アラン・マティス Domaine Alain Mathias古典的なシャブリのイメージをそのままに感じさせながらドライで非常に引き締まったボディーの中に旨みが詰まっている。
まさに魚介と楽しむというシャブリのあるべき姿。近年の新しいスタイルのシャブリや古典的なムルソーのようなシャブリとは異なる。
リーズナブル系シャブリの中では圧倒的な存在。
アラン・マティス2 Domaine Alain Mathias古典的なシャブリのイメージをそのままに感じさせながらドライで非常に引き締まったボディーの中に旨みが詰まっている。
まさに魚介と楽しむというシャブリのあるべき姿。近年の新しいスタイルのシャブリや古典的なムルソーのようなシャブリとは異なる。
リーズナブル系シャブリの中では圧倒的な存在。
アラン・マティス Domaine Alain Mathias古典的なシャブリのイメージをそのままに感じさせながらドライで非常に引き締まったボディーの中に旨みが詰まっている。
まさに魚介と楽しむというシャブリのあるべき姿。近年の新しいスタイルのシャブリや古典的なムルソーのようなシャブリとは異なる。
リーズナブル系シャブリの中では圧倒的な存在。
アラン・マティス Domaine Alain Mathias古典的なシャブリのイメージをそのままに感じさせながらドライで非常に引き締まったボディーの中に旨みが詰まっている。
まさに魚介と楽しむというシャブリのあるべき姿。近年の新しいスタイルのシャブリや古典的なムルソーのようなシャブリとは異なる。
リーズナブル系シャブリの中では圧倒的な存在。
アラン・マティス Domaine Alain Mathias古典的なシャブリのイメージをそのままに感じさせながらドライで非常に引き締まったボディーの中に旨みが詰まっている。
まさに魚介と楽しむというシャブリのあるべき姿。近年の新しいスタイルのシャブリや古典的なムルソーのようなシャブリとは異なる。
リーズナブル系シャブリの中では圧倒的な存在。
 古典的なシャブリのイメージをそのままに感じさせながらドライで非常に引き締まったボディーの中に旨みが詰まっている。
まさに魚介と楽しむというシャブリのあるべき姿。近年の新しいスタイルのシャブリや古典的なムルソーのようなシャブリとは異なる。
リーズナブル系シャブリの中では圧倒的な存在。
Chabilis 2017
シャブリ [2017]
ヨンヌ県の南部、シャブリ に非常に近いトネロワ地区のエピヌイユ村で1982年からワイン造りをしている生産者。畑はピノ ノワールを中心に約11haを所有しており、葡萄栽培は化学肥料や農薬を使用しないビオロジック(有機農法)を採用しています。醸造においても葡萄になるべく負担を掛けないようにポンプは使用せず、ピジャージュなども非常に柔らかく行い、コラージュは一切せず瓶詰前に1度だけフィルターに掛けます。熟成には木の香りが付きすぎる新樽は使用せず、旧樽のみを使用。3分の1が樫樽、3分の2はコンクリートタンク熟成になっています。
Chabilis 2017

Sold Out

Epineuil Cote de Grisey 2016
エピヌイユ・コート・ド・グリゼイ2016
ピノ ノワール種100%。葡萄の樹齢は約30年、土壌の性質はシャブリに似ていてジュラ紀初期の泥灰土と石灰質のキンメリジャンが交じり合う土壌は葡萄が根を深くまで張ることが出来、様々な要素を表現できます。起伏に富む地形の斜面に畑があり、南東向きの「Dannots(ダノ)」と「Valnoirs(ヴァルノワール)」という果実旨味を与える2区画、「Froberts(フロベール)」という北西向きで北風が良く吹き、フレッシュさを与える区画をアサンブラージュして醸造しています。フレッシュなイチゴジャムのようなアロマ、果実をかじったようなフルーティさと酸味、土壌由来のミネラル感と繊細なタンニンで飲みやすい仕上がりになっています。
Chabilis 2017

Sold Out

Epineuil Cote de Grisey 2018
エピヌイユ・コート・ド・グリゼイ2018
シャルドネ種100%。葡萄の樹齢は約30年、土壌の性質はシャブリに似ていてジュラ紀初期の泥灰土と石灰質のキンメリジャンが交じり合う土壌は葡萄が根を深くまで張ることが出来、様々な要素を表現できます。起伏に富む地形の斜面に畑があり、南東向きの「Dannots(ダノ)」と「Valnoirs(ヴァルノワール)」という果実旨味を与える2区画、「Froberts(フロベール)」という北西向きで北風が良く吹き、フレッシュさを与える区画をアサンブラージュして醸造しています。
 
 

アラン・マティスとは

 
 

ヨンヌ県の南部、シャブリ に非常に近いトネロワ地区のエピヌイユ村で1982年からワイン造りをしている生産者。畑はピノ ノワールを中心に約11haを所有しており、葡萄栽培は化学肥料や農薬を使用しないEcocert(フランスオーガニック認証機関)が承認するビオロジック農法。醸造においても葡萄になるべく負担を掛けないようにポンプは使用せず、ジュースは重力によってタンクへ移し、24時間掛けて澱引きを行います。ピジャージュ(櫂入れ)なども非常に柔らかく行いながらステンレスタンクで約7日間、20℃でアルコール醗酵を行い、バラエティ豊かなアロマを出させます。熟成には木の香りが付きすぎる新樽は使用せず、旧樽のみを使用。3分の1が樫樽、3分の2はコンクリートタンク熟成になっています。コラージュの有無はヴィンテージによって異なりますが、実施する際はベントナイトにて行い、瓶詰前に1度だけフィルターに掛けます。

 

Wine Shop WINEHOLIC