・マルカリーノは、頭脳明晰で、ランゲ地方の女性・栽培醸造責任者の先駆の一人でもある。バルバレスコ以外にも、鮮明でクリスピーな酸を持つランゲ・アルネイス、ふくよかな丸みと明るく伸びやかな果実味が印象的なバルベーラ・ダルバも、長いビオロジックの歴史が育んだ土壌の健全さをしみじみと感じさせる味わい。さらに、エントリー・ラインとなるランゲ・ビアンコDOC ネ?( Ne?)も見逃せない出来映え。シャルドネ80%、アルネイス、コルテーゼなどの土着品種20%で、リンゴと白い花のニュアンスがあり、食中以外にアペリティーヴォにも好適。この“ Ne?”という名前はピエモンテ方言で、肯定的な断定や、その内容を強調する意味を持つ。同ワイナリーはビオロジック・ワインの啓蒙組織である「イタリアン・オーガニック・ワイン・ルート」にも所属する。 プンセ1 Punset1987年、バルバレスコで最初にビオロジック認証を得たワイナリー。初の自社瓶詰めは1964年。現在のオーナーであるマリーナ・マルカリーノは、頭脳明晰で、ランゲ地方の女性・栽培醸造責任者の先駆の一人でもある。バルバレスコ以外にも、鮮明でクリスピーな酸を持つランゲ・アルネイス、ふくよかな丸みと明るく伸びやかな果実味が印象的なバルベーラ・ダルバも、長いビオロジックの歴史が育んだ土壌の健全さをしみじみと感じさせる味わい。さらに、エントリー・ラインとなるランゲ・ビアンコDOC ネ?( Ne?)も見逃せない出来映え。シャルドネ80%、アルネイス、コルテーゼなどの土着品種20%で、リンゴと白い花のニュアンスがあり、食中以外にアペリティーヴォにも好適。この“ Ne?”という名前はピエモンテ方言で、肯定的な断定や、その内容を強調する意味を持つ。同ワイナリーはビオロジック・ワインの啓蒙組織である「イタリアン・オーガニック・ワイン・ルート」にも所属する。
以前はそれほど印象が強くなく扱ったりやめたりを繰り返していたような作り手ですが、
最近新ヴィンテージを飲み今までとは違った質と魅力の上昇を感じこれだったら
是非扱いたいと思った作り手です。急激な上昇を魅せたプンセット注目です!
Langhe Rosso Neh! 2018
ランゲ・ロッソ・ネー 2018
<畑> ※ブドウ品種ごとに異なる畑。San Cristoforoにある。
土壌:泥灰土、石灰質
畑の標高:360-400m
畑の向き:南東向き
品種:ドルチェット78%、バルベーラ15%、ネッビオーロ7%
平均樹齢:7年~55年
<醸造>(共通)
マセレーション期間:ドルチェット7-8日間   
バルベーラ18日間
ネッビオーロ40日間
醗酵容器: セメント
熟成容器:セメント
Piemonte Bianco - Ne'? 2019
ピエモンテ・ビアンコ ネ? 2019
ブドウ品種:シャルドネ80%、アルネイス、ファヴォリータ、コルテーゼといった土着品種20%
醸造:9月の上旬に手作業で収穫されたブドウは、圧搾されるまで最上の状態で保管できるよう、穴をあけられた小箱に入れられます。やわらかい圧搾によって得られたモストは、4℃下で、重力を用いた方法で清澄されます。得られたきれいなマストは、およそ17℃に保たれながら発酵が進みます。マロラクティック発酵はコントロールされ、一部でのみ起こります。ワインの安定の後、短期間休ませてから、ビン詰めと出荷が行われます。
官能的特徴:豊かで果実味に富み、すでに香りには、バナナ、洋ナシ、リンゴなどの果実味に豊かさを添える強い花のニュアンスが感じ取られます。この花のニュアンスが、果実とはちみつの優美さや、ブドウ品種に特有の軽い酸のニュアンスを穏やかに感じさせてくれます。骨格がしっかりとあり、色はどちらかというと濃いです。
提供にあたって:日常消費用のワインとしてつくられたため、冷やしてサービスされれば、どんな場合においても最高のパフォーマンスを発揮します。ワインバーでの提供にもいいでしょうし、アペリティーヴォや、単純に食事とともに楽しんでも最高です。
注目点:「ネ?」とは、世界中に広がったピエモンテ特有の言い回しです。この言葉は、
肯定的に断定する際、その内容を強調するための、日常的に使われるピエモンテの隠語のひとつでした。ヨーロッパの他の言語における同様の言葉は、興味を抱いていることや干渉好きであるというような意味を持つこともあり、あるワインのことを指して言ったりもしました。
このワイナリーのつくる一連のラインナップの入門用ワインとしてつくられたもので、魅力的なイメージを持ち、かつコストパフォーマンスが素晴らしいです。
「ネ?」は、エコセール・イタリアによるビオロジック認証を取得しています。
 
 

プンセとは

 
 

地区/村:ランゲ/ネーヴェ
創業年:1964
畑面積:23ha
年間平均生産量:800000
 
私たちのワイナリーのブドウ畑は、長い年月をかけ少しずつ買い足され、マルカリーノ家によって直接管理されてきたもので、私たちの所有になってから長い年月が経過しています。ワインの醸造をいつから始めたのか、さかのぼって言及するのは難しいですが、醸造自体はマルカリーノ家を支える主要な仕事ではなく、ワイン造りは家族で消費する分を満たす分だけに限られていました。
 
1964年、レンツォ・マルカリーノが市場にはじめてビン詰めしたワインを販売し、正式に会社としてのワイナリーを始めました。現在このワイナリーはマリーナ・マルカリーノの指揮のもとにあり、この州でワイン造り全般的に関わる数少ない女性のうちの一人です。
 

ブドウの樹は、ビオロジックの考え方に基づいて栽培がされています。ワイナリーは、1987年からこの方法に完全に転向し、ワイナリーの生産するワインはすべてエコセール・イタリアによるCEE規定を満たし、ビオロジック認証を受けています。
 
現在のところ、このワイナリーは、バルバレスコの地においてビオロジック認証を受けている唯一のワイナリーです。当然、他のワインもビオロジックの認証を得ています。常に最上の品質のワインを生み出す目的で、選別を経た、いいブドウのみを用いて醸造されています。
 
毎年、プンセのワインはなにかしら、賞をいただいています。特に重要なものの中でも私たちの記憶に残っているのは、1994年にワイン・スペクテイター誌による年間最優秀ワイントップ100” DOCGバルバレスコとして唯一入ったことと、バルバレスコカンポ・クアードロがここ3年連続、IWCワイン・マガジンで銅メダルをいただいていることです。

 

Wine Shop WINEHOLIC