クリストフ・ペロ・ミノ Christophe Perrot Minotクリストフ・ペロ・ミノは素晴らしいセンスの持ち主で熟成することで驚くほどのポテンシャルを感じさせるワインを作り上げる。近年は酒質向上のために個性をあまり感じられない生産者が多いが、彼のワインは衝撃的な感動を覚えるワイン。 クリストフ・ペロ・ミノ1 Christophe Perrot Minotクリストフ・ペロ・ミノは素晴らしいセンスの持ち主で熟成することで驚くほどのポテンシャルを感じさせるワインを作り上げる。近年は酒質向上のために個性をあまり感じられない生産者が多いが、彼のワインは衝撃的な感動を覚えるワイン。 クリストフ・ペロ・ミノ2 Christophe Perrot Minotクリストフ・ペロ・ミノは素晴らしいセンスの持ち主で熟成することで驚くほどのポテンシャルを感じさせるワインを作り上げる。近年は酒質向上のために個性をあまり感じられない生産者が多いが、彼のワインは衝撃的な感動を覚えるワイン。
クリストフ・ペロ・ミノは素晴らしいセンスの持ち主で熟成することで驚くほどのポテンシャルを感じさせるワインを作り上げる。近年は酒質向上のために個性をあまり感じられない生産者が多いが、彼のワインは衝撃的な感動を覚えるワイン。
Chapelle Chambertin VV 2007

Sold Out

Nuits-Saint-Georges Premier Cru la Richemont 2007
ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・ラ・リシュモン 2007
Charmes Chambertin VV 2004

Sold Out

Mazoyeres Chambertin VV 2007
マゾワイエール・シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2007
Charmes Chambertin VV 2004
クリストフ・ペロ・ミノ / シャルム・シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2004
 
  

クリストフ・ペロ・ミノとは

 
 

私が初めてペロ・ミロに出会ったのは、もう10年ほど前です。彼のワインを飲み、これほど凄い作りでが出現したことに愕然としたのですが、その当時から現在まで、残念ながら彼のワインを輸入するインポーターのワインの状態に不満があったために扱うことがありませんでした。
今回初めてヴィノラムがこのワインを輸入しようやく扱えることが出来るようになったことを喜んでいます。
彼は1999年に引退したペルナン・ロサンの畑の多くを買い取り、ドメーヌ・クリストフ・ペロ・ミノとしてドメーヌ・アンリ・ペロ・ミノと分けてリリースしています。
彼のワイン作りは、最新の醸造設備を導入していますが、極力自然に任せた神経質なほど気を使った作りをしています。
かなりの資産家であるためにワイン作りに対する投資は惜しまずしているようで、非常に清潔でお金のかかった醸造設備です。
畑には古木が多く、収穫量もかなり抑えているために見事に凝縮したワインに仕上がっていますが、それでも厚ぼったいわけではなく非常に繊細でエレガントなワイン。
 

ドメーヌ・アンリ・ペロ・ミノ
●グラン・クリュ
 シャルム=シャンベルタン
 マゾイエール=シャンベルタン
●プルミエ・クリュ
 シャンボル=ミュジニー・ラ・コンブ・ドルヴォー
 モレ=サン=ドニ・ラ・リオット
●ヴィラージュ
 モレ=サン=ドニ・アン・ラ・リュー・ド・ヴェルジ
 ジュヴレ=シャンベルタン
 シャンボル=ミュジニー
ドメーヌ・クリストフ・ペロ=ミノ
●グラン・クリュ
 シャンベルタン
 シャンベルタン=クロ=ド=ベーズ
 クロ・ヴージョ
●プルミエ・クリュ
 ジュヴレ=シャンベルタン・ぺリエール
 ジュヴレ=シャンベルタン・プルミエ・クリュ
 シャンボル=ミュジニー・レ・フュエ
 シャンボル=ミュジニー・プルミエ・クリュ
 ヴォーヌ=ロマネ・レ・ボー・モン
 ニュイ=サン=ジョルジュ・ラ・リシュモーヌ
●ヴィラージュ
 ヴォーヌ=ロマネ・シャン・ペルドリ
 ヴォーヌ=ロマネ・オー・ドシュー・ド・ラ・リヴィエール
 ヴォーヌ=ロマネ
 ニュイ=サン=ジョルジュ

 

Wine Shop WINEHOLIC