Domaine Trapet Domaine Trapet 奥さんの実家のワインは今トラペが作り出している。
挑戦的で先進的な醸造法で作り出されるワインは
すでにアルザスでも大きな存在感を示している。
Domaine Trapet Domaine Trapet 奥さんの実家のワインは今トラペが作り出している。
挑戦的で先進的な醸造法で作り出されるワインは
すでにアルザスでも大きな存在感を示している。
Domaine Trapet Domaine Trapet 奥さんの実家のワインは今トラペが作り出している。
挑戦的で先進的な醸造法で作り出されるワインは
すでにアルザスでも大きな存在感を示している。
Domaine Trapet Domaine Trapet 奥さんの実家のワインは今トラペが作り出している。
挑戦的で先進的な醸造法で作り出されるワインは
すでにアルザスでも大きな存在感を示している。
Domaine Trapet Domaine Trapet 奥さんの実家のワインは今トラペが作り出している。
挑戦的で先進的な醸造法で作り出されるワインは
すでにアルザスでも大きな存在感を示している。
 奥さんの実家のワインは今トラペが作り出している。
挑戦的で先進的な醸造法で作り出されるワインは
すでにアルザスでも大きな存在感を示している。
ブルゴーニュのワインに関してはこちらで
Gewurztraminer Ambre 2020
ゲヴェルツトラミネール・アンブル 2020
 収穫は全て手摘みで行い、畑と醸造所でそれぞれ選別し、醸造所では除梗前の房の状態と除梗後の粒の状態での2度に渡る選別が15人で行われます。除梗率はヴィンテージやアペラシオンによって変わりますが約50%、ステンレスタンクで2~3日間低温浸漬を行い、3~4週間かけてゆっくりアルコール醗酵をさせ、序盤は櫂入れを行って後半は液循環のみに切り替えていきます。空圧式圧搾機でプレスした後にワインは樽へ移され、樫樽で15~18ヵ月熟成されます。新樽率はヴィンテージにもよりますがヴィラージュ物以下は20~30%、1級クラスは40%、特級クラスは50%となっています。
Pinot Gris Ambre 2019
ピノ・グリ・アンブル 2019
【ピノ・グリ100%】
Riesling Macere Ambre Jaune 2019
リースリング マセレ アンブル ジョーヌ 2019
特級区画「Schlossberg(シュロスベルグ)」のリースリングの若木から収穫した葡萄をすぐに圧搾せず、赤ワインの醸造のように果皮ごとステンレスタンクでアルコール醗酵を行います。約3週間の醗酵期間中に液循環と櫂入れを柔らかく行うことでワインに深みを与えています。その後は450ℓの樽で熟成させています。リースリング特有の軽いぺトロール香や紅茶のような香り、きれいな酸味とほろ苦い旨味、果実味はしっかりしていますが甘さは控えめのドライな味わいに仕上がっています。

Riesling Schlossberg Grand Cru 2014
リースリング・シュロスベルグ ・グラン・クリュ[2014]
リースリング種100%。畑は花崗岩と砂質、クォーツ土壌で南向きの日当たりが良い場所に位置します。丘の中腹の斜面で水はけが良く、大雨で土が流れないように草や花が植えてあります。こちらも急勾配なので人力または馬で耕作を行ないます。凝縮した甘味と酸味がバランスよく、とてもオイリーで深みがあり、熟成させると尚良いワインです。
Sonnenglanz Grand Cru Gewurztraminer 2016
ゾンネングランツ・グラン・クリュ・ゲヴェルツトラミネール [2016]
ゲヴェルツトラミネール種100%。ストラスブルグの南にあるコルマールの町の近くにゾンネングランツの区画があります。この区画の標高は約250メートルで粘土石灰質土壌が主です。品種特有のミネラルが素晴らしく、肉厚かつオイリーで甘みの強いワインですが、酸味もしっかりあるので飲み飽きしません。「SONNENGLANZ(ゾンネングランツ)」とは太陽の輝きという意味です。
Riesling Schlossberg Grand Cru 2012

Sold Out

Gewurztraminer Sporen 2014
ゲヴェルツトラミネール・スポーレンツ2014
ゲヴェルツトラミネール種100%。ストラスブルグの南に位置するコルマールの町から北へ10kmほど行ったところにある特級区画「SPOREN(スポーレン)」。泥灰粘土質の土が深い畑なので根が地中深くまで伸びて様々な要素を吸収し、早熟な区画なので糖度が上がりやすく、エキゾチックでフローラルなアロマが豊かな甘味の強いエネルギッシュなワインです。

Sold Out

Riesling Schoenenbourg Grand Cru 2013
リースリング・シュナンブール[2013]
リースリング種100%。畑は南向きの深い粘土質土壌。急勾配でトラクターが入れないので、耕作は馬または手作業で行っています。下記のシュロスべルグより気候が寒いので成熟が遅く、収穫も遅摘み。畑の石がほとんど無いのでとてもリッチな葡萄が出来ます。甘味、オイリーさがシュロスべルグよりも多く、糖度が高いですが、酸もしっかり残っていて上品な甘味が豊かに広がります。また、ブルゴーニュに例えるとシャンベルタンのように熟成に向いたワインでもあります。

Sold Out

Riesling Schlossberg Grand Cru 2014
リースリング・シュロスベルグ ・グラン・クリュ[2014]
リースリング種100%。畑は南向きの深い粘土質土壌。急勾配でトラクターが入れないので、耕作は馬または手作業で行っています。下記のシュロスべルグより気候が寒いので成熟が遅く、収穫も遅摘み。畑の石がほとんど無いのでとてもリッチな葡萄が出来ます。甘味、オイリーさがシュロスべルグよりも多く、糖度が高いですが、酸もしっかり残っていて上品な甘味が豊かに広がります。また、ブルゴーニュに例えるとシャンベルタンのように熟成に向いたワインでもあります。
Sonnenglanz Grand Cru Gewurztraminer 2016
ゾンネングランツ・グラン・クリュ・ゲヴェルツトラミネール [2016]
ゲヴェルツトラミネール種100%。ストラスブルグの南にあるコルマールの町の近くにゾンネングランツの区画があります。この区画の標高は約250メートルで粘土石灰質土壌が主です。品種特有のミネラルが素晴らしく、肉厚かつオイリーで甘みの強いワインですが、酸味もしっかりあるので飲み飽きしません。「SONNENGLANZ(ゾンネングランツ)」とは太陽の輝きという意味です。

Sold Out

Sonnenglanz Grand Cru Gewurztraminer 2015
ゾンネングランツ・グラン・クリュ・ゲヴェルツトラミネール [2015]
ゲヴェルツトラミネール種100%。ストラスブルグの南にあるコルマールの町の近くにゾンネングランツの区画があります。この区画の標高は約250メートルで粘土石灰質土壌が主です。品種特有のミネラルが素晴らしく、肉厚かつオイリーで甘みの強いワインですが、酸味もしっかりあるので飲み飽きしません。「SONNENGLANZ(ゾンネングランツ)」とは太陽の輝きという意味です。

Sold Out

Sonnenglanz Grand Cru Gewurztraminer 2013
ゾンネングランツ・グラン・クリュ・ゲヴェルツトラミネール [2013]
ゲヴェルツトラミネール種100%。ストラスブルグの南にあるコルマールの町の近くにゾンネングランツの区画があります。この区画の標高は約250メートルで粘土石灰質土壌が主です。品種特有のミネラルが素晴らしく、肉厚かつオイリーで甘みの強いワインですが、酸味もしっかりあるので飲み飽きしません。「SONNENGLANZ(ゾンネングランツ)」とは太陽の輝きという意味です。
 
 

ドメーヌ・トラペとは

 
 

ジャン ルイ トラペ氏の妻であるアンドレ トラペ女史がアルザスのワイン生産者の娘だった為、2002年からアルザスでのワイン生産も引き継いでおり、現在約6haの畑を所有しています。ブルゴーニュと同じく、こちらもビオディナミを採用しており、手摘みで収穫、選別して空圧式圧搾機でプレスした後、果汁を冷やして不純物を沈殿させて取り除き、タンクに移してアルコール醗酵を行います。その後、アルザス地方独特の楕円形の樽で10~12ヵ月熟成させます。

 

Wine Shop WINEHOLIC