Vale da Capucha Vale da Capuchaセッラディーニャのワインとならんで、ポルトガルワインを取り扱う決め手となったのが、ペドロ・マルケシュの白ワイン。ペドロのワイン造りは、キンメリジャン土壌を活かした、気候にも土壌にも海を強く感じさせるもので、地品種を数多く栽培して特徴的な白ワインを造っている。リスボンの北に位置する、トレス・ヴェドラスの地域に 13haのブドウ畑を所有。 2009年にワイナリーを再興するべく、兄弟でワイン造りを始め、 2015年にビオ認証を取得。田舎で生まれた彼にとってブドウ畑は常に身近にあり、リスボンの農業専門学校に行くことに初めから迷いはなかった、と話す。 2005年に卒業後ヨーロッパや新世界のワイナリーで働きながら、少しずつ家族の畑を植えなおし、 2009年に初めて自身のワインを造った。それ以降は近所のワイナリーで働きながらのワイン造りだったが、 2015年にようやく兼業を脱してフルタイムで働けるようになった。「ブルゴーニュ、ジュラ、アルザス、ロワール、そしてシュタイヤーマルクで造られるような、洗練されたワインが好きだが、白品種のスキンコンタクトといった、昔使われていた技術にも興味はある。けれど、食中酒を造ることをなによりも念頭に置いている」と、ペドロは話す。 Vale da Capucha Vale da Capuchaセッラディーニャのワインとならんで、ポルトガルワインを取り扱う決め手となったのが、ペドロ・マルケシュの白ワイン。ペドロのワイン造りは、キンメリジャン土壌を活かした、気候にも土壌にも海を強く感じさせるもので、地品種を数多く栽培して特徴的な白ワインを造っている。リスボンの北に位置する、トレス・ヴェドラスの地域に 13haのブドウ畑を所有。 2009年にワイナリーを再興するべく、兄弟でワイン造りを始め、 2015年にビオ認証を取得。田舎で生まれた彼にとってブドウ畑は常に身近にあり、リスボンの農業専門学校に行くことに初めから迷いはなかった、と話す。 2005年に卒業後ヨーロッパや新世界のワイナリーで働きながら、少しずつ家族の畑を植えなおし、 2009年に初めて自身のワインを造った。それ以降は近所のワイナリーで働きながらのワイン造りだったが、 2015年にようやく兼業を脱してフルタイムで働けるようになった。「ブルゴーニュ、ジュラ、アルザス、ロワール、そしてシュタイヤーマルクで造られるような、洗練されたワインが好きだが、白品種のスキンコンタクトといった、昔使われていた技術にも興味はある。けれど、食中酒を造ることをなによりも念頭に置いている」と、ペドロは話す。 Vale da Capucha Vale da Capuchaセッラディーニャのワインとならんで、ポルトガルワインを取り扱う決め手となったのが、ペドロ・マルケシュの白ワイン。ペドロのワイン造りは、キンメリジャン土壌を活かした、気候にも土壌にも海を強く感じさせるもので、地品種を数多く栽培して特徴的な白ワインを造っている。リスボンの北に位置する、トレス・ヴェドラスの地域に 13haのブドウ畑を所有。 2009年にワイナリーを再興するべく、兄弟でワイン造りを始め、 2015年にビオ認証を取得。田舎で生まれた彼にとってブドウ畑は常に身近にあり、リスボンの農業専門学校に行くことに初めから迷いはなかった、と話す。 2005年に卒業後ヨーロッパや新世界のワイナリーで働きながら、少しずつ家族の畑を植えなおし、 2009年に初めて自身のワインを造った。それ以降は近所のワイナリーで働きながらのワイン造りだったが、 2015年にようやく兼業を脱してフルタイムで働けるようになった。「ブルゴーニュ、ジュラ、アルザス、ロワール、そしてシュタイヤーマルクで造られるような、洗練されたワインが好きだが、白品種のスキンコンタクトといった、昔使われていた技術にも興味はある。けれど、食中酒を造ることをなによりも念頭に置いている」と、ペドロは話す。 Vale da Capucha Vale da Capuchaセッラディーニャのワインとならんで、ポルトガルワインを取り扱う決め手となったのが、ペドロ・マルケシュの白ワイン。ペドロのワイン造りは、キンメリジャン土壌を活かした、気候にも土壌にも海を強く感じさせるもので、地品種を数多く栽培して特徴的な白ワインを造っている。リスボンの北に位置する、トレス・ヴェドラスの地域に 13haのブドウ畑を所有。 2009年にワイナリーを再興するべく、兄弟でワイン造りを始め、 2015年にビオ認証を取得。田舎で生まれた彼にとってブドウ畑は常に身近にあり、リスボンの農業専門学校に行くことに初めから迷いはなかった、と話す。 2005年に卒業後ヨーロッパや新世界のワイナリーで働きながら、少しずつ家族の畑を植えなおし、 2009年に初めて自身のワインを造った。それ以降は近所のワイナリーで働きながらのワイン造りだったが、 2015年にようやく兼業を脱してフルタイムで働けるようになった。「ブルゴーニュ、ジュラ、アルザス、ロワール、そしてシュタイヤーマルクで造られるような、洗練されたワインが好きだが、白品種のスキンコンタクトといった、昔使われていた技術にも興味はある。けれど、食中酒を造ることをなによりも念頭に置いている」と、ペドロは話す。 Vale da Capucha Vale da Capuchaセッラディーニャのワインとならんで、ポルトガルワインを取り扱う決め手となったのが、ペドロ・マルケシュの白ワイン。ペドロのワイン造りは、キンメリジャン土壌を活かした、気候にも土壌にも海を強く感じさせるもので、地品種を数多く栽培して特徴的な白ワインを造っている。リスボンの北に位置する、トレス・ヴェドラスの地域に 13haのブドウ畑を所有。 2009年にワイナリーを再興するべく、兄弟でワイン造りを始め、 2015年にビオ認証を取得。田舎で生まれた彼にとってブドウ畑は常に身近にあり、リスボンの農業専門学校に行くことに初めから迷いはなかった、と話す。 2005年に卒業後ヨーロッパや新世界のワイナリーで働きながら、少しずつ家族の畑を植えなおし、 2009年に初めて自身のワインを造った。それ以降は近所のワイナリーで働きながらのワイン造りだったが、 2015年にようやく兼業を脱してフルタイムで働けるようになった。「ブルゴーニュ、ジュラ、アルザス、ロワール、そしてシュタイヤーマルクで造られるような、洗練されたワインが好きだが、白品種のスキンコンタクトといった、昔使われていた技術にも興味はある。けれど、食中酒を造ることをなによりも念頭に置いている」と、ペドロは話す。
セッラディーニャのワインとならんで、ポルトガルワインを取り扱う決め手となったのが、ペドロ・マルケシュの白ワイン。ペドロのワイン造りは、キンメリジャン土壌を活かした、気候にも土壌にも海を強く感じさせるもので、地品種を数多く栽培して特徴的な白ワインを造っている。リスボンの北に位置する、トレス・ヴェドラスの地域に 13haのブドウ畑を所有。 2009年にワイナリーを再興するべく、兄弟でワイン造りを始め、 2015年にビオ認証を取得。田舎で生まれた彼にとってブドウ畑は常に身近にあり、リスボンの農業専門学校に行くことに初めから迷いはなかった、と話す。 2005年に卒業後ヨーロッパや新世界のワイナリーで働きながら、少しずつ家族の畑を植えなおし、 2009年に初めて自身のワインを造った。それ以降は近所のワイナリーで働きながらのワイン造りだったが、 2015年にようやく兼業を脱してフルタイムで働けるようになった。「ブルゴーニュ、ジュラ、アルザス、ロワール、そしてシュタイヤーマルクで造られるような、洗練されたワインが好きだが、白品種のスキンコンタクトといった、昔使われていた技術にも興味はある。けれど、食中酒を造ることをなによりも念頭に置いている」と、ペドロは話す。
Fossil Branco 2017
フォッシル ブランコ 2017
品種:フェルナン·ピレス主体、アリント
植樹:2008年
位置:120~200m、南西向き
土壌:キンメリジャン、薄い表土
木製樽とステンレスタンクで醗酵
木製樽とステンレスタンクで10カ月熟成
 旧トレス·ヴェドラス·ブランコ。フォッシルの名の通り、キンメリジャン土壌で化石が良く見つかる土壌のイメージをダイレクトに伝えるため、名前を2017VTから変更。
 スタンダードなヴァレ·ダ·カプーシャの白。しっかりとした収穫量の取りやすいフェルナン·ピレスを主体に複雑性を与えるためにそのほかの品種をブレンド。
 高い酸と厚みのある味わいで、香りにも味わいにも海の影響を強く感じる。
Fossil Tinto 2016
フォッシル ティント 2016
品種:トゥリガ·ナシオナル主体、ティンタ·ロリス、シラー
位置:120~200m
土壌:キンメリジャン、薄い表土
解放桶で醗酵
木樽とステンレスタンクで18カ月熟成
 フードフレンドリーな気軽な赤ワインを模索中だそうだが、抑制的な果実味で、低収量のトゥリガ·ナシオナルのせいか、シリアスな味わいに仕上がっている。じっくり時間をかけて熟成させているので、飲みごたえもある。
Vale da Capucha Arinto 2017
ヴァレ・ダ・カプーシャ・アリント 2017
品種:アリント100%
位置:120~200m
土壌:キンメリジャン、薄い表土
木樽で醗酵
木樽で1年以上熟成
 その高い酸度におかげで、ポルトガルでも広く栽培されている品種で、時にはスパークリングワインにもされることがある。カプーシャではしっかりと果実を成熟させ、フォッシル·ブランコにブレンドしなかった分をさらに長い間熟成させ、複雑性と骨格を与えている。

Vale da Capucha Gouveio 2017
ヴァレ・ダ・カプーシャ・グーヴェイオ 2017
品種:ゴーヴェイオ100%
位置:120~200m
土壌:キンメリジャン、薄い表土
木樽で醗酵
木樽で1年以上熟成
 イベリア半島北西、主にガリシア州で近年クオリティーワインを造ることのできる白品種として、注目されている、ゴーヴェイオ種。スペイン語のゴデッロとの呼ばれ方の方が、有名か。
 フルボディーで複雑性のあるワインができやすいとされ、アリントなどに比べて酸は低い。
Torres Vedras Branco 2016
トーレス・ヴェドラシュ・ブランコ 2016
品種:ゴーヴェイオ100%
位置:120~200m
土壌:キンメリジャン、薄い表土
木樽で醗酵
木樽で1年以上熟成
 イベリア半島北西、主にガリシア州で近年クオリティーワインを造ることのできる白品種として、注目されている、ゴーヴェイオ種。スペイン語のゴデッロとの呼ばれ方の方が、有名か。
 フルボディーで複雑性のあるワインができやすいとされ、アリントなどに比べて酸は低い。
 
 

ヴァレ・ダ・カプーシャとは

 
 

Vale da Capucha 
ヴァレ・ダ・カプーシャ
地域:Lisboa リスボア
オーナー: Manuel & Pedro Marquez
マニュエル&ペドロ・マルケス
地区、村: Torres Vedras トレス・ヴェドラス
造り手:Pedro Marquezペドロ・マルケス
Homepage : valedacapucha.com
 
ワイナリー説明:
ヴァレ・ダ・カプーシャでは1920年代からワイン造りには携わってきましたが、2009年に第5世代であるマヌエルとペドロの兄弟が、新しい理念の元、ワイナリーを再始動させました。リスボンから北に行った、トレス・ヴェドラス地域に13haのブドウ畑を所有しており、主に地域の地品種である、アリントとフェルナン・ピレス、その他にもアルヴァリニョ、グーヴィオ、ビオズィーニョ、アンタン・ヴァスなどの白品種が植えられています。赤品種は、トゥリガ・ナショナルとティンタ・ロリーズ。樹齢80年を超す、カステランの区画があります。50年代60年代は、輸出用の安ワインの需要が多く、国際品種とハイブリッド品種が多く植えられた地域でもありましたが、ペドロたちは当初から地品種でのワイン造りを考えていました。が、ペドロ自身が熱狂的に好きだという、シラーも少しだけ植えてあります。
ペドロはワイナリーを引き継ぐ前から、自分でワイナリーを再興させるからには、ナチュラルワイン以外にはありえないと考えており、2015年からは、全ての所有畑でビオ認証を取得しました。セラーでも手をかけすぎない醸造を心掛けていて、亜硫酸添加は瓶詰時のみです。
田舎で生まれたペドロにとってブドウ畑は常に身近にあり、リスボンの農業専門学校に行くことに初めから迷いはなかったそうで、2005年にブドウ栽培学とワイン醸造学を修めました。その後、リスボン、ドウロ、アレンテージョのワイナリーで働きながら家族のブドウ畑の植え替えなどをすすめ、ワイナリー再出発の準備を進めていきました。

フランス、スペイン、イタリア、ドイツ、アメリカ、ニュージーランドなどの国々でも、ワイナリーを訪問し、時には働かせてもらいながら、2009年、ついにヴァレ・ダ・カプーシャとしてワイン造りをスタートさせます。それ以降も引き続き他のワイナリーで働きながらワイン造りをし、2015年にようやく専業となります。
 海外のワイン生産地域での経験も豊富なペドロは、積極的に試飲会にも参加し、様々な地域のワインのテイスティングの経験があります。その中でもキンメリジャン土壌があり、大西洋の影響を受ける環境にある自分の地域に、強い可能性を感じています。
「ポルトガルは、しばしば地中海の一部だと思われているが、ポルトガルはパッチワーク状に畑がどこにでもある。そしてそのすべてが、固有の気候と土壌性質を持っている。その中でもカプーシャのあるトレス・ヴェドラスの地域という全く知られていない地域は、海岸から8㎞の地域にあり、大西洋の湿った冷たい空気、平地はなく、なだらかな丘が連なっていて、それぞれの畑に個性がある。」
「(ポルトガル人からしたら)中央ヨーロッパ、つまり、ブルゴーニュ、ジュラ、アルザス、ロワール、シュタイヤーマルク、のワインが特に好きで、これらの地域で造られるワインは、どれも洗練されたスタイルのワインが生まれる土地だ。ヴァレ・ダ・カプーシャでは白ワインを多く生産しているが、白ワインは、赤ワインと同じくらい、力強く、後味もながくなれるものだ。例えばジュラの補酒したワインを思い浮かべてほしい。そして更にそこからと長く樽熟成させることで、この複雑さが与えられる。熟成中の、香りが開く前で還元状態の、ポテンシャルを感じさせるワインなんて本当に最高だ。数年熟成させることで、偉大な骨格をもたらす。シュタイヤーマルクのブドウの成熟感と酸のバランスのとれた味わいはどうだ。あのような鉱物感と優雅さを備えたワインが造りたい。」
と話すペドロの目下の目標は、きちんとした醸造環境を整備することだそうですが、白ワイン用の、400L500Lの木製樽(大きければ大きいほど良い!)とステンレスタンク。赤ワイン用のボジョレーでよく使われるコンクリートタンクと、500Lの木製樽と、そしてピエモンテでよく使われる大樽が、ところ狭しと並んでおり、これからセラーの整備とともに更なる品質向上が期待できそうです。

 

Wine Shop WINEHOLIC