ドメーヌ・ゴワゾ Domaine Goisotサン・ブリにおいて圧倒的なワインを作るゴワゾ。
ブルゴーニュで大きな存在感を誇る作り手だ!
フランス・ブルゴーニュ地方、ヨンヌ県ではシャブリ村の辛口白ワイン「シャブリA.O.C」があまりに世界的に有名ですが、その南西に位置するサン・ブリ村の『サン・ブリA.O.C』はその品質の高さによって近年日本でも注目度が高まっているアペラシオンです。(2003年アペラシオン認定)シャブリ地区の南西に位置し、ブルゴーニュで唯一ソーヴィニヨン・ブラン主体で造られる白ワインです。土壌はシャブリ同様にキンメリジャンと呼ばれる石灰質・泥灰土壌を特徴としています。ブルゴーニュ北部のサン・ブリにおいて、長い歴史を誇る、名実ともにナンバーワンといわれるドメーヌ・ゴワソ。現在の当主はジャン=ユーグ・ゴワソとジレーヌ夫妻で、彼らの息子ギレムと妻のマリーも運営に携わる、家族経営のドメーヌです。ワイン造りにおける長く地味な作業の全てを驚くほど丁寧に行い、この地においては他の追随を許さない非常に高いクオリティを誇っています。
ドメーヌ・ゴワゾ2 Domaine Goisotサン・ブリにおいて圧倒的なワインを作るゴワゾ。
ブルゴーニュで大きな存在感を誇る作り手だ!
フランス・ブルゴーニュ地方、ヨンヌ県ではシャブリ村の辛口白ワイン「シャブリA.O.C」があまりに世界的に有名ですが、その南西に位置するサン・ブリ村の『サン・ブリA.O.C』はその品質の高さによって近年日本でも注目度が高まっているアペラシオンです。(2003年アペラシオン認定)シャブリ地区の南西に位置し、ブルゴーニュで唯一ソーヴィニヨン・ブラン主体で造られる白ワインです。土壌はシャブリ同様にキンメリジャンと呼ばれる石灰質・泥灰土壌を特徴としています。ブルゴーニュ北部のサン・ブリにおいて、長い歴史を誇る、名実ともにナンバーワンといわれるドメーヌ・ゴワソ。現在の当主はジャン=ユーグ・ゴワソとジレーヌ夫妻で、彼らの息子ギレムと妻のマリーも運営に携わる、家族経営のドメーヌです。ワイン造りにおける長く地味な作業の全てを驚くほど丁寧に行い、この地においては他の追随を許さない非常に高いクオリティを誇っています。
ドメーヌ・ゴワゾ3 Domaine Goisotサン・ブリにおいて圧倒的なワインを作るゴワゾ。
ブルゴーニュで大きな存在感を誇る作り手だ!
フランス・ブルゴーニュ地方、ヨンヌ県ではシャブリ村の辛口白ワイン「シャブリA.O.C」があまりに世界的に有名ですが、その南西に位置するサン・ブリ村の『サン・ブリA.O.C』はその品質の高さによって近年日本でも注目度が高まっているアペラシオンです。(2003年アペラシオン認定)シャブリ地区の南西に位置し、ブルゴーニュで唯一ソーヴィニヨン・ブラン主体で造られる白ワインです。土壌はシャブリ同様にキンメリジャンと呼ばれる石灰質・泥灰土壌を特徴としています。ブルゴーニュ北部のサン・ブリにおいて、長い歴史を誇る、名実ともにナンバーワンといわれるドメーヌ・ゴワソ。現在の当主はジャン=ユーグ・ゴワソとジレーヌ夫妻で、彼らの息子ギレムと妻のマリーも運営に携わる、家族経営のドメーヌです。ワイン造りにおける長く地味な作業の全てを驚くほど丁寧に行い、この地においては他の追随を許さない非常に高いクオリティを誇っています。
 サン・ブリにおいて圧倒的なワインを作るゴワゾ。
ブルゴーニュで大きな存在感を誇る作り手だ!
フランス・ブルゴーニュ地方、ヨンヌ県ではシャブリ村の辛口白ワイン「シャブリA.O.C」があまりに世界的に有名ですが、その南西に位置するサン・ブリ村の『サン・ブリA.O.C』はその品質の高さによって近年日本でも注目度が高まっているアペラシオンです。(2003年アペラシオン認定)シャブリ地区の南西に位置し、ブルゴーニュで唯一ソーヴィニヨン・ブラン主体で造られる白ワインです。土壌はシャブリ同様にキンメリジャンと呼ばれる石灰質・泥灰土壌を特徴としています。ブルゴーニュ北部のサン・ブリにおいて、長い歴史を誇る、名実ともにナンバーワンといわれるドメーヌ・ゴワソ。現在の当主はジャン=ユーグ・ゴワソとジレーヌ夫妻で、彼らの息子ギレムと妻のマリーも運営に携わる、家族経営のドメーヌです。ワイン造りにおける長く地味な作業の全てを驚くほど丁寧に行い、この地においては他の追随を許さない非常に高いクオリティを誇っています。
Goisot
ゴワゾ
Goisot / Saint-Bris Moury 2018
ゴワゾ / サン・ブリ・ムーリー [2018]
【品種】ソーヴィニヨン・ブラン100%  【土壌】キンメリジャン
【醸造】熟成までステンレスタンクを使用し、野生酵母による自然発酵。
【外観】グリーンがかった輝くイエローで、金色のローブを伴います。
【アロマ】完熟した桃などのフルーツや柑橘系のフルーツ、数種類のハーブなどのアロマがグラスから溢れるほど豊かです。
【味わい】繊細で爽やかな酸味と、アロマに含まれていた数々の豊かな果実味、エレガントで芳醇なアカシアのハチミツなどの風味が口中いっぱいに広がり、旨味を伴います。少なくとも5年間は熟成でき、シーフードや白身魚のテリーヌによく合います。シェーブル、コンテ、エメンタール、マンステール、ロックフォールなど様々なチーズと美しいマリアージュを見せるでしょう。アルコール度数:12.7%
Saint-Bris Exogyra Virgula 2017

Sold Out

Goisot / Saint-Bris Exogyra Virgula 2017
ゴワゾ / サン・ブリ・エグゾジラ・ヴァーギュラ [2017]
【品種】ソーヴィニヨン・ブラン100%
【土壌】ポルトランディアン:キンメリジャンと同じくジュラ紀に形成された土壌で、牡蠣の化石を多く含みます
【醸造】野生酵母による自然発酵で、樽発酵、樽熟成。
【外観】黄金に輝くイエローです。
【アロマ】ピンク・グレープフルーツやマンゴーなど熟したフルーツやサンザシを思わせるエキゾチックな香りが魅力的です。
【味わい】「Moury/ムーリー」に比べてミネラルが豊かですが、果実味と酸味とのバランスが素晴らしく、シナモンなどの
     上品なスパイスが鼻に抜けます。少なくとも5年間は熟成でき、シーフードや、子羊のテリーヌによく合います。
     シェーブル、コンテ、エメンタール、マンステール、ロックフォールなど様々なチーズとのマリアージュを楽しめます。
アルコール度数:12.7%
 Tasting Note
 Iranvy Les Mazelots 2016

Sold Out

Goisot / Iranvy Les Mazelots 2016
ゴワゾ / イランシー・レ・マゼロ [2016]
【品種】ピノ・ノワール100%  【畑立地】南~南東向きで傾斜しています  【土壌】化石を多く含む大理石
【醸造】】野生酵母による自然発酵で、樽発酵、樽熟成。
【2016年】白ワインにとっては厳しい年でしたが、イランシーにとっては過去に類を見ない最良の年になりました。
【外観】ガーネット~ルビー色に輝いています。
【アロマ】生き生きとしたフルーツの香りが豊かで、数種類のスパイスや甘草、ロースト香など非常にエレガントで複雑です。
【味わい】きめ細かく上質なタンニンと濃厚な果実味が口中に広がり、スケールの大きさと優雅さを感じさせます。
     ジビエやチーズとともに楽しめます。
アルコール度数:13.0%

Saint-Bris La Ronce 2017
サン・ブリ・ラ・ロンス  2017
【品種】①ソーヴィニョン・ブラン主体
     ②ソーヴィニョン・グリ : ソーヴィニョン・ブランに比べてオイリーな口当たり、丸みがあり、柑橘系果実のニュアンスを伴い、 ワインにエレガンスを与えます。
【土壌】泥灰質と粘土を含むキンメリジャン土壌(石灰質)
【樹齢】17年   【仕立て】ギュイヨ・サンプル   【収量】45hl/ha   【全房使用率】100%
【2017年】一年を通して天候に恵まれ、暑すぎることもなくブドウ栽培に適した気候
【醸造】発酵から熟成までステンレスタンクと木樽を使用。野生酵母による自然発酵を促し、シュールリーにて15カ月間熟成
【瓶詰】2019年3月
【テイスティングノート】非常に完成度が高く、大成功を収めたキュヴェであり恵まれた年だと言えるでしょう。フレッシュかつ複雑なニュアンスはアロマと味わいともに感じられ、高貴さを思わせる酸と果実味、そして絶妙なスパイシーさが緊張感を伴いながら長いフィニッシュまで続き、非常にバランスの良い仕上がりです。少なくとも10年間以上熟成が可能です。
【アルコール度数】12.7%
 
  

ゴワゾとは

 
 

詳細・歴史

歴史を遡ること中世の時代、14世紀の頃からワイン造りが行われてきた歴史ある土地、ブルゴーニュ北部のサン・ブリにおいて、長い歴史を誇る、名実ともにナンバーワンといわれる生産者です。現在の当主はジャン=ユーグ・ゴワソとジレーヌ夫妻で、彼らの息子ギレムと妻のマリーも運営に携わる、家族経営のドメーヌです。
ブルゴーニュにありながらも控え目なAOCのキュヴェを造っていますが、その歴史をしっかりと継承し、ワイン造りにおける長く地味な作業など全てを驚くほど丁寧に行い、この地においては他の追随を許さない非常に高いクオリティを誇っています。
 

【栽培】全てビオディナミを採用  【面積】約30ha  【産地】サン・ブリ、イランシー、シャブリ
【土壌】乳白色で塩分の豊かなキンメリジャン(石灰質)、ポルトランディアン
【樹齢】ほとんどが古樹で長いものは樹齢90年以上に及びます
【栽培品種】ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、アリゴテ、ピノ・ノワール
 

醸造

添加物は極限まで少なく、昔ながらの醸造方法で至ってクラシカルな造りです。
【醸造】野生酵母による自然発酵で、ほとんどが樽発酵、樽熟成。補糖なし。コラージュなし。
【熟成】中世の時代に造られた地下のカーヴでゆっくりと寝かされます。

 

Wine Shop WINEHOLIC