ブルーノ・デゾネ・ビセイ Bruno Desaunay Bissey フィネスが早い時期から輸入している作り手でマルキ・ダンジェル・ヴィーユやルーミエと親交の厚い生産者だ。
以前は飲み頃の難しいワインだったのだが、最近はマルキ・ダンジェルヴィーユなどの酒質向上と連動し非常に酒質が向上し若くても飲めるような魅力的なワインとなった。
今日本でも非常に人気が上昇している。
ブルーノ・デゾネ・ビセイ1 Bruno Desaunay Bissey フィネスが早い時期から輸入している作り手でマルキ・ダンジェル・ヴィーユやルーミエと親交の厚い生産者だ。
以前は飲み頃の難しいワインだったのだが、最近はマルキ・ダンジェルヴィーユなどの酒質向上と連動し非常に酒質が向上し若くても飲めるような魅力的なワインとなった。
今日本でも非常に人気が上昇している。
ブルーノ・デゾネ・ビセイ2 Bruno Desaunay Bissey フィネスが早い時期から輸入している作り手でマルキ・ダンジェル・ヴィーユやルーミエと親交の厚い生産者だ。
以前は飲み頃の難しいワインだったのだが、最近はマルキ・ダンジェルヴィーユなどの酒質向上と連動し非常に酒質が向上し若くても飲めるような魅力的なワインとなった。
今日本でも非常に人気が上昇している。
ブルーノ・デゾネ・ビセイ3 Bruno Desaunay Bissey フィネスが早い時期から輸入している作り手でマルキ・ダンジェル・ヴィーユやルーミエと親交の厚い生産者だ。
以前は飲み頃の難しいワインだったのだが、最近はマルキ・ダンジェルヴィーユなどの酒質向上と連動し非常に酒質が向上し若くても飲めるような魅力的なワインとなった。
今日本でも非常に人気が上昇している。
  フィネスが早い時期から輸入している作り手でマルキ・ダンジェル・ヴィーユやルーミエと親交の厚い生産者だ。
以前は飲み頃の難しいワインだったのだが、最近はマルキ・ダンジェルヴィーユなどの酒質向上と連動し非常に酒質が向上し若くても飲めるような魅力的なワインとなった。
今日本でも非常に人気が上昇している。
2017年は天候に恵まれ良好な葡萄ができ収穫量も多かった。収穫量を調整しなかった作り手は問題があるが、秀逸な生産者にとっては早熟で享楽的なワインができた年である。
Vosne Romanee VV 2018
ヴォーヌ・ロマネ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2018]
植樹は1966、1982~1986年で、面積は約1haになります。Le Pre de la Foire, Les Beaux Monts Haut Rougeotsの2区画に畑があります。エレガントで凝縮感があり、少々タニックなワインです。

Sold Out

Grands Echezeau VV 2017
グラン・エシェゾー・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2017]
グラン・エシェゾーの区画のクロ・ヴジョ城に一番近い三角形の部分がこのドメーヌの畑です。葡萄の木が植えられたのは1929年で、面積は約34aです。繊細で女性的ながらも凝縮感があり、バランスが取れているワインです。
Echezeau Grand Cru 2017
エシェゾー・グラン・クリュ [2017]
葡萄の木の樹齢は最も古いもので106年になります。面積は約35aで、En Orveaux, Les Treux, Les Champs Traversinsの3区画の葡萄が使われます。繊細で丸みがあり、味わいも非常に複雑で余韻が長く感じられるワインです。

Sold Out

Bourgogne Rouge VV 2018
ブルゴーニュ・ルージュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2018]
葡萄の木の樹齢は古いもので約70年で、面積は約1.5haになります。Les Combe, Rouge Champ, Les hautの3区画に畑があります。果実味と酸のバランスが良く調和しているワインです
Chambolle Musigny Combe d’Orbeaux VV 2017
シャンボール・ミュジニー・コンブ・ドルボー・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2017]
植樹は約65年で、面積は約58aになります。タンニンがとても柔らかく、味わいも繊細で舌触りのなめらかなワインです。

Sold Out

Chambolle Musigny Combe d’Orbeaux VV 2018
シャンボール・ミュジニー・コンブ・ドルボー・ヴィエイユ・ヴィーニュ [2018]
植樹は約65年で、面積は約58aになります。タンニンがとても柔らかく、味わいも繊細で舌触りのなめらかなワインです。
2014年はいかにもブルゴーニュらしいワインが出来た年です。酸も見事で若干軽やかな雰囲気のボディーと見事にマッチし、ブルゴーニュ好きにはたまらない年です。これほど理想的なブルゴーニュが出来た年は近年では珍しいと言えます。

Gevrey Chambertin VV 2014

Gevrey Chambertin VV 2014

Vosne-Romanee Premier Cru Les Beaumonts VV 2014

Vosne-Romanee Premier Cru Les Beaumonts VV 2014

2013年は早熟な年ですが熟成することで深みが出てくる年です。強烈なインパクトや明確な主張はそれほど感じられませんが、今飲める状態であることは非常に貴重な存在です。寝かせるほどに深みが期待出来る年です。

Gevrey Chambertin VV 2013

Gevrey Chambertin VV 2013

Chambolle Musigny Combe d’Orbeaux VV 2013Chambolle Musigny Combe d’Orbeaux VV 2013

Chambolle Musigny Combe d’Orbeaux VV 2013

Vosne Romanee VV 2013

Vosne Romanee VV 2013

Vosne-Romanee Premier Cru Les Beaumonts VV 2013

Vosne-Romanee Premier Cru Les Beaumonts VV 2013

Echezeau Grand Cru 2013

Echezeau Grand Cru 2013

2012年は気候的に非常に厳しく危ぶまれましたが、収穫時の天候が良好で結果驚くほど素晴らしいワインとなりました。果実の魅力が抜群で例外的な素晴らしさがあります。酸も良好で果実とのバランスが抜群です。
一般的な評価は厳しいものもあるでしょうが、この年のワインはグレート・ヴィンテージと肩を並べるといっても良いでしょう。ただ生産量が非常に少なくその分非常に貴重なワインと言えます。

Vosne Romanee VV 2012

Vosne Romanee VV 2012

Chambolle Musigny Combe d’Orbeaux VV 2012

Chambolle Musigny Combe d’Orbeaux VV 2012

Vosne-Romanee Premier Cru Les Beaumonts VV 2012

Vosne-Romanee Premier Cru Les Beaumonts VV 2012

 
 

ブルーノ・デゾネ・ビセイとは

 
 

現当主であるブリューノ デゾネイ氏は、1975年に彼の妻の祖母が所有していたフラジェ エシェゾーの2haの畑で分益小作による開墾から始めました。1994年の義祖父母の引退時に引き継いだ畑と個人で購入した畑を合わせて5つの村に約6haを所有し、実直で真面目な性格のブリューノ氏は伝統的な手法でクラシックなワインを造っています。
 畑の土壌は主に粘土石灰質で、仕立ては片翼式ギュイヨ方式で1株につき、葡萄の房を7~8房に制限しています。樹齢の古い木がとても多く、凝縮した葡萄が収穫されます。また、ブリューノ氏は植物保護の地方局と連携しながら、畑の手入れをリュット レゾネ(減農薬農法)で行っています。
 手摘み収穫後に100%除梗し、アルコール醗酵は合成樹脂タンクで自然酵母によって15~21日間行われます。醗酵温度は最高30℃で温度コントロールにドライアイスを使用、櫂入れと液循環は1日2回行ない、終盤は1日1回に減らしてタンニンや色素の抽出量をコントロールします。その後、空圧式圧搾機で圧搾して樫樽で18ヵ月熟成、新樽率は30~50%で残りは1~20年樽になります。フィルター、コラージュは行わずにロウソクを使ってスーチラージュをしています。

 

Wine Shop WINEHOLIC